ハイセンス 50E6800 50V型 4Kチューナー内蔵液晶テレビの評判についてまとめてみた

テレビ
スポンサーリンク

ハイセンス 50E6800 50V型 4Kチューナー内蔵液晶テレビの評判についてまとめてみた

テレビも年々高性能というか、いろんな機能がついてきていて、今や、テレビ単体での

動き以外も評価のポイントになってきているような気がしますよね。

それから、価格。。。

安くなりましたよねえ。今回ご紹介するハイセンス50E6800は、アマゾンで8万円台。

50インチですからね。一昔前であったら、あり得ない価格ですよね。


スポンサーリンク

ハイセンス 50E6800 50V型の主な性能について

・チューナーについて

新4K衛星放送に対応し、衛星放送の高精細な4K番組を手軽に楽しめます。

NHKが特に積極的に宣伝していますよね。今後、どんどん取扱番組も増えていくのでしょう。

さらに、従来の地デジ、BS、100°CSもそれぞれに3チューナーを搭載。

裏番組の2番組同時録画も可能です。

・NEOエンジン搭載

4K放送のポテンシャルを最大限に発揮するためには、これまでの技術だけでは

追いつけないところがあり、高性能映像エンジン「ネオエンジン」を搭載しています。

4K放送がもつポテンシャルを最大限に高め、「観やすさ」を重視した鮮やかな高画質を追求、

高精細な4K画質をどこまでもリアルに表現することが可能になっています。

・バックライトブートフィルム

バックライトブートフィルムというのは、新しい仕組みです。

これまで、光の量を調節する偏光フィルターによって遮られていた光を

「バックライトブートフィルム」で反射させることによって、

遮られた光を再利用し、輝度を全体的に引き上げます。

高輝度で見やすく、より豊かなコントラストと色彩表現が体感できます。

より良い画像のための取り組みの一端ですね。

・広色域とHDR(ハイダイナミックレンジ)

デジタル技術と色の表現というのは、長い長い歴史がありますが、

ついにここまで来たかの感が強いです。

幅広く広大な色域を再現ディテールに至るまで豊かでリアルな色再現を行い、

デジタルシネマ規格「DCI-P3」のカバー率は90%を達成しています。

HDR(ハイダイナミックレンジ)規格に対応

ハイダイナミックレンジ規格対応(HDR10、HLG対応)で、明暗部の輝度情報を拡大し、より現実の

明るさを実現します。

これは、人間の目の、暗順応とか、明順応といった話と関連のある内容です。

実際に見えている内容は、実は、人間の脳によって補正された見え方になるので、

カメラで本当の画像を表示しようとすると、違和感というか、まるで、写りが悪いかの

ような表現になってしまいます。

こういった不都合を改善するための仕組みと言っていいでしょう。

スポンサーリンク

ハイセンス 50E6800 50V型の口コミについて

価格が安いA6800と迷いましたが、価格差があまりないので新しいコチラの機種を購入しました。
これまで使っていたテレビは10年以上前のものなので、画質や重量などについては比べるまでもないですね。

家電製品は、大半のものに言うことができると思いますが、各メーカーの技術開発って

すごいですよね。それが、10年と言ったら当然の事かもしれませんね。

A6800というのは、一つ前の製品ですね、ちょっと安いタイプと言っていいでしょう。


まあ、こちらの選択肢もあるかもしれませんね。

PS4のCODをメインでプレイしていて、普段は自室で遅延の少ないゲーミングモニターを使用していますが、たまにリビングでプレイすることもありその時はREGZA 26ZP2というテレビを使っていました。

家族も大きいテレビを欲しがったこともあり、PS4 PROも購入したため4Kテレビを買おうと思い選択肢に入りました。

一番重要視したのは遅延ですが、恐らく4KテレビでFPSや格闘ゲームをするならREGZAかこれしかないと思います。

そうなんですよね、昔では考えられなかったことなんですが、

ゲームでの利用に問題がないかというのも、最近のテレビの選択には、大変重要な

ポイントなんですよね。ハイセンス 50E6800であれば、特に問題はなさそうですね。


テレビ
スポンサーリンク
これ良かったオススメです

コメント