食事

とり天とだんご汁の定食をやよい軒で食べてきました

やよい軒のメニューというのは、いつ見てもオーソドックスな定食感があって安心なのですが、とり天とだんご汁の定食が新発売になったので、食べてきました。「とり天」と「だんご汁」というのは大分県の郷土料理なのだそうで、結構美味しくいただきました。

とり天とだんご汁の定食をやよい軒で食べてきました

 

とり天とだんご汁の定食、全体感としては、上の写真のように出されてきます。

とり天は文字通りとりの天ぷらです。鶏肉はからあげの場合が多いので、ちょっとめずらしい感じですよね。

ポン酢と辛子をつけて食べます。それ以外に、柚子胡椒もついてくるので、好みに応じでつけていく感じですね。

だんご汁というのは、食べる前は、鳥肉のだんごでもスープに入っているのかと思っていましたが、

右側のスープに入っている、うどんのようなものを、だんごと呼ぶようです。

だんごというより、きしめんのうどんという感じでしたね。味噌味になっているので、ちょっと具の多い、お味噌汁という

感じです。

メインのとり天

数は、一応4つなんでしょうか。くっついてしまっていたので、ちょっと分かりづらかったのですが。

これを手前のポン酢につけて食べます。ソースとか、醤油ではなく、ポン酢が実によく合います。

右側はやよい軒でもお馴染みのサラダですね。ドレッシングはすでにかかっている状態で出てきます。

白米ではなくもち麦ご飯を選択

まあ、白米でも良かったんですけど、白米を食べすぎて、豊臣秀吉がなくなったという某歴史番組の影響で、もち麦ごはんを選択。

30円高くなるんですけど、まあ、いいでしょう。もち麦なのに、何故赤飯のように赤くなっているのかはちょっと不思議な感じがします。

だんご汁はだんご汁というよりきしめんうどん

こちらが、だんご汁と呼ばれるスープです。お団子ではないですね。きしめんのうどんに、豚肉とか野菜の具が盛り沢山に入っている感じです。

普通の定食についているみそ汁よりかは、明らかに大きいので、大きな豚汁を頼んだようなイメージになります。

こちらは、漬物になるのですが、以前は、テーブルに大きな入れ物があって、複数人で取り分けていたのですが、

やはりコロナウィルスへの対応何でしょうね。一人ずつ、こんな大きな瓶に入って提供されます。

こんなに大きな必要は無いんじゃあないかなあと正直思いますが。。。

とり天とだんご汁の定食としては、お肉有り、野菜あり、とってもバランスの取れた定食なのかなあと思いました。

いろいろなものが少しずつ入っている感じなので、飽きることなく食べることができます。

とり天も、ポン酢味なのでさっぱりとしていただくことができます。

やよい軒アプリのクーポンで卵焼きをゲット

やよい軒に行くときはスマートフォンにやよい軒のアプリをインストールしてから行くのが大変おすすめです。

ポイントを貯めると、上の卵焼きがもらえたり、チキンナゲットやエビフライに交換することが可能です。

大体5回行くと貯まる感じですが、特に有効期限とかもないので、ぜひ、スマホにアプリをインストールしてから行きましょうね。

このQRコードにかざしてポイントをためて行くのが大事です。

だしサービスのお茶漬けは結構目新しいです

最近始められたサービスで、ご飯をおかわりするところに、だし汁が入ったポットが設置されています。

お椀にご飯を少なめに盛って、だし汁を掛ける。テーブルに戻ったら、漬け物と七味唐辛子を掛けると立派なお茶漬けの完成です。

これが、馬鹿にできない美味しさなんで、一度お試しください。まじで2杯目を普通にご飯で食べるか、お茶漬けにするか悩みます。

あ、3杯食べればいいじゃんという話もあるんですが、いかにしてもお腹いっぱいになってしまうので、自重しています。

とり天とだんご汁の定食についてのまとめ

だんご汁はうどんだったというのは、ちょっと意表をつかれましたが、全体としてはさっぱりとして美味しくいただける定食だと思いました。

また、新しいメニューが出たら食べに行きたいと思います。

やよい軒のその他のメニューです

やよい軒のすき焼きも1.5倍・アプリでエビフライ2本をタダでもらおう!

とり天のメニューであればとり天そばもおすすめ!

おらが蕎麦とり天そばの特盛を食す・冷やしとり天そばってこんな感じです

-食事

© 2020 これちょっと気になる Powered by AFFINGER5