テレビ

佐伯夕利子さんのプロフィールや指導法について

世界中で活躍する日本人の方というのは、大変多くいらっしゃいますが、海外で女性で、プロサッカーチームの監督をしていたなんていうと、え、どんな人なの?と興味が出ます。佐伯夕利子さんというのは、今、久保建英選手が在籍しているビジャレアルでも長年コーチングスタッフを務められていました。

 

佐伯夕利子さんのプロフィールについて

出身地:イラン テヘラン

生年月日:1973年10月6日

1973年がどういう年だったかというと、イランというか中東では第4次中東戦争が始まり、オイルショックが日本にも波及してくるという、かなりきな臭い時代になりますが、父親が航空会社に勤務されていたため、海外でお生まれになられています。

高校は、日本大学鶴ヶ丘高等学校をそつぎょうされていますが、日本、台湾、スペインといった国を経験されています。

  • 1992年にスペインに移住した際に、スペイン語の習得も兼ねて地元のサッカークラブに翌年の1993年には指導者の道を目指すべく、現地のサッカースクールに入られています。

ちょうど20歳から、サッカー指導者を目指して歩まれているので、学生時代も当然サッカーをやられていたんだろうなあというのは想像がつきます。

  • 1995年にはスペインサッカー協会公認のライセンスを取得し、あの、レアル・マドリードの下部組織や、ジュニア・ユース世代の指導を担当されています。そんな日本人がいたんだ、しかも女性でという驚きを禁じ得ません。

セレッソ大阪の西澤明訓選手がRCDエスパニョールに移籍した際や、レアル・マドリード、サッカースペイン代表が来日した際の通訳、J SKY SPORTS(現J SPORTS)で放送されていたリーガ・エスパニョーラ中継のコーディネーターを務めたことがあります。

かなり異色というか、こういった経歴をお持ちの方はなかなかいませんよね。

 

佐伯夕利子さんの監督歴について

  • 2003年には、日本人および女性として初めてNIVEL III(JFAのS級ライセンスに相当)を取得。同年、リーガ・エスパニョーラ3部「プエルタ・ボニータ」の監督に就任する。リーガ・エスパニョーラのトップチームの監督に就任した日本人および女性も彼女が初めてである。

スペインリーグ、リーガ・エスパニョーラの監督が日本人?しかも女性?そんな事もあったようです。

  • 2004年には、アトレティコ・マドリード女子Bチームの監督に就任。その後、女子トップチームのスカウティング・育成部門、女子Cチーム育成副部長を担当。
  • 2007年、バレンシアCFトップチームのセクレタリーに就任したが、2008年4月に解任される。
  • 2008年9月よりビジャレアルCFの育成部スタッフとなる。2009年8月からはユースAチームコーチングスタッフアシスタントとなる。

スペインでは、指導現場の傍ら、スペイン遠征やサッカー留学等をコーディネートするスポーツ・ビジネス会社“OFFICE25"を経営。 スペイン及び日本においてサッカークリニック、講演会、専門誌へのコラム寄稿、試合の実況解説なども務める。

佐伯夕利子さんついに日本のサッカー界の要職に

  • 2018年3月、Jリーグを運営する(公社)日本プロサッカーリーグの特任理事(非常勤)に選任される。2020年3月、(公社)日本プロサッカーリーグの常勤理事となり、スペインを離れ日本に帰国することになった。

これだけの経歴の方ですから、流石に日本のサッカー界も、ほおっては置かないでしょう。

 

 

 

佐伯夕利子 ツイッター

佐伯夕利子理事

-テレビ

© 2020 これちょっと気になる Powered by AFFINGER5