お買い物

おらが蕎麦で特盛を鶴見店で食す 冷やし鶏天そば特盛ってこんな感じです

時々、いや、結構な頻度で、無性にお蕎麦が食べたくなる。

でも、なんかお腹にたまらないというか、満足感が少ないと思い、

お蕎麦屋に行くのに躊躇してしまうことがあるのですが、

ありました!

そんな、お腹いっぱいお蕎麦が食べたい方へのスペシャルメニュー!

おらが蕎麦の特盛ってこんなメニューです。

おらが蕎麦というのは、グルメ杵屋のチェーン店なんですけど、

チェーン店でも、味は確かなんじゃないかと思います。

結構色んなメニューを食べていますが、期待を裏切られたことはない感じです。

で、特盛というのは、冷やし鶏天そばの特盛というメニューになるのですが、

大盛りじゃなくって、特盛ですよ。

もう、お腹いっぱい食べれそうな感じですよね。

普通のお蕎麦とどう違うかと言うと、麺の量が1.5人前、からあげが通常5個のところ

8個も入っている、文字通り、特盛のお蕎麦です。

特盛と注文した時の、アルバイトの女の子のざわめきを黙認し、食べることに専念します!

特盛のアクセントは一切れのレモン

お蕎麦にレモン?という感じがするのですが、お蕎麦にというより、

唐揚げのセットにレモンが付いている感じです。

確かに、唐揚げ8つは、結構な量なんですよね。

でも、このレモンを食べる前に絞ることによって、大変さっぱりと最後まで食べられるんです。

このレモンがないと、きっと、油で思っ苦しい唐揚げになってしまうのが、

レモンのおかげで、最後まで美味しくいただけます。

一切れのレモン、バカにしてはいけません。

お蕎麦屋さんのワサビをなめてはいけない!

ワサビは、別の小皿で出されるんです。

そじ坊のように、自分ですりおろすことはないんですが、このワサビがまた

結構辛いんです。小皿にそこそこの量のワサビが出てくるので、一度に

お蕎麦の中に投入。あんまり混ぜないでお蕎麦を食べ進むと、突然、ワサビの

辛味がやってきます。

このワサビは、馬鹿にできません。きっと新鮮なワサビを、細かく擦っているんだろうなあ

とか思ってしまいます。

ワサビの辛さは、漫画美味しんぼの知識によると、鮫皮など、専用のおろしで、

細かく擦れば擦るほど、細胞が壊れて辛味が増すんです。

きっとこのワサビもそんな仕上げ方をされているに違いない!

と思います。

なんと言ってもお蕎麦が美味しくないと。

おらが蕎麦、チェーン店なんですけど、結構、お蕎麦美味しいんですよ。

今回食べにいきました、ウィングキッチン京急鶴見店というのは、

京浜急行鶴見駅のガードしたのウィングキッチンという、商店街の中に

あります。実は改装前はうどん屋の杵屋が入っていたのを私は知っています。

うどんは、ちょっと炭水化物がとか、思ったりしますが、お蕎麦なら大丈夫!

まあ、グルメ杵屋グループ全体として味は統括しているのでしょうから、

チェーン店としては結構ないい味を出していると個人的には思います。

おらが蕎麦 冷やし鶏天そばのまとめ

美味しいお蕎麦を、腹いっぱい食べたい!

という方には、大変オススメです。

大丈夫、男性なら、結構、ペロッといけちゃいますから。

って、この夏、から秋にかけて、何回食べにいったかなあ。

ちょっと、店長さんが怪訝そうな顔をするのに、ちょっと傷ついています。(笑い)

 

-お買い物

© 2020 これちょっと気になる Powered by AFFINGER5