電池の液漏れを触ったけど大丈夫?漏れている液体は何?

暮らしの知恵

自宅に長期間保管してある乾電池、たまに見ると、なんだか変な液体が

漏れている場合がありますよね。

あれって、触っても大丈夫なんでしょうか?

そもそも、あの液体は何なんでしょうか?気になるところをまとめました。

スポンサーリンク

電池の液漏れは触っても大丈夫?

ひと口に電池と言ってもいろいろな電池があるわけですが、

代表的な電池である、

マンガン電池の場合。

中に入っている物質は塩化亜鉛もしくは塩化アンモニウムの水溶液になります。

どちらも、強い刺激性や、強い毒性はないということができます。

しかし、亜鉛化合物というのは、一応毒性があります。

間違っても、口に入れるようなことの無いように十分注意してください。

もちろん、皮膚などに付いた場合も、速やかに洗い流すようにしましょう。

アルカリ電池の場合。

アルカリ電池の場合の漏れ出ている液体は、水酸化カリウムの水溶液です。

物質としての毒性は無いものの、皮膚などのタンパク質を強く侵すという意味で

大変に危険です。つまり、触ると危険なんです。

特に、目に入ってしまうと、最悪失明することもあるとメーカーのホームページで

警告されているくらいです。

大人もさることながら、小さなお子さんが手に触れて、間違って目をこすったりしたら

と思うと、ゾッとします。もう少しメーカーの方にも配慮が必要なんではと思いますが。。。

皮膚に付いてしまった水酸化カリウムの水溶液は、直ちに洗い流すようにしましょう。

液体にヌルヌル感があるはずですので、それがなくなるまで、十分に洗い流してください。

どうしても、ヌルヌル感が取れない場合の裏技としては、お酢を掛けて中和させるという

方法も手段としてはありますが、この方法は、十分に洗ったあと、どうしてもヌルヌルが

取れない場合だけにしてください。その後、お酢も洗い流すのを忘れないようにしましょう。)

ちなみに、電池から外に出た、水酸化カリウム水溶液は空気中にある二酸化炭素(いわゆる炭酸ガス)を吸収して、段々と炭酸カリウムに変化していきます。

こうすると、段々とアルカリ性は低減していくので、液漏れ直後よりは少しは安全になってきます。

しかし、この場合も、目に入れたり、皮膚につけるようなことは十分に防いだほうが良いでしょう。

対策としては炭酸カリウムに変化する前と同様の対応が必要と考えて良いでしょう。

粉状となっている場合には、炭酸カリウムに変化していると言って良いでしょう。

アルカリ度は低くなっているとはいえ、粉状になると飛翔して、目に入ってしまうことも

可能性としては考えられますので、十分に注意してください。

乾電池は、基本的には危険なものです。取り扱いには十分注意しましょう。

スポンサーリンク

アルカリ乾電池とマンガン乾電池の中身はどう違うのでしょう?

マンガン電池ってどんな電池?

外側にマイナス極の材料になる亜鉛の缶、内側にプラス極の材料になる二酸化マンガンと電解液の

塩化亜鉛(または塩化アンモニウム)を混ぜたプラス極合剤が入っている乾電池です。

実は、マンガン電池には面白い特徴があって、休み休み使うと、電圧が回復するという、不思議な

特徴を持っています。ですので、少ない電流で、休み休み使う機械、機器に向いているということが

できます。

例えば、時計や懐中電灯、リモコン、携帯ラジオといったものにはマンガン電池が向いていると

言うことができるんです。

アルカリ電池ってどんな電池?

特徴としては、寿命が長いということができます。

マンガン電池とは、逆に、亜鉛が中心部にあって、それを二酸化マンガンが取り巻くような

構造になっています。

この構造ですと、二酸化マンガンと亜鉛をたくさん入れることができるので、結果として

乾電池の寿命が長くなっています。

ですので、パワーがあって、長持ちする電池と言うことができるので、

大きな電流を必要とする機器に向いていると言えます。

例えば、CDプレーヤー、強力ライト、ラジコンといった機種に適していると

言うことができますね。

マンガン電池とアルカリ電池の根本的な違いは?

マンガン乾電池とアルカリ乾電池の根本的な違いは中に入っている電解液の違いだけになります。

マンガン乾電池は塩化アンモニウムが電解液ですが最近は改良型で塩化亜鉛を使ったものが

多くなってきています。 対して、アルカリ乾電池は電解液に水酸化カリウムを使っています。

電解液以外は基本的に同じものです。

液漏れしている場合は、一応、どちらも危険と思って扱ってもらったほうがいいでしょうね。

ちなみに、先程も記載しましたが、

マンガン乾電池は小電流、長期連続使用例えば時計用に向いています。

アルカリ乾電池は中電流、間歇使用に向いていて、カメラ、懐中電灯や電動玩具に使われることが

多くなっています。

とはいえ、最近はこの辺りは色々と改良されてきていて、こういった使用区分は絶対的なもので

なくなってきています。 また電動玩具(ラジコンなど)、電動工具、ノートパソコン、

携帯電話、カメラなどにはより高出力の充電可能のリチウム電池が使われるように

なってきています。

 

コメント