お買い物

アルファ化米 尾西食品を利用してできる美味しい料理5点

最近、地震とか台風とか災害多いですよね。そうなると、避難しなくちゃとか

避難所での暮らしはとか、あんまり明るくない話題が多くなりますよね。

停電とか、ガスが使えなくとも食べることのできるアルファ化米、ご存知ですか?

アルファ化米 開発のきっかけ

アルファ米と言ったり、アルファ化米と言ったり、どうやらどちらでもいいみたいなんですが、

実は戦前から開発されていたんだそうです。「旧日本軍から炊かずに食べられるご飯」の

開発依頼があったとか。なるほど、戦地で食べることを想定すると、そんなシーンもあるかなと

思いますね。

いろいろ物議を醸している、被災地での自衛隊の方向けの食事も、せめてこれくらいはお持ちになっても良いのではと思いますが、どんなもんでしょう?

写真の尾西食品さんのアルファ化枚は、その最も古い、いわば元祖と言われる商品なんだそうです。

アルファ化米宇宙に飛び立つ

2005年から宇宙航空研究開発機構(JAXA)の宇宙日本食プロジェクトに参加していて、2007年6月には

アルファ米『白飯』『赤飯』『山菜おこわ』『おにぎり鮭』の4種類が、日本国内では初の宇宙食と

して認証されたそうです。すごいものです、そういえば、袋にチューブでもつければ、いわゆる宇宙

食のイメージに近い感じはしますよね。

さて、前置きが長くなりましたが、アルファ化米でできるお料理の紹介です。

五目ちらしずし(和風)

とっても簡単に本格「五目ちらしずし」をつくることができます。

まず、尾西の五目ごはんを準備します。

そして、五目ごはんに粉末すし酢(小さじ2)、水160ml入れてよくかき混ぜてください。

次に、きちんとチャックをして、60分間(お湯の場合は20分間)待ちましょう。

出来上がった五目チラシを海苔に巻いて、太巻きや手巻き寿司風にアレンジしてみてください。

結構簡単でしょう?

トマトリゾットなんてのも作れます。

次は、尾西の白がゆと、カゴメの野菜たっぷりトマトのソースを準備してください。

尾西食品のサイトでカゴメ製品の紹介がされているのには、ちょっとびっくりしましたが。。。

まず、「野菜たっぷりトマトのスープ」を3分~5分の間、湯煎してください。

次に、「尾西の白がゆ」に湯煎したスープを注ぎ入れてください。

そして、底の方まできちんとかき混ぜてからチャックを閉めて、20分~30分待ちましょう。

最後に、もう一度しっかりかき混ぜてから、粉チーズ、胡椒、パセリといったものをお好みで

振りかけてください。簡単でしょ!

-お買い物

© 2020 これちょっと気になる Powered by AFFINGER5