暮らしの知恵

いろいろな新しい資格の情報についてまとめてみた

サブリース建物取扱主任者について

注目されている不動産投資手法の実務ノウハウを習得することができます。

サブリース契約のスペシャリストとして

不動産オーナーに安心とワンランク上のサブリース提案を提供することのできる

資格となっています。

住宅ローン診断士について

金利動向を読み、住宅ローンプランニングを行う専門家のことを指します。

住宅ローンのプランニングに関する知識や実務能力を備えた方に与えられる資格です。

貸金業登録した企業に所属する場合は、実務として顧客に住宅ローン提案が行えます。

民泊適正管理主任者について

民泊に関する助言、指導、その他の援助を通じて民泊事業を円滑かつ適正に運営

するために必要な知識を有する専門家として一般社団法人日本民泊適正推進機構が

認証した存在です。

住宅建築コーディネーターについて

理想の家づくりをサポートする住まい相談員

経済産業省が推進する「住生活エージェント」を目指した
“中立な住まい相談員”と言われる「住宅建築コーディネーター」は、
国土交通大臣認可 全国室内環境改善事業協同組合の推薦資格です。

リフォーム提案士について

日本初!住宅リフォーム市場に不可欠な営業職特化型資格

拡大一途な住宅リフォーム市場において、益々
「リフォーム営業職の質が真に問われる時代」
に移行しています。
リフォーム営業職に特化した認定資格で、リフォーム営業のスタンダードを
学ぶことができます。

 

小売電気アドバイザーについて

生活に必要不可欠な基礎インフラに関する商取引のスペシャリスト

2016年4月の電力小売りの全面自由化により、一般の消費者が「自分で使用する電力」
を選べるようになりました。

小売電気アドバイザー(電力アドバイザー)は、消費者に対し、
正しい新電力の知識を伝えると共に最適なサービス選びをサポートできるスキルを
持っていると認定された存在です。

不動産相談員研修について

宅建士合格者の方は、不動産相談員研修の修了で、調停人基礎資格の取得者と
認定されます。

様々な不動産トラブルに接する機会の多い宅地建物取引士が、
当事者に寄り添って紛争解決の支援をしていくためのスキルを身に着けることは、
その社会的使命の実現の中で、非常に重要な意味を持ちます。

 

認知症予防活動支援士2級

認知症対策が国家戦略となり、認知症の予防法を啓蒙・実践し、習慣化まで導く
プロフェッショナルを育成

政府により認知症対策が国家戦略となり、認知症患者数を抑制するためにも、
認知症予防の理解と重要性を促し、学術的根拠に基づく認知症の予防法を
啓蒙・実践し、習慣化まで導くノウハウを習得します。

ピアカウンセラーについて

仲間(PEER)としての立場で相談者の主体的な行動変容を支える

多くの会社でストレスチェックが義務化される一方、メンタルヘルスの対策が
進んでいません。
メンタルケアのための基礎知識や、初期カウンセリングに必要なスキルを
身に付けます。

-暮らしの知恵

© 2020 これちょっと気になる Powered by AFFINGER5