お買い物

明治 チョコレート効果95%、86%、72%とあるが?

明治チョコレートさんが変なことをやっている。

カカオの含まれているパーセンテージごとに商品を別々に作っている、

これは、これで面白いので、どんなものなのかまとめてみました。

明治 チョコレート効果カカオ95%大容量ボックス 800g

TOP
発売20年目ロングセラー、「明治 チョコレート効果」シリーズから、なんと“1kg”もの大容量版が発売。
通常サイズの約13箱分。健康に気をつかう方にはとってもうれしい。

比較
この度、チョコレート効果は新ロースト製法にかわりました。
カカオ豆の加工法を見直し、

苦みと渋みのバランスを整えよりお客様に好まれる味へ。

チョコレート効果カカオ72% 試食評価結果 40代女性チョコレート効果カカオ72%BOXを2~3か月に1回購入者(N=70) 明治調べ

サイズ変更
個包装が幅広に改良されました。
従来品より開けやすくなりました。

明治チョコレート効果が選ばれる理由

身近な飲食物の中でも特別なのは、ずばり「カカオ」のなせるワザ。
健康への働きが期待されているチョコレートの主原料であるカカオに含まれるポリフェノール。植物が自らを守るため、光合成を行う際に作り出す成分です。赤ワインやコーヒーなどにも含まれていますが、とりわけ豊富な分量を誇るのが、チョコレートの原材料である「カカオ豆」。カカオポリフェノールとは、カカオから抽出され、チョコレートから気軽に摂取できるポリフェノールなのです。

チョコはチョコでも、おすすめはだんぜん高カカオチョコレート。
とはいえ、チョコレートならどれも同じわけではありません。カカオマスに含まれるカカオポリフェノールの量は、植物性飲食物中でトップクラス。高カカオチョコレートなら同じ100g中で840mgと、非常に含有量が高いから、より効率的に摂取できるのです。

「チョコレート効果」がすごい理由は、やっぱりカカオポリフェノール?
明治のチョコレート効果(72%の場合)にいたっては、100gあたりなんと2,540mgものカカオポリフェノールが含まれているのです。さらに、カカオポリフェノールの一部にはエピカテキンが含まれています。

カラダにとどめておけないからこそ、毎日の習慣に高カカオチョコレートを。
「チョコレート効果」にたっぷりと含まれるカカオポリフェノールですが、体内にとどめておくことができません。たくさん摂取しても排出されてしまいます。だからこそ、必要な分だけ毎日、少しずつ。「チョコレート効果」はもちろん、お料理のかくし味に加えるレシピを利用して、習慣化へつなげることが大切なのです。

-お買い物

© 2020 これちょっと気になる Powered by AFFINGER5