梅雨の洗車は意味があるのだろうか?どんな洗車が効果的?

暮らしの知恵

雨が振り続ける梅雨の季節、せっかく洗車をしても、また雨で汚れてしまう。

車を持っている人なら、一度は思ったはず、梅雨の時期、洗車をする意味は

あるのだろうか?

この記事では、そんなあなたの疑問に答えていきたいと思います。

スポンサーリンク

梅雨の洗車に意味はあるのだろうか?

梅雨の時期は、雨が汚れを落としてくれる。洗車をしても、すぐに、雨で汚れてしまう。

そんなことを考えていると、正直、梅雨の洗車というのは、なかなか億劫ですよね。

でも、洗車って、文字通り、車を洗うという意味合いだけでなく、

車の不具合や、ボディについたキズの点検といった行為も一緒に行われるものなので、

梅雨の間の洗車をないがしろにするのは、ナンセンスです!

普段、車をおいている駐車場の屋根の有無とか、どれくらいの頻度で車に乗るかにも

よりますが、考え方を少し変えて、雨の前だからこそ洗車をしよう!と考え方を

変えたほうが良いかもしれませんね。

確かにせっかく洗ったばかりのピカピカの車が雨に濡れてしまうのは

あまり気分的に良いものではありませんが、ボディーを汚れたままにしておくと

ボディーにキズや汚れが付きやすい状態になってしまいます。

さらに、そこに雨が降ってきたら、さらに汚れが付着しやすい状態になってしまうわけですから

雨が降る前に、ワックス掛けまで済まそう、と思って洗車を実施しておけば、

ボディは汚れが付着しにくい状態になるでしょう。

もし、普段止めている駐車場に屋根があるのであれば、雨が降ってくる前に、洗車、

ワックスがけを完了して、雨の中を走ったら、その後に、汚れを洗い流して拭き取るようにする

こうすれば、車のメンテナンスも割と楽にできるのでは無いでしょうか。

但し、雨の振り始めのタイミングは、よく見計らったほうが良いでしょうね。

ワックス掛けの途中に雨が降ってくると、ワックス掛け自体が中途半端に終わってしまう

可能性があるので、その辺は注意しましょうね。

スポンサーリンク

梅雨の洗車はどのくらいの頻度・タイミングで実施したら良いのだろう

納車間もない頃って、なんだか洗車が楽しくって、わけも分からず、年中洗車をしていたり、

乗りなれてくると、あんまり洗車をしなくなってしまったり、人って、結構勝手な生き物ですよね。

車は機械ですので、定期的にメンテナンスを実施して上げる必要があります。

もちろん、洗車も大事なメンテナンスの一つです。

では、どのくらいの頻度で実施したら良いのでしょう。

これは、概ね1週間から2週間に1回が目安と言って良いと思います。

あまり頻繁に洗車をやりすぎると、驚いたことに、水道水によるキズがつく

という例もありますので、頻度は程々に、忘れないように、定期的に実施する。

というのが大変重要なことになってくるはずです。

たまに、洗車の頻度をワックスを掛ける頻度と勘違いされる方がおられるのですが、

ワックスというのは、ご存知のかたも多いと思いますが、塗装面を保護するためのもので

汚れを防ぐためのものではありません。

よく、ワックスを掛ける頻度は3ヶ月に一度程度という話があるのですが、

この3ヶ月というのは、ワックスを塗ってから3ヶ月間は塗装を保護するための皮膜が

持続します、という意味ですので、洗車の頻度とは、まるで違いますので、注意しましょう。

もっとも、このワックスの持続期間ですが、3ヶ月というのは、かなり良く持つ方で、

実際にはこの半分の1ヶ月半ごとぐらいがちょうど良いかもしれません。

スポンサーリンク

梅雨の洗車 おすすめの方法はどんな方法?

梅雨の間の洗車は道具を一工夫、高圧洗浄機を利用して手軽に洗車を進めましょう!

よく、テレビショッピングとかで扱っていますが、こんな時こそ、高圧洗浄機という

便利な道具があります。

なかなか、スポンジとバケツで雨のなか洗車をするというのも、結構しびれる作業になりますので、

こんな時こそ、道具を揃えて、簡単に洗車ができるようにしたいものです。

高圧洗浄機を利用すると、塗ってある余分なワックス成分も簡単に除去することができますので

おすすめです。文字通り、高圧の水が噴射されますので、頑固な汚れでも、短時間に洗い流すことが

できます。車の上部、天井辺りにも、ホースを使えば簡単に洗車ができますので、

身長が低い方や女性の方でも、簡単に洗車に取り組むことができますよ。

梅雨の洗車は億劫だ、だったら洗車機を使いましょう!

梅雨の洗車が面倒であったり、急いでいる時にはやはり洗車機を使ったケアが便利ですので、

積極的に洗車機を利用するのも一考です。そういえば昔、仕事でリース車に乗っていた頃に

よく洗車機を利用したものです。

だいたい、ガソリンスタンドの方が運転して、洗車機の中まで持っていってくれますので、

運転者の皆さんは、自動販売機でコーヒーでも飲んで、時間を過ごすといったことになる

はずです。

しかも、ガソリンスタンドであれば、多少の点検も実施してくれますから、まあ、

お金はかかりますが、それなりの効果はあるものです。いつも、とは言いません、

お金かかりますから。でも、たまには、洗車機、利用してみるのも悪くないと思いますよ。

スポンサーリンク

まとめ

梅雨の洗車。。。まあ、元気がでないのもわかります。

でも、洗車、大変大切ですよ。

時間、費用、手間を考えつつ、自分にあった方法で、定期的にメンテナンスを

続けていきましょう!

コメント