リョウシンJV錠は五十肩に効くのか実際に試してみました

スポンサーリンク

リョウシンJV錠は五十肩に効くのか実際に試してみました。

最近肩が上がらないというよりやたらと肩が痛い。

Web でいろいろ調べるとマッサージとかがあるようなんだけどなんだか金額がやたらと高い。
何かいい方法ないかなと五十肩と検索すると一番上にリョウシン JV 錠が書いてある。

北陸富山の医薬品リョウシン JV 錠、テレビ CM でもよくやっているわけですが、
正直、まだ自分自身が使うようになるとはとても思っていませんでした。


イメージとしては膝痛に使われる薬品と言うか商品というイメージで、肩が痛い場合に利用する薬と言うイメージが少なかったんですね。

ここ2週間ほど、夜寝ていて寝返りを打つと肩の激痛で目が覚めると言う大変厄介なことになっておりましてだったら飲んでみるかリョウシン JV 錠ということで利用を開始しました。

これからしばらく、服用を続けていきたいと思います。

リョウシン JV 錠初日の服用

第1日目に服用したのは、 寝る前になります。
あまりにも肩が痛いので、このまま寝るときっとまた目が覚めるな、これはまずいなと思い
服用してみました。

標準的な大人は、 1回、 2錠~3錠、服用することになっていますが、

今回はあまりにも肩が痛いので、初めから3錠服用いたしました。

その日の夜は少し薬が効いたのか、これまでより多少肩の痛みが薄らいだような気がしました。

まあいくらなんでも飲んだその日にすぐに痛みが全部なくなるということはまあないんだろうなーと思っておりましたが、

それでも服用しないよりかはマジだったのが第1日目です。

翌日会社に出勤し肩の痛みを気にしておりましたがリョウシン JV 錠を飲まない日に比べると

肩の痛みが若干薄らいでいます。さすがに全く痛みがないというわけではないのですが、

飲むまではもう腕を動かさなくても肩が痛い状態だったので、それに比べれば肩を動かさなければ

あまり痛みは感じない、そんなところまで効果を感じられました。

明日以降しばらく服用を続けていきたいと思います。

リョウシン JV 錠の良いところは服用が1日に一回となっているため、毎食後に服用を気にする必要も

なく家に帰ってから寝る前に飲めばいいというのは大変助かるところです。

別の記事にも書きましたがリョウシン JV 錠というのは武田薬品のアリナミンと大変よく似た成分を持っています。

アリナミンがどちらかと言うと栄養補給と言う打ち出し方をしているのに対してリョウシン JV 錠は

痛みによく効くそんな打ち出し方してるんじゃないかなと思います。

リョウシン JV 錠についてはインターネット上では全く聞かないと言った

厳しい声も見られることもあってどうなのかなと思うところもありましたが初日については

間違いなく効果があったんじゃないかなと思います.

リョウシン JV 錠二日目の服用

二日目もやはり用心の意味もあり3錠服用しました。

明日、日中肩の痛みがどれぐらいかは興味があるところです。

そして、次の日、会社に行きましたが、ちょっと肩に痛みが残っている。。

そういえば、リョウシンJV錠を飲む前に、間違ってビールを飲んでしまった。

きっとそのせいで、効果が弱いのかとか思いましたが、それでも、飲み始める前に

比べると、肩の痛みは和らいでいます。

ネット上のいろんな記事に記載がありますが、そんなに、急激には効果が上がるものでは

なさそうです。毎日定期的に飲み続けることがやはり重要なような気がします。

リョウシンJV錠 三日目の服用

大体、会社から帰ってきて、夜寝る前に飲むのがパターンとなってきた。

寝る前に、また、寝ている間に肩に激痛が走ることを想像すると、

薬も飲み忘れることは無いのかと思います。

おかげさまで、だいぶ方の痛みがおさまってきたようです。

1日1回飲めばいいというのは、大変助かります。これが、毎食後1日3回

とか言われると、きっとどこかで忘れるんだろうなあとか思います。

リョウシンJV錠の成分の内、痛みに効く成分というのは、

シアノコバラミン

ピリドキシン塩酸塩

ガンマ・オリザノール

といった成分が紹介されていますが、まあ、どれが効いているかは、

正直わかりませんが、ともかく、安心して眠ることができるというのは

大変ありがたいことです。

 

 

コメント