暮らしの知恵

ペットボトルをきれいに洗う方法について!

お茶とか、炭酸飲料とかが入っていたペットボトル。さっさと捨ててしまえばいいんですが、さりとて、あの大きさの入れ物ってあるとそれなりに便利なんですよね。であれば、きれいに洗って再利用する方法についてまとめました!

ペットボトルをきれいに洗う方法について

なんでも売っているアマゾンから面白い商品が出ていましたので、ご紹介します。

マーナ ペットボトル洗いビーンズ K117


さすがはアマゾン、何でもありますよね。この「ペットボトル洗いビーンズK117」は、ペットボトルの中に入れて振るだけでペットボトルの中をきれいにしてしまうというスグレモノです。
なんだか見た目も可愛らしくできているじゃないですか。使用方法は結構簡単です。
  1. 洗いたいペットボトルの中に1個もしくは2個のビーンズを入れます。
  2. 次に、水またはお湯を深さ1~2cmくらいまでペットボトルに注ぎます。
  3. ペットボトルのフタをしっかり締めたあとに、上下左右に素早く30秒くらい振り続けます。振る時間については汚れ具合に応じて、長くしたり、短くしていただいて問題ありません。
  4. 最後に、汚れた水を捨てて、ビーンズを取り出したあと、きれいな水ですすいでください。

なんと、このビーンズ、使い捨てではないんです。

ちょっと、得点高いと思いません?

サンコー ペットボトル洗いブラシ BL-23


 

これもまあ、タワシと言えばタワシみたいなものなのですが、そこは、アマゾン、ちょっとひと味違います。何が違うって、この、ブラシごと、ペットボトルに入れてしまっていいんです。使い方はこんな感じです。

  1. ペットボトルに水と、クリーナー(このタワシのこと)を入れて、フタをしてください。そして、おもむろにシャカシャカとペットボトルを振るだけで、クリーナー部分がペットボトルに触れて汚れを落とす仕組みになっています。
  2. 洗い終わったら、リングを引き出すだけで、洗浄完了です。水を捨てるときに、クリーナーに付いているリングが取りやすい場所に先に出てくるので、引っ張って、クリーナーを取り出しましょう。それでも、リングが取り出しにくい時は、数回振ると出てきます。

 

昔は、ペットボトルとかの、長い容器を洗うときには、なんだか長いブラシのようなタワシを使って、大変苦労した記憶がありますが、世の中随分便利になったものです。

なにせ、洗うと言っても、クリーナーをペットボトルの中に入れて振るだけですので、小さなお子さんにだって簡単にできてしまいます。

ペットボトルをきれいに洗う方法!卵の殻や重曹が使えるの?!

これは、完全におばあちゃんの知恵みたいな話ですね。でもバカにしたものでもないんですよ。卵の殻には、研磨作用というのがあって、殻の内側の膜を剥がして細かく砕いたあと、

少なめの水と一緒に入れて振ります。あ、また振るのね。少しでいいので洗剤を入れるとより効果的です。ペットボトルの内側に汚れがあって、こすれば取れるような汚れだと、はっきりと効果が実感できるはずです。

麦茶とか烏龍茶を長いこと入れていると、どうしても内側がくすんで来ますよね。そういったときに使うと効果抜群です。

ペットボトルを重曹で洗うのも効果的です

重曹、またの名を、炭酸水素ナトリウム、こんな呼び方で呼ぶことは少ないですが、重曹というのは、いろんなところで掃除に利用されますよね。当然、ペットボトルを洗うのにも効果的です。

ペットボトルにぬるま湯を入れて、その中に重曹を小さじ1~2杯程度いれて、一晩、もしくは数時間置いたあとに、これもまた中身をよく振って掃除をします。

汚れがひどい場合は、なかなか落ちづらい場合もありますが、大抵の汚れは簡単に落ちてしまうでしょう。

重曹による掃除は、ペットボトルときれいにするだけでなく、殺菌・消毒効果が期待できるというのがポイントです。

空き瓶には、熱湯消毒という技が使えますが、ペットボトルには熱湯は注げませんので、重曹を利用して殺菌・消毒するというのは、思った以上にメリットだと思います。

ペットボトルをきれいに洗う方法についてのまとめ

ペットボトルをきれいに洗う方法について、ご紹介させていただきました。昔であれば、長い棒のようなタワシを使ってとかしかなかったと思うんです。思った以上に、いろんな洗う方法がありますね。特に、感心したのは、アマゾンの製品について特に思いましたが、

きれいに洗うのも、楽しみながらやれそうじゃないですか。ぜひ、気に入った方法があれば、お試しくださいね。

 



-暮らしの知恵

© 2020 これちょっと気になる Powered by AFFINGER5