ハーモニカとオカリナの難易度は違いは?フルートと比べるとどうなの?

ハーモニカとオカリナ、どちらも小さな楽器で持ち運びが簡単です。

でも、そんなにメジャーというわけでもなく。

習うのに手頃な楽器なんだろうとは思うけど、どっちがいいかわからない?

そんな方向けの情報をお伝えします。

スポンサーリンク

ハーモニカとオカリナの難易度はどっちが難しい?

どんな楽器も、それなりに吹きこなそうと思うと、それなりに難しいものです。

敢えて、ハーモニカとオカリナの難易度は、どっちが難しいと聞かれたら。

私はハーモニカが難しいと答えます。

 

普通、楽器を音を出すときには、息を吹き込んで音を出します。

木管楽器、金管楽器他、吹奏楽関係で、いわゆる吹く楽器というのは、

間違いなく、息を吹き込んで音を出します。

でも、ハーモニカは違うんです。

なんと、音によっては、息を吸い込んで演奏する必要があるんです。

これは、かなり異色な楽器の仕組みと言っていいでしょう。

吸い込んで音を鳴らす楽器というのは、数ある楽器の中でも、ハーモニカぐらいです。

ハーモニカの音の出る仕組みは、楽器の中(息を入れる穴の奥)にリードという、

金属の小さなヘラのような物が入っていて、これが振動することによって、

音がなる仕組みになっています。

一般的には、ドミソ、については、息を吹いて音を鳴らしますが、

レファラシについては、息を吸って音を出す構造になっています。

これは、小学校、中学校等でリコーダーに親しんだことのある方は

かなり面食らうのでは無いかと思います。

ハーモニカも、オカリナも、初めて吹くときに、すぐに音が出るというのは

共通点かもしれません。

クラリネットとかの木管楽器、トランペット等の金管楽器、それぞれ、

初めて楽器を持って、息を吹き込んでも、音なんて出ませんから。

その意味で、やはり、ハーモニカもオカリナも手軽な楽器ということは

できるでしょう。

スポンサーリンク

ハーモニカとオカリナの違いは?

ハーモニカとオカリナは全く別の楽器なので、違いを書き出すと

全部違うという話になってくるのですが、

一般的にハーモニカは金属でできています。

このため、気温、湿度等のコンディションの変化には比較的強いと言えるでしょう。

しかも、お店で販売されている楽器の個体差というのは、それほど大きくはありません。

ということは、同じメーカーが販売している、同じ品番のハーモニカですと、

大体、おんなじような音が出るようになっているんです。

これは、さすが、工業製品!とか言ってしまうようなレベルです。

 

これに対して、オカリナ(オカリーナというのが正式です)については、プラスチックの

オカリナもありますが、一般的にはオカリナは陶器でできています。

陶器、つまり粘土を焼いて作っているんです。

オカリナの場合、趣味が講じてしまう方の中には、土からオカリナを作り出して、

窯に入れて、焼き物を作るかのようなことをやられる方が、実際に数多くいらっしゃいます。

オカリナのプロの演奏家の方のなかでも、結構多くの方が、

土にハマってしまう場合があります。(笑い)

基本的に手作り、ハンドメイドなので、全く同じ楽器というのが作りづらく、

楽器メーカーでも、音程を正確に出すために、専門の職人の方が、一つ一つの楽器を

確認する作業と行っています。

つまり、同じメーカーの同じ品番の楽器でも、音色や吹き加減が微妙に違ってきます。

これは、オカリナの宿命というか、焼き物楽器の宿命と言えるかもしれません。

スポンサーリンク

オカリナとフルートとハーモニカを比べると?

オカリナとフルートとハーモニカのうち、仲間はずれになるのは何?

というのは、まあ冗談ですが。

やはり、ハーモニカはオカリナ、フルートと比べると異色な楽器と言えます。

吹くだけでは無いからです。なんて言っても、吸って音が出る楽器だからです。

 

オカリナとフルートは比較的親和性の高い楽器と言えます。

昔、ヤマハの大人の音楽教室のオカリナの講座を受講していたことがあるのですが、

講師の先生が、オカリナは、最初にとっつきやすいので、オカリナを進めて、

慣れてきたら、フルートを紹介するといったこともあるって、言っておられました。

オカリナの音域って、結構狭いんですよね。リコーダーより音域は狭いです。

対して、フルートって音域やたら広いんですよ。

だから、オカリナで吹けない曲があったら、フルートなら吹けるよとかって

紹介するんだそうです。

特に、フルートって、女性の方から人気の高い楽器ですからね。

一度は吹いてみたいって方も結構多いんではないでしょうか。

ただし、はっきり言って難しいです。

普通に吹けるようになるまで、最低数ヶ月かかるイメージではないでしょうか。

まず、音を鳴らすまでが大変でしょうね。

そこから、音階が吹けるようになって、メロディが吹けるようになってって、

結構大変なんです。

まあ、個人的には、オカリナを普通に吹けるようにすれば、手軽な楽器という点では

必要十分な感じですが。

ハーモニカって、バンドとかでも使われてますよね。だから好きな楽器を選べばいいんじゃないかな。

最後にフルート。覚悟を持って挑んで見てください!(笑い)

 

コメント