高梨沙羅選手 元マネージャー逮捕 スラットナー社長 伊藤康晴 容疑者 贈収賄容疑で!

スポンサーリンク

高梨沙羅選手 元マネージャー 伊藤康晴 容疑者 贈収賄容疑で逮捕!

大きなスポーツの大会というのは、巨額のお金が動き、犯罪の発生するケースが

多くあるものですが、今回も、ちょっと残念な事件が発生してしまいました。

2018年1月に開催された、スキーのワールドカップジャパン女子蔵王大会の

協賛金の取りまとめを巡って、取引業者に便宜を図る見返りとして、約20万円の飲食接待を

受けたとして、

山形県警捜査2課と山形署は6月28日、

スキー用品販売業「株式会社スラットナー・アジア」(東京都中央区日本橋本町3-2-12)社長、

伊藤康晴容疑者 41歳 住所 神奈川県鎌倉市梶原1 を贈賄容疑で逮捕しました。

いわゆる贈賄側、賄賂を送った方ということになりますね。

伊藤康晴容疑者は2014年ソチオリンピックを含んだ一時期、スキー女子ジャンプの

高梨沙羅選手らのマネジャーを務めていました。

伊藤康晴容疑者が社長を勤めている株式会社 スラットナー・アジアというのは、

ヨーロッパのスロベニアで創業された、スタットナー社のアジア法人のようなもので、

ワールドカップの競技者の80%が、スラットナー社のスキービンディングを使用しており

高橋沙羅選手と接点があっても、全く不思議の無い方です。

伊藤康晴容疑者は、過去に広告代理店に勤務されていた経歴もあり、このころの

経験を遺憾なく?発揮されてしまったようです。

このような事件が発覚してしまって、大変残念でなりません。

スポンサーリンク

山形県教育委員会主査 二瓶祐治 容疑者 逮捕

公務員の方の不祥事というのも、よくあることですが、あまり聴きたくないものです。

同じ事件の収賄側、賄賂を受け取った側として、

山形県教育委員会学校教育課主査、二瓶祐治容疑者 住所山形市馬見ケ崎3が、収賄容疑で

逮捕されました。

たかだか20万円の飲食接待のために、人生を棒に振ってほしくないというのが正直なところです。

スポンサーリンク

伊藤康晴 二瓶祐治 容疑者 逮捕の原因

逮捕に至った容疑は、2018年1月に開催された、スキーのワールドカップジャパン女子蔵王大会

などの協賛金集めに関連して、山形県教育委員会学校教育課主査である二瓶祐治容疑者が、

伊藤康晴容疑者が経営する、「株式会社スラットナー・アジア」が取りまとめを行えるように

便宜を図ったというものです。

公務員がやると、一番やばい、口利きってやつですね。長く公務員を勤めていれば、

何がよくて、何が悪いのかは、わかりそうなものですが、魔が差したのかもしれませんね。

時期としては、2017年7月~2018年2月頃にかけて、伊藤康晴容疑者から、数回に分けて、

合計約20万円相当の飲食等の接待を受けたとされています。

二瓶祐治 容疑者は2015年4月から、ワールドカップジャパン女子蔵王大会の実行委員会事務局で

山形県スキー連盟との調整や、協賛依頼などの業務に従事していたそうです。

なんか、やばい匂いがしますね。余罪は無いのでしょうか。今後の警察による捜査が待たれます。

二瓶祐治 容疑者は、この贈収賄事件とは別に、山形県スキー連盟の預金口座から現金約134万円を

着服したとして、業務上横領の罪で山形地検に起訴されています。

むう、筋金入りの悪なのか、魔が差したのか、いずれにしても、公務員としては、

絶対にやってはならないことでしたね。

 

 

コメント