ニュース

ダイヤモンドプリンセス号のはどこへ行った?今後の予定!クルーズ先は?

ついにダイヤモンド・プリンセス号が横浜を離れたようです、どこに向かったのでしょうか。
ともかく、お疲れ様と、お亡くなりになった方のご冥福を祈りたいと思います。

ダイヤモンド・プリンセス号マレーシアに向けて出港

報道各社が報じるところによると、どうやらマレーシアに向けて出向したようです。クルーズについては当面の間、実施しないとの発表が公式サイトで発表されています。

新型コロナウイルスの集団感染が起きた大型クルーズ船ダイヤモンド・プリンセス号が16日午後、停泊していた横浜港を出港したことが分かった。海上保安庁関係者が明らかにした。

船舶の位置情報を公開するサイト「マリントラフィック」によると、マレーシアに向かっている。同船は2月に横浜港に接岸し、一時的な離岸をしながら約3カ月間、横浜港に停泊していた。船内では乗員と乗客計723人の感染が確認され、13人が死亡した。

出典:朝日新聞

ダイヤモンドプリンセス号三菱重工のドッグへ移動

ついにダイヤモンドプリンセス号が、横浜の大黒ふ頭から離岸しました。
一連の消毒作業が完了し、ひとまずは落ち着きを取り戻し、5月からはクルーズを再開する予定とのことです。ところで一体どこに行ったのでしょう調べてみました。

https://twitter.com/IVufXQdRdM3tWTg/status/1242778735243223040?s=20

 

ダイヤモンドプリンセス号の今後の予定!

情報の出どころによって、いろいろと錯綜しているようです。まずは、愛媛新聞に報道された内容から。

松山港に3月に入港へ!

プリンセス・クルーズ社の日本法人である、カーニバル・ジャパンによると、3月28日に四国は愛媛、松山港に入稿するクルーズ計画を立てているということが報道されています。

主なスケジュール

  • 3月24日 横浜港を出発
  • 高松、高知などを経て
  • 3月28日 午前7時に松山港に入港。
  • オプションツアーや自由行動の後、同日午後6時に出港して
  • 韓国・釜山に向かい
  • 4月2日に横浜港に戻る

と言ったスケジュールです。
オプションツアーや自由行動といっても、もちろん、消毒等も再度しっかり行った上でのことでしょうから、大きな問題はないはずです。と、言い切りたいところです。。。

経済効果も捨てがたい

この3月のクルーズに、どれくらいの乗客が乗船されるかは、全く未知数ですが、
これだけの大型客船が寄港するということになると、やはり、一定の経済効果を期待してしまうところなのでしょう。

松山港の管理者の県港湾海岸課によると、県民の不安があることも承知していると説明されているようです。

3月の入港が、新しい、ダイヤモンドプリンセス号の歴史の始まりとなり、松山港にも恩恵があることを祈りたいと思います。

3月出発九州ツアー

プリンセス・クルーズの公式サイトを見ると、3月中に九州ツアーが予定されていることになっています。まだ、サイトの掲載を下ろしていないところをみると、挙行される予定なのかも知れません。

主なスケジュール

  • 3月15日 横浜出港
  • 3月17日 宮崎油津入港
  • 3月18日 博多
  • 3月19日 釜山(韓国)
  • 3月20日 佐世保
  • 3月21日 鹿児島
  • 3月22日 別府
  • 3月24日 横浜入港

まさに、九州ツアーという感じですね。

まてよ、ということは、このまま、3月中旬まで、ダイヤモンドプリンセスは、横浜港に停泊したままなのか?

その間に、乗客を下ろし、消毒等の作業をするのかも知れませんね。

早く通常運行に戻って欲しいと思います。

ダイヤモンドプリンセス号は、飛鳥Ⅱと並んで、横浜港ではよく見かける豪華客船です。

プリンセス・クルーズ社によると、日本発着の外国客船として、乗船客数No.1というのもうなずけます。

今回、大変残念なことに、コロナウィルス等の騒ぎに巻き込まれていますが、本来は大変素晴らしい客船のはずです。

ご存知の方も多いかも知れませんが、この、ダイヤモンドプリンセス号は、建造時に火災にあい、もともと、同型の2番艦であった、サファイア・プリンセス号を急遽、ダイヤモンドプリンセス号に変更するという数奇な運命を持っています。

今回の、トラブルに負けずに、また、華麗な姿を横浜港で早く見られるように慣れば良いと思います。

 

 

-ニュース

© 2020 これちょっと気になる Powered by AFFINGER5