ニュース

ウガンダのバブーンの生態について

ウガンダで狂暴なバブーンが大増殖していることが話題になっています。バブーン?なにそれ?という方も多分多いと思いますので、どんな動物なのか生態についてまとめてみました。

バブーンってどんな動物?

写真だと、こんな動物です。可愛いものじゃないですか。1匹だけだと、これがたくさんいるとなると、なるほど恐ろしい。

バブーンというのはサバンナヒヒのことを言います

バブーンというと、ちょっと馴染みが無いんじゃないかと思うんです。これ、バブーンというのは、サバンナヒヒの英語名になるんです。

サバンナヒヒというと、ああ、ヒヒの仲間かとイメージが付きやすいと思います。専門的には、霊長目オナガザル科のヒヒ属になり、群れを作って、集団で暮らしていることが多くなります。

霊長目の動物というのは、大きい動物が多く、マウンテンゴリラ(直立身長約2メートル)、チンパンジー(直立身長約1.6メートル)となります。ゴリラもチンパンジーも基本的には森の中に住んでいることが多いため

バブーンが一番身近に見られる動物ということになってきます。

なんか、街中にいますよね。

バブーン(サバンナヒヒ)の生態について

バブーンの身体の大きさとか特徴は?

バブーンのオスは体長が直立して1メートルを超えるようなこともあります。体重についても、30キロを超えるような重さになります。

まあ、ゴリラとかに比べれば軽量級ということになりますでしょうか。比較的がっしりとした体つきが特徴です。やはり、ヒヒ、というか、猿の仲間に分類されるので、群れの中には

ボスと呼ばれるオスがいて、時には 100 頭以上もの群れが,ひときわ体の大きなボスに統率されて行動します。

サバンナヒヒのオスの成獣の顔は,長い鼻筋と犬のように尖った鼻先が特徴で,顔にはほとんど毛が生えていないように,ツルリとした印象です。窪んだ両目は小さく,目と目の間隔がとても狭くなっています。ただしメスや子どもたちはそれほど長い

鼻筋をしていません。オスの体毛はフサフサと厚く,胸から肩に筋肉がつき,見るからに貫禄たっぷりですが,子どもはニホンザルや他のサルの仲間と同様やせて耳ばかりが大きく目立っています。

サバンナヒヒの食性はおもに草食で,草や根,木の実,花,果実などですが,他に昆虫,トカゲ,鳥の卵なども食べます。さらに鳥やウサギ,鈴羊類の幼獣などを捕らえて食べることもあります。私もオスのサバンナヒヒがトムソンガゼルの幼獣のもも肉を,わしづかみにして食べている場面を見たことがありますが,その姿が骨付き肉を食べる人間のように思えて,ゾッとしたものでした。

とはいうものの,サバンナヒヒの赤ちゃんが母親のお腹にしがみつくように抱きかかえられている姿や,尾の付け根に馬乗りになって胸を張っているような姿には,かわいらしさからつい微笑んでしまいます。

通常は見通しのいい草原に思い思いの姿で座り,せっせと両手で草や根を集めては忙しそうに口へ運んでいるサバンナヒヒですが,いつでも数頭のオスは群れの周辺でにらみをきかせ,警戒を怠りません。そしてひとたび異常事態が発生するやいなや,大声で「ギャー,ギャー」とサイレンを発します。すると群れはボスの引率のもと,一斉に移動を始めるのです。

サバンナヒヒの天敵はヒョウで,夜間,木の上で眠っているヒヒに向かって,ヒョウは恐ろしい稔り声をあげます。すると寝ぼけまなこで木から飛び降りたり,あわてる余り落ちたヒヒをヒョウはガブリと,捕食するのです。

ヒョウばかりでなく,ライオン,ハイエナ,ワニ,そして大形の猛禽類も手強い相手です。

サバンナヒヒは野生動物ですが,長年人間の近くに暮らして姿を見慣れてきますと,

人を恐れなくなり,次第に大胆に行動するようになります。初めのうちはゴミ箱を漁るくらいですが,段々と畑を荒らしたり,ホテルやロッジの庭を我が者顔で歩き回ったり,食堂のテラスのテーブルから果物を失敬したり,ドアや窓を開け放したままの客室に侵入して荷物を引っかき回したり,果ては人間の子どもを襲って手に持っている食べ物を奪うという悪さまでするようになります。

野生動物に餌を与えることは固く禁止されていますが,一度でもおいしい食べ物の味を覚えたサバンナヒヒは,車のオープンルーフから車内に乱入し「何かうまそうな食べ物はないか……」という顔で物色するようになってしまいます。数年前のことですが,日本からのある観光客が,ロッジの庭のテラスに置いておいた鞄の中から,サバンナヒヒにフィルムの袋を持ち逃げされ,「私の大事な撮影済みフィルムを返してちょうだい」と,ロッジの従業員が追いかけましたが,とうとう取り戻せなかったというハプニングもありました。

サバンナヒヒはオスの体長が 1 メートルを超すこともあり(直立した場合),体重は
しばしば 30キロにも達するガッシリした体格の動物です。時には 100 頭以上もの群れ
が,ひときわ体の大きなボスに統率されて行動します。サバンナヒヒのオスの成獣の顔は,長い鼻筋と犬のように尖った鼻先が特徴で,顔にはほとんど毛が生えていないように,ツルリとした印象です。窪んだ両目は小さく,目と目の間隔がとても狭くなっています。

ただしメスや子どもたちはそれほど長い鼻筋をしていません。オスの体毛はフサフサと厚く,胸から肩に筋肉がつき,見るからに貫禄たっぷりですが,子どもはニホンザルや他のサルの仲間と同様やせて耳ばかりが大きく目立っています。
サバンナヒヒの食性はおもに草食で,草や根,木の実,花,果実などですが,他に昆虫,
トカゲ,鳥の卵なども食べます。さらに鳥やウサギ,鈴羊類の幼獣などを捕らえて食べることもあります。私もオスのサバンナヒヒがトムソンガゼルの幼獣のもも肉を,わしづかみにして食べている場面を見たことがありますが,その姿が骨付き肉を食べる人間のように思えて,ゾッとしたものでした。
とはいうものの,サバンナヒヒの赤ちゃんが母親のお腹にしがみつくように抱きかかえられている姿や,尾の付け根に馬乗りになって胸を張っているような姿には,かわいらしさからつい微笑んでしまいます。
通常は見通しのいい草原に思い思いの姿で座り,せっせと両手で草や根を集めては忙しそうに口へ運んでいるサバンナヒヒですが,いつでも数頭のオスは群れの周辺でにらみをきかせ,警戒を怠りません。そしてひとたび異常事態が発生するやいなや,大声で「ギャー,ギャー」とサイレンを発します。すると群れはボスの引率のもと,一斉に移動を始めるのです。サバンナヒヒの天敵はヒョウで,夜間,木の上で眠っているヒヒに向かって,ヒョウは恐ろしい稔り声をあげます。すると寝ぼけまなこで木から飛び降りたり,あわてる余り落ちたヒヒをヒョウはガブリと,捕食するのです。
ヒョウばかりでなく,ライオン,ハイエナ,ワニ,そして大形の猛禽類も手強い相手です。
サバンナヒヒは野生動物ですが,長年人間の近くに暮らして姿を見慣れてきますと,
人を恐れなくなり,次第に大胆に行動するようになります。初めのうちはゴミ箱を漁るくらいですが,段々と畑を荒らしたり,ホテルやロッジの庭を我が者顔で歩き回ったり,食堂のテラスのテーブルから果物を失敬したり,ドアや窓を開け放したままの客室に侵入して荷物を引っかき回したり,果ては人間の子どもを襲って手に持っている食べ物を奪うという悪さまでするようになります。
野生動物に餌を与えることは固く禁止されていますが,一度でもおいしい食べ物の味を覚えたサバンナヒヒは,車のオープンルーフから車内に乱入し「何かうまそうな食べ物はないか……」という顔で物色するようになってしまいます。
数年前のことですが,日本からのある観光客が,ロッジの庭のテラスに置いておいた鞄の中から,サバンナヒヒにフィルムの袋を持ち逃げされ,「私の大事な撮影済みフィルムを返してちょうだい」と,ロッジの従業員が追いかけましたが,とうとう取り戻せなかったというハプニングもありました。

-ニュース

© 2020 これちょっと気になる Powered by AFFINGER5