借金返済

毎月貯金が減っていくのが怖いという困った状況

弁護士事務所の介入によって、借金の返済が一時的にストップして一時的に生活が急に改善します。
その後、弁護士事務所による各債権者との協議が整い、最終的に借金を返済する額が確定します。

一般的には、弁護士事務所の介入によって、返済する金額は結構減るのですが、それでも減らない場合の
生活状況は、結構大変です。

毎月貯金が減っていくのが怖いという困った状況

一般的には、弁護士事務所に相談し、任意整理等の手続きを実施してもらうと、結構借金の返済金額が下がります。

しかし、あいにくあまり下がらないという最悪の事態が発生するので、この辺りは十分に注意する必要があるでしょう。

借金が減らない場合の最大の注意点は、自宅を持っているか、いないかということになります。

自宅というのは、おそらく人生に於いてもっとも高価な買い物になり、銀行から相当の金額の借金をして返済していくものですが。

資産価値が大変高いものになります。

弁護士事務所が入って、自宅の資産価値が高い場合、自宅の資産価値と、最終的な返済金額の低い方の金額を返済していくことになります。

特に、新築の自宅を購入している場合、資産価値が高いので、返済すべき借金の金額の方が少ない事態になる場合があり、

気がつけば、弁護士事務所に相談したのに、借金があまり減らなかったという、最悪なケースになることになります。

最終的な方向性は常に弁護士事務所に正確に確認するのが絶対条件

債務整理の手続きにおいて、弁護士事務所を交える場合、弁護士事務所との契約までは、弁護士事務所に訪問して、直に打ち合わせをして手続きを進めていきます。

しかし、その後は、そうそう年中弁護士事務所を訪問するわけにも行かないので、電話でのやり取りを行うことになってしまいます。

弁護士事務所は、仕事中でもなんでも電話を掛けてきます。そして、難しい内容を電話で説明をされてしまうので、ついつい、実態を正確に理解しないまま、

話が進んでいってしまうといったことになってしまいます。

最終的に、返済金額が確定しそうになった段階で、弁護士事務所から、いくらの返済になりますと連絡があったときには、後の祭りとなります。

弁護士事務所は、大変悪い言い方をすると、弁護士事務所としての手数料が貰えればそれでよく、借金をしてしまった者には、自業自得ぐらいにしか

思っていないような気が、現在はしています。弁護士は必ずしも助けてくれるわけではありません。法律に沿って適正な手続きを実施してくれる、

それだけの存在ですというぐらいの心持ちで、かならず、最終的にどのようになるのかは、都度確認する必要があるでしょう。

-借金返済

© 2020 これちょっと気になる Powered by AFFINGER5