東芝冷蔵庫ベジータ GR-M36SXV-EWの評判はどうなの?オススメのポイントはこちら!

冷蔵庫

東芝冷蔵庫ベジータ GR-M36SXV-EWの評判はどうなの?オススメのポイントはこちら!

かつては日立、パナソニックといった企業と並んだ白物総合家電メーカーの東芝が誇る

ベジータシリーズ。まだ発売後間もないので、口コミとかは少なめですかね。

そんなところ、どんな機能があるのか調べてみました!

▼商品の詳細はこちらから▼

スポンサーリンク

「保存を超えて旨さまでチルド以上のチルド登場!」というのがキャッチフレーズになっています。

もう少し具体的に言うと、

ベジータ冷蔵庫 なんとチルドで旨味を高めるって?

旨味を高める機能があります!これは結構びっくりな機能ですが。。

生鮮食品の鮮度を約7日間キープしておくことが可能となる機能です。

約7日間って、一週間じゃないですか。

偉いものを開発したものです。

しかも、チルドに入れる前より美味しくなるって、どんな機能なんでしょうね。

とっても楽しみです。

確かに、一度、完全に冷凍してしまうと、解凍したときに、どうしても味が落ちてしまう

といったことはありますよね。そういったことを防ぐための、新しいチルド機能となっています。

ベジータ冷蔵庫 鮮度を守るチルドモード

急激に冷やすことにより、商品の鮮度を落とさない機能ですね。
大風量とアルミトレイの効果でパワフルに。ギリギリ凍らない約-4℃で芯まで冷やすため、食材の細胞を壊さず、風味や栄養を逃がしません。
と商品説明にありますので、そうか、冷蔵庫の中で風を吹かせるようなイメージなんですね。
冷たい風を吹き付けて、急激に冷やす。
なるほど、それは急激に冷えそうな気がしますよね。

ベジータ冷蔵庫 解凍モードもあるチルド?

チルドルームというのは、一般的には、冷やすための機能かと思っていましたが、
解凍もできる機能があるんですね。
いやあ、しりませんでした。
旨味と栄養を守る「急速解凍」というのがポイントのようです。
冷気で包み込んで一気に解凍するというのがポイントになります。
解凍って、単に凍ったものを溶かせば良いのかと思っていましたが、
約-7℃程度にまで、温度を上げて、包丁が入るくらいにするのが
ポイントのようです。
あまり温かくしてしまうと、美味しい肉汁が流れ出てしまい、
解凍失敗になってしまうようです。
冷蔵庫
スポンサーリンク
これ良かったオススメです