レターパックが追跡できない場合の対応方法について

暮らしの知恵
スポンサーリンク

レターパックが追跡できない場合の対応方法について

レターパックとは郵便局が提供している、全国一律で、追跡サービスが付いて、ポスト投函がOKな

便利なサービスです。

対面で配達してもらうための「レターパック」

ポストに投函してもらう「レターパックプラス」

の2種類があります。

レターパック、レターパックプラスとも、追跡サービスには対応しており、

基本的には、郵便局のWEBサイトで、荷物のお問い合わせ番号を入力して

荷物の位置を確認することになります。

スポンサーリンク

レターパックが追跡できない場合に考えられること

追跡番号が反映されていないという可能性

レターパック、レターパックプラスの特徴として、ポストに投函することが可能になっております。

このため、ポストから各郵便局に集荷され、その上で、追跡番号が郵便局の

システムに登録されないと、WEBサイトで確認しても、荷物の所在はわかりません。

蛇足ながら、会社等で集荷に来られている場合は、郵便局に持ち込む前に、集荷の段階で

郵便局の方が、端末から登録しているので、追跡番号の登録がないということは

考えられません。

追跡番号を間違えているという可能性

どうも、この辺りはいつまで立ってもアナログ感たっぷりなのですが、

レターパックも、レターパックプラスも、追跡番号は、それぞれの封筒から

追跡番号が記載されているシールを剥がして、記載されている番号を確認

することになります。

この際、WEBサイトに入力する番号を間違えると、荷物の所在がわかりません。

追跡番号は〇〇〇〇-〇〇〇〇-〇〇〇〇の12桁です、落ち着いて確認しましょう。

追跡番号の登録が完了する前に配達が完了する場合

追跡番号の登録が完了する前に配達が完了してしまう場合や、

集荷局での登録が実施されずに、配達局で登録が実施されることも

あるようです。その辺りは、運が悪かったと諦めるしかなさそうです。

郵便局の業務って、システム化されている部分も相当あるのですが、

傍から見ていて、ちょっとアナログ過ぎないか?という場面もあり、

今後の改善を期待したいところです。

スポンサーリンク

レターパックの追跡番号を忘れてしまった場合

ほとんどの場合、レターパックは確実に配達されます。

経験上、配達されなかったという話は聞いたことがありません。

それでも、追跡番号を調べる場合には、電話ではなかなか難しいようです。

急いで、投函したポストを管理している郵便局に赴いてください。

追跡サービスがついているものですので、何らかの方法で対応してもらえるはずです。

ただし、確認に行く場合には、身分証明書等の書類をお忘れにならないように、

個人情報保護等の関連から、対応してもらえない場合も、十分に考えられるはずです。

スポンサーリンク

レターパックが追跡できない場合の対応方法についてのまとめ

郵便局。。。なんだかんだ、日本国がやっているようなものです。民営化されたとは言え。

荷物がなくなるとか、基本的にはありえないサービスです。

落ち着いて、探してみましょう。

最後は、身分証明書を持って、郵便局に。

荷物が見つからないということは、そうそう無いはずです。

 

コメント