ギターの捨て方に悩んだら、捨てない選択肢も探してみよう

楽器

ギターを捨て方に悩んでいます、どうしたらいいでしょう?

長年、演奏してきたギター、もちろん、これまで捨てたことなんて

ありません。楽器屋さんで下取りしてもらったり、そもそも、今、使っている楽器が

最初のギター。捨てたことなんてありません。

そんな方、多いと思うんです。

ギターを捨てるのに熱い広告文をみつけました!

まずは、こちらの文書を読んでください。

言葉には出来ないさまざまな想いを表現してくれる相棒。
ギターは生きています。年月を重ねるごとに音色も変わっていき、とても深みのある音へと成長していくのです。
ただし、キチンと手を掛けてやらないと、曲がったり、割れたり、音が出なくなったりと、なかなか困った面も・・・
そんなギターがありましたら、私たちにお任せください!!!
使わずにそのままになっているギターの新しい活躍の場を提供させて頂きます。

なんか、熱いですよね。

 

北は北海道から、南は九州まで拠点をお持ちの楽器店です。

捨てる前に一度、相談してみることはいかがでしょうか?

ギターを高く売るには日頃のお手入れがとっても重要!

ギターの買取方法については、こちらに詳しく書いてあるので、

是非、一度ご覧頂きたいのですが、

ギターの買取方法はこちら

やはり、日頃のお手入れが大変重要ということがよくわかります。

付属品が揃っている。

買い取り関連の話ですと、やっぱり付属品が揃っているのは重要になりますね。

手入れがしっかりされている

これも、日頃の整備が肝心ということいなりますね。

・長い間使ってない場合は弦を緩めている

弦楽器では、よく言われることですよね。注意しておきましょう。

・弦をこまめに張り替えている

あまり、古くてボロボロな弦は、ちょっと問題があるということですよね。

・指板に手あかがついていない。

使い終わったら、ちゃんと拭き掃除しましょうね。

・改造されていない。ピックアップを変更する時にザグリを入れていると減点対象

車の買い取りと同じような話ですかね。改造車は、次に利用する方が嫌がる傾向が

あるみたいですね。

・保管状態が悪く、湿気が多い場合ネックの反りが出やすいので注意

湿気が多いところに保管してはいけないということですね。

・乾燥が過ぎると割れが生じる場合があるので注意が必要

乾燥しすぎというのも厳禁なようです。

・レモンオイルでお手入れしている。

レモンオイルを利用したお手入れはオススメです。

 

こんなところが、ポイントです。

あなたのギター、捨てる前に、一度相談してみませんか?

▼公式サイトはこちらです▼