お買い物

ソニーウォークマンAシリーズNW-A55を選ぶ5つの理由!

ソニーウォークマンAシリーズNW-A55を選ぶ5つの理由!

Appleがどちらかというと、iPhoneを主軸とした、多機能端末にシフトしたのに対して、初代ウォークマンを開発したソニーは、あくまでも音楽に特化して製品開発を進めているというのは比較すると面白い差がありますが、こちらのNW-A55は第5世代と呼ばれるシリーズとなっており、ハイレゾスタンダードと呼ばれる、ハイレゾ音源をリーズナブルな価格で楽しむことを目指した、Aシリーズと呼ばれる機種の最新機種になります。

SONYウォークマンnw-a55ハイレゾ音源のクオリティーを引き出す様々な仕組み

S-Master HX 採用

フルデジタルアンプと呼ばれる「S-Master HX」という仕組みを搭載しています。これは、ものすごく簡単に言うと、アナログからデジタルへの変換、デジタルからアナログへの変換を大変シンプルに効率よく実施する仕組みなんだそうです。技術のソニーが開発した技術で、ソニーのウォークマンの音へのこだわりを感じさせる技術になっています。

「DSEE HX(TM)」採用。

と言われてなんのことだかわかる方は相当のマニアかと思いますが、これは、MP3の音源やCDの音源をハイレゾ相当の高品質に変化させる技術なのだそうです。ということは、従来の音源をこのウォークマンで再生すると、高品質なハイレゾの音になるっていうことですね。いやーすごい技術です。

LDAC(TM)」に対応。

なんだか専門用語が続きますが、これはBluetooth(R)のワイヤレスで飛ぶ音楽を再生する際に、ハイレゾ相当の音質で楽しむ技術なのだそうです。いろんな技術が組み込まれているみたいです。

nw-a55 レシーバーには「Bluetooth(R)レシーバー機能」という機能も搭載

利用しているスマートフォンの音源をBluetoothでウォークマンに飛ばして、再生する機能です。スマートフォンの音響処理機能は、正直そんなに高くはないので、この機能でスマートフォンに音を飛ばして、ウォークマンで再生すると、きっと、きれいな音で再生されるのでしょうね。

NFC対応でワンタッチでBluetooth接続

NFCってなんだか知ってますか?Near Field Communicationの略なんだそうです。英語の略語って、ちゃんと単語にしてくれるとなんとなく理解できるものですよね。つまりNFCというのは、ものすごく簡単に言うと、「かざして通信」するための規格です。定期券とかにも使われていますよね。

これを、音楽の世界に持ち込むと、そうです、スマートフォンとヘッドフォンをケーブルで接続しなくともBluetoothで接続できる仕組みになります。いろいろ見ていくと、ソニーって音楽へのこだわりが大したものですね。

ウォークマンAシリーズ NW-A55充電器と接続するケーブルはこちら

ウォークマンNW-A55 どうしても充電とは切っても切り離せないですよね。充電用の面白いケーブルを見つけましたのでご紹介します。

Logitec Walkman用ケーブル 充電&通信 LHC-UW01

Walkman® を充電しながらデータ転送できるケーブルです。充電するときは、充電のみ、データ転送するときは、データ転送のみというのが一般的なケーブルですが、

こちらは、充電とデータ転送を同時に実施することができます。

▼商品の詳細はこちら▼


Logitec Walkman用ケーブル 充電&通信 LHC-UW01

この製品は、Walkman(ウォークマン)の充電をしながらデータ転送ができるUSB同期ケーブルです。

市販のシガーチャージャーや、ACアダプタを接続することによって、Walkman(ウォークマン)の充電が可能となっています。

Walkman(ウォークマン)充電対応の市販のUSB出力タイプのシガーチャージャーや

ACアダプタを接続することによって、Walkman(ウォークマン)のUSBを車の中や充電しながら動画をカーナビ、テレビで楽しむことができます。これはなかなかオススメな機能ですね。

※:接続するUSB ACアダプタはWalkman用で定格出力電流が500mA以上のものを使用する必要があるので、お間違いの無いように!

-お買い物

© 2020 これちょっと気になる Powered by AFFINGER5