お買い物

ハイセンスHisense55V型55A6100の評判!

ハイセンスHisense 55V型55A6100の評判!

ハイセンスというのは、センスが良いという意味でハイセンスと言っているわけでは無いのですが、比較的シンプルで、割安なテレビのハイセンスの商品ですが、今日は、比較的というかかなり大型の55型のご紹介です。


ハイセンスのテレビラインナップは、小さなタイプから大きなタイプまで、実に多くの製品が揃っております。まさに、リビングからプライベートルームまで、他にしむ場所に合わせて選べる、豊富なラインナップというのは、あながち嘘ではありません。

ハイセンスHisense55V型4K対応液晶テレビです

最近、4K放送の宣伝は特にNHKを中心に放送されていますよね。あ、この番組みたいなと思うと、4K放送です。。。ずいぶん昔に、BSが始まった頃に、一般放送でBS放送の宣伝をやられて、ちぇ、なんだよ、見れないじゃんと思ったのを思い出してしまいます。

ハイセンス Hisense 55V型であれば、4K放送に対応した液晶テレビになりますので、そんな心配はありません。画素数は、3840×2160画素/829万画素、極上の4K画質と呼ばれる画素数です。なんと、アップコンバートという機能がついていて、通常の2Kの信号の映像も、4K画質に、いつもの番組も、より美しくご覧いただくことができます。

AnyviewCastこれは便利だと思います

最近は、スマートフォンやタブレットでいろいろな映像を見ることが多くなりましたが、どうも、画面が小さい。。。せっかく、大画面のテレビがあるんだから、テレビに接続できればいいなあ。そんな思いを、ハイセンス Hisense55V型は叶えます。スマートフォンやタブレットなどをテレビとワイヤレスで接続して、コンテンツを転送してテレビの大画面で視聴することが可能になっています。ただし、Android端末限定の機能になるので、そこは、注意が必要そうですね。

ハイセンスHisense55V型直下型LEDバックライトを利用

直下型バックライトというのは名前の通り、パネルの真後ろに全体が光るバックライトを配置する方式となります。特徴としてはいくつかメリットが有り、画面すべてのエリアを均一な明るさに保つことが可能になります。
細かい範囲で画像の明るさを調整することが可能です。コントラスト比を上げることが出来る為、メリハリのある画質を再現することができる。そんな特徴があります。

【DOLBY AUDIO】

最大7.1ディスクリートチャンネルによる 高品位サラウンドサウンド ドルビーオーディオ搭載。進化を続けるメディア向けに設計された高度なサラウンドサウンドオーディオ技術。
ドルビーオーディオによってサウンドに奥行と力強さが出て、ヘッドフォンやデバイスのスピーカーを通してリアルなサウンドを実現します。騒音の多い環境でもクリアに聞こえます。

【dbx-tv】

テレビの音質を、2chのままで格段に心地よくする最新サウンドプロセッサーシステムdbx-tv搭載。

Total Sonics

低音を増強し、セリフを明瞭かつ自然にし、音場を広げ全体の音質を最適化する技術です。

Total Surround

音響心理学に基づいた信号処理により、 音を視聴者のそば、後ろ、そして頭の上に定位させ サラウンドサウンドを作る技術です。

Total Volume

Dレンジが大きな信号ソースやコマーシャル、 チャンネル切り替えや入力ソースの切り替え時に発生する 極端な音量変化に対して、音の大きさを一定にする技術です。

【外付けHDD対応】

USBハードディスク(別売り)を接続して、簡単に録画が可能。

【3波裏番組録画】

地上デジBS・110度CSをそれぞれ2チューナー搭載で、番組の視聴中に裏番組録画可能。

【HDMI入力】

HDMI端子対応機器を3台同時に接続可能。

【キャラリーモード】

USB接続でUSBメモリーなどに保存したJPG形式の写真が見られる機能。

ハイセンスHisense55V型についての口コミ!

地デジを見るBCSを見るという面は何も文句はありません。
普通にテレビが欲しいという方は何も気にならないと思います!
録画はHDDやレコーダーを買わないと出来ません。

本体の厚さは薄め、足が若干短いので頼りないですがテレビの下には小説一冊程度のスペースが有ります。音に関してはほとんど気になりません!ただ、少し起動が遅いかな?と言うぐらいで、設営も楽です!

コスパは最強です!
1月ほど使いましたが、特に気になる点はありません。
日本メーカーは高いですが、今や中国製の時代が来ましたね〜
少し心配でしたが、質は良好!画面に傷なし!
一緒に頼んだ日本製のテレビ台のほうが粗悪でしたw

やはり、コストパフォーマンスは最強のようですね。一昔前ですと、ちょっと敬遠されることの多かった中国製も、今や、性能面でも日本製を凌ぐかの勢いですよね。

地デジを見るBCSを見るという面は何も文句はありません。
普通にテレビが欲しいという方は何も気にならないと思います!
録画はHDDやレコーダーを買わないと出来ません。

ええ、それはわかってます。ぜひ、録画をするときはレコーダー等を購入しましょう。

ハイセンスHisense 55V型についてまとめ

55型の4K液晶テレビが、アマゾンだとすでに7万円を切っています。プロの方とか、映像にものすごくこだわる方はともかく、普通にご自宅で視聴するには、必要十分なテレビでは無いでしょうか。詳細については、下記ページをご覧くださいね。


-お買い物

© 2020 これちょっと気になる Powered by AFFINGER5