テレビ

中田莉沙さんの経歴・プロフィール・ヘッドハンターオブ・ザ・イヤーってどんな人?

中田莉沙さんは若干25歳でヘッドハンターオブ・ザ・イヤーとして表彰される、凄腕のヘッドハンターです。ヘッドハンターというのは、転職市場で人材を紹介して他の会社にハンティングする方を言いますが、この若さで一体何故そんなことができるのでしょう?

中田莉沙さんの経歴・プロフィールについて

氏名:中田莉沙(なかだりさ)

生年月:1994年

出身:横浜市

出身高校:神奈川県立追浜高等学校

出身大学:成城大学

成城大学卒業後、かの証券会社の雄、野村證券に入社、野村證券ではうるさい新人扱い、ついたあだ名がチェ・ゲバラ。。。

そうあの、キューバ革命の戦士です。またのあだ名が革命家と呼ばれていたそうです。。。どんなあだ名なんだか。



インターンを経験した企業と野村證券の違い

中田さんは学生時代に、ママ向けのサービスを展開するコネヒト株式会社とオンライン英会話サービスを展開する株式会社ベストティーチャーでインターンを経験されています。

  • 企業名 :コネヒト株式会社/Connehito Inc.
  • 設 立 :2012年1月13日
  • 代表取締役社長 北吉 竜也
  • 事業内容 家族の一歩を支える情報メディア/Q&Aアプリ「ママリ」の開発・運営
  • 住 所 〒106-0047 東京都港区南麻布3-20-1 Daiwa麻布テラス5階

 

  • 会社名 株式会社ベストティーチャー (英語表記:Best Teacher, Inc.)
  • スクール名 英語4技能対策スクールの「ベストティーチャー」
  • スクール開校日 2012年5月11日
  • 代表者 高宮 敏郎
  • 事業内容 オンライン英会話スクール「ベストティーチャー」の開発・運営
  • 英語4技能専門メディア「4skills」の企画・運用

注目していただきたいのは、インターンとして就業された企業の設立年です。いずれも2010年代、会社、できたばかりのいわゆるスタートアップ企業。

そして、そのインターンの後に就職したのは、天下の野村證券。業界のガリバーとは言うものの、できたばかりの企業から見たら、歴史と伝統を重んじる会社に見えたというのは想像に難しく有りません。

やはり、野村證券に入社後は、ベンチャー企業と、保守的な大手企業の文化の違いに、大きなカルチャーショックを受けます。

ご本人曰く、「まずスピード感が違います。業務効率、ITリテラシーも差がありました。もちろん違いがあることは理解して入社していますが、

エクセルで共有して、同じことをホワイドボードにも書き込むような世界には驚きました。

おじさんの皆さん、結構やってますよね?こういうの。

大手企業はなかなか変えることができないのかもしれない

中田さん、営業成績は良好で仕事でも十分に成果を出されていたそうです。

でも、いろいろと改善案を出しても、返ってくる反応はいつも同じ「それは君がやることではない」

なかなか、大組織というのは難しいんですよね。

入社当初は、違和感を持っているけれども、このままここにいたら、このスピード感に染まってしまうと思ったそうです。

野村證券に入社するなんて、ちょっとやそっとでできることでは無いんですが。

ただ、私がそこで変革の鐘をならし、社会的影響を与えられるのは、数十年間もの時間をかけた後です。そして私は、

その数十年かけた末に与えられる影響と比較して、起業するか有力スタートアップにジョインした場合の数年間の方がより世の中に価値を提供できると思いました。」

『結局、何もできなかったね』で終わりたくない、と猛烈に危機感も覚えた中田さんは、転職を決意されたそうです。

なかなか、大変な決断だったと思います。




for Startups,Incについて

さて、野村證券から、中田さんが転職された、for Startups,Incですが、インターンでお世話になっていた企業より、さらに新しい会社。まさにスタートアップの企業のようです。

やはりこういう職場がお似合いなのかもしれませんね。

住所:東京都港区六本木1丁目6−1 泉ガーデンタワー36階
ホームページ:https://forstartups.com
設立:2016年9月

ちなみに、マザーズに上場しています。

面白いことに、主幹事証券会社は野村證券です!

 

あと、新株予約権の名簿の中に、中田 莉沙(戸籍名:髙橋 莉沙)という、お名前を見つけてしまったんですよね。

まあ、この辺りのプライベートなことは、触れないでおきましょう。。

for Startupsは「日本No.1の成長産業支援プラットフォームをテクノロジーで実現する」をミッションとして掲げ、「for Startups」というビジョンのもとに、今後の日本の成長に寄与する社会的インパクトの大きい事業を展開するスタートアップ・ベンチャーの成長支援を行う「成長産業支援事業」を展開しています。経産省主導による政府のスタートアップ支援策「J-Startup」のサポーター企業としても選定されています。新しいサービス・プロダクトを開発するため、積極的に仲間を求めています!

NHKにもインタビューを受けています。

https://twitter.com/li_21sa/status/1290884367452008448?s=20

 

セブンルール・こちらは放送間近です

https://twitter.com/7rules_ktv/status/1323633027109556226?s=20

 

中田莉沙さんの経歴・プロフィールについてのまとめ

うーん、自分だったらどうかなあとか考えてしまいますね。

スタートアップのものすごいスピードの中で、周りに埋もれずにサバイブしていけるかなあとか。(笑い)

中田莉沙さんは、まだ20代、これから、どんどん活躍の幅が増えていくのでしょうね。そのうち、テレビのコメンテーターとかにも

登場しそうな雰囲気ですよね。番組で見かけたら拝聴したいと思います。

 

-テレビ

© 2020 これちょっと気になる Powered by AFFINGER5