Kindle(キンドル)のマンガモデルって実際どうなの?実際に使ってみました!

電子パッド

Kindle(キンドル)のマンガモデルとは!

電子書籍リーダーは数ありますが、なかでもマンガを読むのに特化したのがこの!『Kindle Paperwhite マンガモデル』です!

ストレージは32GBを搭載。なんと今までのKindle Paperwhiteの8倍の容量です。マンガなら約700冊、書籍なら数千冊を保存可能、と冊数で紹介したほうがイメージがしやすいでしょうか。

ページをめくる速度は33%アップ!(快速ページターン)
小さい文字や吹き出しが読みづらい時は、ピンチ&ズーム機能で解決します。便利!
300ppiの高解像度でより美しい画面に!
綺麗な画質でマンガを読みたい人には嬉しい仕様です。
『Kindle Paperwhite』は明るい日差しの中でも読めるようになっており、ディスプレイの反射が抑えられています。
本物の本を読んでいるような読み心地を体感できる、それが『Kindle Paperwhite』です。

 

▼商品の詳細はこちらから▼
Kindle Paperwhite マンガモデル、電子書籍リーダー、Wi-Fi 、32GB、ホワイト、広告つき

 

スポンサーリンク

Kindle(キンドル)のマンガモデルオススメのポイントはこちら!

スマホで読むには画面が小さく、タブレットで読むにはタブレット本体が重い。電子書籍を読む時の難点を解決してくれるのが『Kindle Paperwhite』です。

まず薄い!カバーをかけなければ鉛筆よりも薄い!薄型のカバーを選べば、カバーをかけても気にならない厚さです。
そして軽い!一般的なタブレットより30%程度軽いらしいのですが、私(成人女性)が持っても疲れない大きさと軽さです。
文庫本やB6版コミックスを読むのと変わらないサイズ感に読書が捗ります。

さて、マンガモデルと謳う理由はどこにある?と思いましたが、32GBに増えたストレージ容量がポイントのようです。
イラストページというのはかなり容量を圧迫するらしく、それを解消するのがこの32GBの容量。おかげでマンガなら約700冊ダウンロードできる、どこでも読める、持ち運び便利!というわけです。

マンガ全巻一気買いも、紙の本だと置く場所を考えないといけないですが、Kindleなら本の置き場所の心配無用!今までのKindleはこまめに削除する必要がありましたが、マンガモデルだとストレスフリーですね。

広告付きだと本体価格が少しお安くなるのも魅力的です。
広告は読書中に邪魔になることはないです。読み終わった後のページに表示されるくらいなので気にならない仕様になっています。

 

スポンサーリンク

Kindle(キンドル)のマンガモデル 使ってみた感想(こんなところが良かった、ここが気になった)

良かった点
・届いた瞬間から使えるように、注文者のアカウントが設定されている気遣いが素晴らしい!の一言です。
・ある程度の充電がされているので、届いた瞬間から使える
・スマホやタブレットのような明るさではないため、読み続けていても目が痛くならない!
・自宅のマンガやビジネス書がいっぱいで置き場に困っていたが、おかげで本置き場を考えずに新刊を買える
・昔読んだ懐かしい作品は大抵巻数が多いので買うのを躊躇するが、Kindleで一気買いすれば問題ない。
・アマゾンでの発注も十分早いが、読みたい本をすぐ読めるKindleストアが使えるので便利。
・Amazonプライム会員なら読み放題の本がかなりあるので、選べる本が多い。
・しおり機能があるので、気になるページにすぐ印がつけられる。

ここが気になった
・カラーページには対応していないので、表紙やマンガの中表紙、書き下ろしカラーページはKindle Paperwhiteではなく、Kindleアプリをいれたタブレットで見た方がいい。
・タブレットではないため、ズーム機能の加減が難しい。
・また操作も慣れないと、本棚ページに戻りにくい。

スポンサーリンク

Kindle(キンドル)のマンガモデル口コミはこんな感じです!

・見開き機能があるが、マンガページには向いていない。見開きページになると下部に見開きを見る場合はクリック!という印がでるが、マンガの見開きは開いた瞬間に見開きページが目に入るコマ割りなので、そうじゃない…という感覚がある。
・旅行先に持って行くときに便利。読み終わってもすぐ次の本が選べるので荷物がへって楽になった。
・購入者のアカウントを登録して配送されるのがとても楽!プレゼントの場合はアカウント登録なしを選べるようなので、自由度が高い。
・本体サイズは文庫サイズとほぼ同じため、荷物にならない。
・ページめくりが早くなったとあるが、実際そこまで早くは感じない。マンガを読むときにページを戻ろうとするともどかしさが勝つ。小説なら気にならないと思う。
・目は確かに疲れない!が、老眼が始まった身には画面が小さくて読みづらさがある。マンガや雑誌を読むのには不向きに感じる。

スポンサーリンク

Kindle(キンドル)のマンガモデルは結局こんな感じです!

タブレット感覚で使おうとすると使いにくさがありますが、電子書籍リーダーとしては画質、容量、目の負担、本体の軽さと使用感の手軽さ魅力的な商品です。
ただ、『マンガモデル』のいい点は容量があるという点のようで、マンガより小説など文字の多いものを読むのに利用している方が多いようですね。
私はこれ以上自宅の本を増やさないために購入しました。もちろん紙の本の良さもありますので、これは紙の本で、これはKindleで、これはタブレットで、と使い分けながら利用するのもいいかもしれませんね。

電子パッド
スポンサーリンク
これ良かったオススメです