餃子の種の保存方法 おすすめ方法を簡単にまとめてみました!

料理
スポンサーリンク

餃子の種の保存方法 おすすめ方法を簡単にまとめてみました!

餃子とか、カレーとか、一度にある程度の量を作ってしまうと、保存をどうするかは

頭の痛いところですよね。

今日は、餃子の種の保存方法についておすすめの方法を簡単にまとめてみました!

フリーザーパックやラップにあまり大きくならないように包んで冷凍

フリーザーパックやラップにあまり大きくならないようにして包んで冷凍してしまうのが

比較的簡単な方法と言っていいでしょう。

冷凍すると言っても、餃子は生物、なるべく早めに食べるに越したことはなさそうです。

餃子の種は、べつの料理に再利用することも可能ですから、和風のハンバーグの種にするとか、

春雨の中華スープに肉団子として入れてしまうとか。麻婆豆腐に入れてしまうとか、

そんな利用方法がありそうですね。

餃子のたねを炒めてしまってから冷凍する

どのタイミングで冷凍するかというのは、いろんな意見がありそうですが、

餃子のタネを一度、炒めてしまってから冷凍するというのも一つの手です。

解凍してからは、そのままご飯に乗せたり、水溶き片栗粉を使ってあんかけにして

ご飯やうどんに乗せて食べるなんて方法も面白いかもしれません。

当然、その際は、お酢とか、ラー油を掛けてからいただくと、普通に美味しいかもしれません。

餃子のたねを冷凍した場合、どれくらいの期間持つのでしょう

基本的には、冷凍したとはいえ、早めに食べてしまうのがベターなのかと思いますが、

ラップに包んで平らにしてジッパーなどに入れて冷凍すれば、1ヶ月程度は持つはずです。

ただし、霜がついてきたら、味が落ちてきた証拠になりますので、すぐに、そうすぐに

食べてしまいましょう。

食べ方はいろいろありますが、

片栗粉を少し足して団子状にして中華スープの中に入れる。

タネを炒めて、ニラと卵で絡めればニラ玉風に仕上げる、

なんて方法もあるので、お試しください。

餃子のたねを冷凍ではなく冷蔵する場合は大丈夫なのでしょうか?

冷蔵の場合、長期間は難しいでしょう。

一晩くらいであれば、ビニール袋に入れて、なるべく中の空気を抜いた状態で、

冷蔵庫に保存してみましょう。

大丈夫というか、タネを安定させるために一晩冷蔵庫で寝かせることを推奨する

レシピもあるくらいですから、逆に美味しくなるかもしれません!

餃子のたねは手でこねているので、足が速い、痛みやすいです。

くれぐれも長期間の冷蔵庫での保存は見合わせてくださいね。

餃子の皮は余ったものを冷凍しても大丈夫なんでしょうか?

普通に冷凍してしまって大丈夫です。

1枚毎くっついてしまうと、次回使いづらいので、ラップの間に挟んで冷凍する

といった工夫は必要かもしれませんね。

再利用方法としては

ラーメンや、中華スープの具にしたり、(わんたんみたいな使い方ですね)

皮の上にピザソース、ない場合にはケチャップと、ウィンナーとチーズを乗せて

トーストにして、なんちゃってピザにするのも美味しいと思います。

ちなみに、チャック付きの袋に入れたほうが再利用のときには、美味しくなるようですね。

ちなみにチャックつきの袋に入れたほうが再利用の時おいしいです。

コメント