断捨離

クラリネットの捨て方・処分方法ってどうしたらいいの?

長年、愛用してきたクラリネット、住まいの変化とか、周辺環境の変化とかで、処分しなくてはいけなくなる。そんな日が来ないとは限りません。一体クラリネットを処分するには、どういった手段を取ればいいのでしょう?ただ単に捨てるだけではないお得な方法があったりします。

クラリネットの捨て方ってどうしたらいいんだろう?

と、記事の表題を書いていて、残念な気分になってきましたが、

もし、クラリネットを捨てることを検討しているのであれば、ちょっと、踏みとどまってください。

クラリネットに限らず楽器は中古品として買い取ってもらうことができます!

▼詳細はクリックしてください▼

楽器の買い取りというのは、思った以上に簡単にできます。

もし、捨てる気まんまんであっても、ちょっと思いとどまってください。

楽器の買い取り業者さんにちょっと連絡すれば、クラリネットだって、もちろんちゃんと値段がつきますよ。

楽器の買取って面倒なのではないか?

利用したことのないサービスというのは、何かと、面倒なように思えますよね。

楽器の買取もそのうちの一つ何ではないでしょうか。

でも、買取のパターンもいくつもあって、実は電話1本でOKなんです。

買取のいくつかのパターンについてまとめてみました。

出張買取について

買取業者の方が、ご自宅まで訪問の上、楽器を査定します。

基本的には、査定当日にに買取ということになることが多くなっています。

店舗買取について

文字取り、買取業者さんのお店に、自分で出向いて価格交渉を行う、買取方法です。

スタッフの方がいない場合が無いとは言えないので、基本的には、事前に電話をかけた上で、訪問したほうが良いでしょう。

宅配買取について

電話かメールで、お店に連絡をしたあとに、宅配キットが送られてくる方法です。

宅配キットを利用して、きちんと梱包した上で、お店に送る感じです。

いずれの、買取方式も、そんなに手間はかからないのですが、必ず事前にお店に連絡するというのは、忘れないようにしたほうが良さそうですね。

クラリネットの捨て方・処分方法ってどうしたらいいの?についてのまとめ

楽器って、決して安くはないですよね。

処分する際も、粗大ごみだから、回収費用を取られたりなんて話になると、本当に本末転倒じゃないですか。

このページでご紹介した「奏屋」さんは、スタッフ全員が、「遺品整理士」さんなんだそうです。

まるで遺品を整理するかのように、楽器も大切に扱ってもらえるんだろうなあと期待します。

まずは、楽器を捨てる前に、相談してみてはいかがでしょうか?

検索

-断捨離

© 2021 これちょっと気になる Powered by AFFINGER5