総持寺のお祭り駐車場はあるの日程や準備状況について

催し物
スポンサーリンク

総持寺のお祭り 駐車場は確保されているのか?

普段は参拝客の皆様用に立派な駐車場が確保されています。

残念なことに、お祭り当日は、その、駐車場が盆踊り会場になってしまいますので

大きな駐車場はないと思っていただいたほうが良いと思います。

JR鶴見駅から徒歩10分程度です。車で来るのも悪くはないですが、

ぜひ、駅から総持寺の参道を通って、盆踊り会場に足を運んでみてください。

盆踊りを準備中の会場の写真です。

ごらんのように、今は駐車場になっていますが、盆踊りのやぐらが

設置されているので、当日は、車の出入りはできなくなります。

お越しの際は、公共交通機関を使いましょう!

スポンサーリンク

総持寺のお祭り 日程は?

お祭りというのは、正式には御霊祭りといいます。

例年、7月17日、18日、19日の3日間で開催されます。

日にちが決まっているのはいいんですが、7月17日、18日、19日が

すべて平日であっても、普通に開催されます。

たまには、休日とか考えて、日程をずらしてもいいのではないか?

という気もするのですが、過去、ずれたことは1度もありません。

唯一注意する点があるとすれば、

開催されない年があった。ということでしょうか。

「諸般の都合により、本年の御霊祭りの開催は中止となりました。」

という掲示が、ずいぶん早くから、お寺の境内にたくさん貼られたことが

過去あります。

詳細は、不明ですが、前年に何らかの不祥事があったか何かなのかもしれません。

スポンサーリンク

総持寺のお祭り 花火や屋台は?

総持寺のお祭り 花火はどうなってる?

総持寺のお祭り、花火は、だいたい、19時40分ごろからスタートします。

盆踊り会場の大勢のお客さんを、花火に危険が無いように、移動させてからの

スタートになるので、毎年、少々遅れ気味です。

私も、横浜在住が長いので、山下公園の花火とかはよく見るのですが、

花火って、遠くで見るもの、というイメージが有るのですが。

総持寺の花火は、それこそ、目の前で打ち上がる感じです。

ですから、花火は、前を向いて見るというより、上を見上げる感じです。

花火の火花が開くのもきれいなのですが、音の迫力がすごいです。

自宅が近所の私は、祭りに行かない年は、机に向かっていると、

ドドーンという音というか、振動が自宅の椅子を揺らして、

何事かと思って、玄関を開けると、あ、花火が上がっているという感じです。

というくらい、結構な迫力です。

↓準備中の写真

↓盆踊りの最中の写真

こんなに、どこから人が湧いてきたんだろうかという感じがします。

ま、こんなのはまだ序の口ですね。


 

総持寺のお祭り 屋台はどうなっている?

総持寺のお祭り、屋台は結構盛大です。

参道の左右にズラリと並ぶ感じです。

大変、多くのお客様が来場されますので、毎日参道が通勤経路の私は

お祭り期間だけ、迂回路を探さないと、いけないくらいの混雑になります。

屋台の種類は、そうですねえ、一般的な物が多いでしょうか。

たいやき、たこやき、金魚すくい、射的、金魚すくい、焼き鳥、焼き肉・・・

なんか、食べるものばかりが思い出されるのですが。

総持寺は、お祭り以外にも屋台が並ぶ行事が多くて。

お正月の新年参拝、節分、お祭り、鶴見大学の文化祭とか、折に触れて

屋台が並びます。

新年参拝と、夏のお祭りは、準備期間も長くて、盛大に並んでいる感じがします。

料理を作っている職人さんも、あ、この人、この前もいたなとか、

おなじみの方がいたりして、料理もそれなりに美味しいです。

お祭り期間は、ちょっと人が多すぎて、お買い物は大変かもしれません。

スポンサーリンク

総持寺のお祭り 盆踊りは一休さん?

皆さん、盆踊りって、どんなイメージですか?

私は、鶴見に引っ越してくるまで、盆踊りなんて、お年寄りが踊るもんだろうと

正直思っていました。

でも、総持寺のお祭りの盆踊りは、全然違うんです。

一番の、盆踊りのテーマ曲は、「一休さん」、ええ、あのアニメの一休さんです。

「好き、好き、好き、好き、好きっ好き、愛してーる。」ってやつです。

ここのフレーズでは、「愛してる!」って叫ぶのがお約束になっています。

なんで、盆踊りに一休さんを使うようになったかというのは、まあ、お寺なので、

ということになるようですが。

どうも、総持寺の若い修行僧の間で、盆踊りのマニュアルが伝わっていて(笑い)

毎年、みんなで練習しているらしいんです。

司会の修行僧の方は、毎年違っているのですが、まあ、うまく進行するものです。

まあ、細かいことを言うと、一休さんって臨済宗のお坊さんなんですよね。

総持寺は曹洞宗。。。まあ、この辺は、気にしなくていいみたいです。

スポンサーリンク

総持寺お祭りについてのまとめ

鶴見の総持寺の近所に越してきて、早10数年が過ぎました。

ここのお祭りの盛り上がりは、ちょっと無いんじゃないかなと思います。

家族連れの方が、特に、小さなお子さんに浴衣を着せて、盆踊りに参加させている。

親子で一緒に踊っている様を見ると、ほのぼのするものです。

近所の知り合いは、お子さんが、一休さん踊りたいと、毎年、毎日参加しています。

 

近所に住んでいるとよく分かるのですが、雪が積もれば、雪かきをし、桜の花が散れば

花びらを片付け、秋に、落ち葉が落ちれば、落ち葉も片付けて、

修行僧の皆さんの日々の行いは、素晴らしいものです。

毎年の、お祭りも、翌日には見事なまでに片付けられていて、大変関心することが多いです。

そんな修行僧の方が仕切る、鶴見総持寺の御霊祭り、ぜひ、一度ご来場ください!

 

 

 

催し物
スポンサーリンク
これ良かったオススメです

コメント