ニュース

タヒチのサーフィン チョープーってどんなとこ?パリ五輪サーフィン会場に決定!

2024年のパリ五輪のサーフィン会場として、南太平洋のフランス領タヒチが

選ばれました。

パリから、なんと約1万5000キロ、飛行機で23時間、まるで

地球の裏側のような場所です。

では、タヒチのチョ-ブーとはどんな場所なんでしょう?

タヒチのサーフィン チョープーってどんなとこ

勇ましい、名前ですが、地球上で最も美しく凶暴なサーフィンスポットと呼ばれています。

タヒチの南東部、海岸を走る国道の途切れた場所に位置しています。

世界最高峰で戦う、プロボクサーでも「恐ろしい」と口を揃えるほどの、大変な波のある

サーファースポットとなっています。

パリ五輪のオリンピック委員会は、「世界で最も美しい波で、すばらしい試合になる」と

発信しています。

なるほど、飲み込まれそうな圧倒的な波ですね。

こんな動画もありました。

チョープーの巨大なバレルにサーファーが飲み込まれてしまいます。

ボトム付近でのワイプアウト直後、360度近く周ったリップから放り出されるように

ボトムに叩きつけられています。なす術もなく数分間も海中に沈めれ、

鋭いリーフで体中に深い傷を負ったとのことです。

パリ五輪サーフィン、タダでは済まないような気がしてきましたね。

なんだか、東京オリンピックのサーフィン会場との格の違いを感じざるを得ません。。

最終的な実施については、国際オリンピック委員会(IOC)の承認が必要となります。

フランスメディアによると、IOCのバッハ会長は、複数の候補地がある場合、

「開催都市に近い場所が望ましい」という方針を示していたと言われています。

サーフィン会場には、タヒチのほか仏南西部ビアリッツなどが候補にあがっていた。

長いオリンピックの歴史のなかでも、異例の決定と言って良いでしょう。

マラソン競技が札幌で開催されることになった東京オリンピックもびっくりな

決定です。

タヒチのサーフィン チョープー タヒチってどこですか?

サーフィンに慣れた方とか、旅行好きな方ならいざしらず、

そもそも、タヒチってどこにあるの?

そんな方のために、基本情報をまとめてみました!

南太平洋のほぼ中央にタヒチは位置しています。

いちばん有名なのは「ボラボラ島」になるのではないでしょうか。

118の島々を総称した呼び名となっており、フランス領の高級リゾート地として

知られています。当然、いろいろなところに、フランス的な影響を随所に受けています。

ポリネシア文化の発祥の地とも言われていて、

国際空港があり、首都(パペーテ)のある島がタヒチ島となります。

これ以外に、ボラボラ島、タハア島、モーレア島など、118の島々がある5つの諸島全てが

タヒチと呼ばれています。

面白いことに、国名はフランス領ポリネシアと呼ばれているんです。

 

それぞれの島が特別な魅力を持ち、さまざまな表情をみることができ、まったく違う顔をしているのがタヒチの島々、大自然が作り出した、珊瑚礁(ホワイト)、山々(グリーン)、夕日と花々(レッド~オレンジ~ピンク)、ラグーン(ターコイズブルー~エメラルドグリーン)など、何層もの色あいをみせるタヒチの島々では、画家ゴーギャンが愛した発色のすべてが豊潤なパレットとなり、訪れる人々の心に刻み込まれます。

タヒチのサーフィン チョーブー オリンピック競技実施に喜びの声

サーフィン会場に決定したタヒチのチョーポー(Teahupoo)は、ワールド・サーフリーグ(WSL)の男子ワールドツアーが行われるなどビッグウェーブの名所の一つとなっている。タヒチサーフィン連盟(FTS)の会長は、「本当にうれしい驚きであると同時に、われわれの歴史が認識されることになる。つまり、ポリネシアがサーフィン発祥の地としての名誉を回復する機会となるだろう」と述べた。

大会組織委員会によると、候補地となっていた他4会場の環境への影響やコスト面などで差異はなかったという。また、夏季のチョーポーはサーフィンにうってつけの波が期待できることが、フランス気象局(Meteo-France)の調査で示されており、タヒチは「競技面」でも推奨されたという。

その一方で、チョーポーの波は危険すぎるために女子のワールドツアーが開催されていないことから、同地が選ばれたことは物議も呼んでいる。大会組織委員会は、慎重にスケジュールを組むなどして、女子のサーフィン開催に向けての問題点を回避するとしている。

出典:AFP

もともと、サーフィン会場としてはそれなりの歴史がある地域ですので、

その喜びもひとしおでしょう。

タヒチのサーフィン チョーブー ネット上での声

日本のトライアスロンとか東京湾とかでやらない方がいいと思う

今夏40度越えだったパリ。サーフィンよりもマラソンをどうするか考える方が先では?

まあ開催する直前に変更されるより事前通告の方がいいよね。

各都市が開催したい競技毎に立候補したら?

出典:ヤフー

ネット上での声は、驚きと、東京オリンピックと比較した声が多く上がっています。

水質が心配されている東京湾のトライアスロンと比較されると、タヒチの波は

さぞかし美しいでしょう。

サーフィンは、タヒチ開催となりましたが、パリの夏は暑いです。マラソンも他の都市での

開催になるのではといった話も出てきます。

あまり、一箇所での開催に絞らずに、こうなったら、いくつかの地域で分散開催

というのも、選択肢になってくるのかもしれませんね。。

大体、8月にアメリカの放送局の都合で、オリンピックの開催時期を決めようとするから、

各地で開催とか、おかしなことになるんだと思うのは、私だけでしょうか?

 

-ニュース

© 2020 これちょっと気になる Powered by AFFINGER5