花月園前踏切 日本一長い踏切の今

観光
スポンサーリンク

花月園前踏切 日本一長い踏切の今

神奈川県横浜市鶴見区にある、花月園前踏切、

かつて、日本テレビ系で放送されていたバラエティ番組『投稿!特ホウ王国』でも、

「日本一長い踏切」として紹介されたことがある。

まあ、やたらと長い踏切です。

まずは、どれくらい長いかについては、こちらの動画を御覧ください。

日本最長の踏切 The longest Railway Crossing in Japan
日本一長い踏切 横浜、鶴見駅付近の踏切です。東海道線、横須賀線、京浜東北線、貨物も通ります。渡るのには時間がかかりますが、電車好きなら見ていて飽きませんよ! This is the longest railway crossing in Japan, situed at Yokohama, near Tsurum...

この辺り、横浜駅から川崎駅の間は、首都圏でも大動脈と呼ばれる

神奈川県と東京都の間を走る列車が多数走っており、全体的に

踏切は巨大な物が多いです。

以前は、すぐ近くに「総持寺踏切」という有名なあかずの踏切が

存在したのですが、あまりに、長すぎて、渡りきれずに危険という

声があり、閉鎖されてしまい、今は、花月園前踏切が日本で一番長い踏切

と言われています。

<廃止になった総持寺踏切>

金網で閉鎖されています。

スポンサーリンク

花月園前とはどこにあるのか?

花月園というのは、大正から昭和の初期に掛けて、今の、JR鶴見駅と新子安駅の間に存在した

遊園地の名前なのですが、遊園地は、ずいぶん昔に閉鎖され、その後、遊園地の跡地は

競輪場として運営されていました。

その、競輪場もすでに閉鎖されてしまい、駅名に花月園前という名前のみ残っている形に

なります。

JR鶴見駅から、新子安駅側に10分程度歩いた場所にあり、鶴見駅から歩いてくると

曹洞宗の大本山である総持寺を通過してくるようになります。

スポンサーリンク

花月園前踏切 どれくらい長いのか?

横須賀線・京浜東北線・東海道本線・東海道貨物線・京急本線といった路線をまたいだ

踏切となっていて、実に10本の線をまたぐこととなります。

すぐ横に、京浜急行の花月園前駅に向かうための跨線橋があるので、

踏切が締まり続けて、近隣住民が大迷惑ということは、あまりないのですが、

それでも、階段を避けて、あえて踏切を渡る方はそれなりにいます。

普通の踏切よりも、さらに長くしているイメージを持つのは、

京浜急行をまたぐときに、JRと京浜急行の間に、微妙な間が存在しているから

かもしれません。

これは、昔、今は橋上駅舎となった花月園前駅が、地上駅であった頃の名残だそうで。

一段と長くなっているイメージを持ちます。

<踏切待ちをする少年>

間違っても立ち入っちゃだめだぞ!

 

 

 

 

コメント