ニュース

桜を見る会 閣議決定 菅義偉官房長官 反社会的勢力の定義は困難と回答

桜を見る会に反社会的勢力が参加したということが

大いに問題にされている。

では、反社会的勢力とは一体なんなのか、政府の見解が大いに揺れています。

桜を見る会 閣議決定 反社会的勢力の定義は困難!

驚いた見解が出されてしまったものです。

 政府は10日、首相主催の「桜を見る会」に出席していたとされ問題になった「反社会的勢力」について、「あらかじめ限定的かつ統一的に定義することは困難」とする答弁書を閣議決定した。立憲民主党の初鹿明博衆院議員の質問主意書に答えた。

出典:朝日新聞

民間の多くの企業においても、反社会的勢力との取引はしないようにとか

いわゆる、反社条項という、条項を契約書に盛り込んで契約を締結する。

そういった企業間取引が多いというのに、反社会的勢力について

「あらかじめ限定的かつ統一的に定義することは困難」と政府が言ってしまったら

これは、まずいでしょう。安定のガースー、菅官房長官が悪い訳ではないでしょうか。

なんとも、煮え切らない回答を出してしまったものです。

桜を見る会 閣議決定 ネット上の声は

喫煙を咎められた子が証拠隠滅で放火して山ひとつ全焼
みたいな事になってきた、
嘘と言い訳で定義まで弄った影響はどこまで延焼するのかな。

出典:ヤフー

これは、なかなか良い比喩と言っていいかもしれませんね。

一度付き始めた嘘を修復するのは大変難しいでしょう、安倍首相、菅官房長官とも、

大変難しい、舵取りをしなければならないというのは、間違えなさそうです。

 

桜を見る会 閣議決定 実は反社敵勢力の指針が示されていた

実は、反社会的勢力というのはどんなものなのか、2007年に政府がまとめた

指針が存在しており、その中では、反社会的勢力を「暴力、威力と詐欺的手法を駆使して

経済的利益を追求する集団または個人」と定めていました。

なんとわかりやすい、これでいいではないですか。

菅義偉官房長官は記者会見で「指針は何だったのか」と問われ、

「民間企業はこの指針を踏まえたうえで、暴力団をはじめとする反社会的勢力との

関係の遮断のための取り組みを着実に進めている」と述べた。

記者団が重ねて「元々定義は困難という認識なのか」と問うと、

菅氏は「そうです」などと語った。

出典:朝日新聞

まずい、これはまずいよ、開き直っちゃいましたね、仕方がないっちゃ仕方が無いんですけど、

こうなると、野党が騒ぐんだろうなあ、そんなことしている場合かよと、国民の多くは

思っていると思うのですが。。。

もっと重要法案の審議とか無いんですかねえ、あると思うんですけど。

桜を見る会 閣議決定 初鹿明博の質問主意書

まず、質問主意書ってなんやねんということになるのですが、

参議院のホームページによると

 国会議員は、国会開会中、議長を経由して内閣に対し文書で

質問することができます。

この文書を「質問主意書」と言います。質問しようとする議員は、

質問内容を分かりやすくまとめた質問主意書を作り、議長に提出して

承認を得る必要があります(国会法第74条)。

議長の承認を受けた質問主意書は、内閣に転送され、内閣は質問主意書を

受け取った日から7日以内に答弁しなければなりません。

7日以内に答弁できない場合は、その理由と答弁できる期限が議長に通知されます

(国会法第75条)。

国会法というの法律に定められた、正しい手続きなんですね。

その回答が、内閣から答弁されないといけないのですが、

それなりに重みのある意味合いを持つことになってしまいました。

質問された、初鹿明博国会議員のツイッターですが、

https://twitter.com/AkiHatsushika/status/1204270988394778625?s=20

これは、流石におっしゃるとおりだと言わざるを得ない感じです。

この立憲民主党の初鹿明博衆議院議員、よほど、この桜を見る会が気になっているようで

今回が質問主意書の提出が初めてな訳ではありません。

過去にも、桜を見る会への質問主意書を提出していて

1.来年度の概算要求において「桜を見る会」の予算額を前年度の三倍の額で要求したのはい

かなる理由からでしょうか。

2.過去五年、参加者数が増加している一方で、会場等設営業務、飲食物提供業務のどちらに

ついても、参加者一人当たりの単価が増加していますが、この金額が妥当であったか検証

すべきだと考えますが見解を伺います。

3.そもそも、国の予算を使い内閣総理大臣が主催する「桜を見る会」を開催する必要がある

  のでしょうか。開催の取りやめも含めて検討すべきだと考えますが見解を伺います。

4.今後も開催する場合、「桜を見る会」を税金を費やして開催する意義や必要性について

政府の見解を伺います。

出典:衆議院

結局、来年は「桜を見る会」は開催されなくなってしまったので、

ある意味、税金の無駄遣いがなくなってよかったということなのか、

安倍首相の後援会としては、楽しい場がなくなって、残念だと言うことになるのか

まあ、どうでもいいですが、消費税が上がって、景気が急速に悪化しているとの

レポートもちらほら出てきているようです。

国民の暮らし向きが、少しでも良くなるように、議論を期待したいですね。。。

 

-ニュース

© 2020 これちょっと気になる Powered by AFFINGER5