ビジネス

在宅勤務のサボりがバレた!サボりは会社にバレるのかを徹底検証⁉

在宅勤務 サボり バレる

https://koreyokatta.net

働き方改革と新型コロナウイルスの影響で在宅勤務の導入が進んでいます。

在宅勤務ってどうやってるの?自宅で仕事ってどうなの?

すでに在宅勤務をしている人もこれから始める人も心配になるのが、在宅勤務でサボったら会社にバレるのか?ばれてしまったらどうなるのかですよね。

気になる在宅勤務について調べてみました。




 在宅勤務のサボりは会社にバレる⁉バレない⁉

 

ズバリ在宅勤務のサボりは会社「バレる」確率が高いと思います

インターネットを用いて仕事をする以上、機密情報の漏洩や取引先の機密情報、営業秘密漏洩や記録媒体の紛失を防ぐため、セキュリティ対策が不可欠となります。大企業になればなるほど機密情報保護のため会社から支給されるパソコンを使用する事になります。

その場合、勤務管理システム(これについては後で説明します)を使っている場合がほとんでしょう。

勤務管理ソフトがインストールされている場合、サボりは確実にバレます。

インストールされていない場合でも、今後導入する可能性は極めて高いと考えられます。

 

自宅のパソコンを使って作業しているから安心…ではないのです。

在宅勤務になったからといっても仕事の量は変わらないはず、ましてや今まで残業などで調整してきた仕事量をこなすには、会社で働いていた時同様の時間がかかるのでは?

通常こなしていた仕事量が出来なければ怪しまれるのは当然ですよね。

 

 在宅勤務のサボりがバレる要因!勤務管理システムとは?ログ管理の意味とは?

勤務管理(勤怠管理)システムとは、インターネットを経由して在宅勤務の始業や終業などを記録(ログ管理)するITツールです。

リアルタイムで勤怠を報告することが出来るものもあり、パソコンやスマートフォンなどインターネットに接続出来るものであれば機器を問わず利用出来ます。

ログ管理」初めて聞く人の為に簡単に説明すると、データ履歴の管理のことです。

その端末で何時何分何をしたのか、常時記録出来るので、パソコンを立ち上げた時間やファイルを開いた時間、長時間キーボードを触らずにパソコンをスリープ状態にしてしまった時間やネットサーフィンしてしまった時間…それらが全て記録されるシステムなのです。

 なぜ必要なのでしょうか。

会社の情報資産や個人情報の流出を防いだり、社内ログ管理されている事を周知していれば不正利用の抑制にも繋がるからです。

セキュリティ効果が高まり、トラブルがあった場合には改善の手掛かりにもなる大切なシステムなのです。

在宅勤務をしている人たちにとって「労働時間に見合った正当な評価と給与計算」をしてくれる大切な役割も果たし、仕事の成果を形にしてくれる在宅勤務には不可欠なシステムです。

 

 在宅勤務のサボりバレたらどうなる?解雇ってあるの?

在宅勤務中のサボりがバレたら解雇の対象なのか?心配ですよね。

自宅という緊張感のない環境だと、ついつい気が緩み居眠りしたり、SNSで息抜きしたり、中には飲酒しながら仕事をしてしまう強者もいるようです。

そういった場合には減給や何らかの処分を受けることはありそうですが、特別の事情が無い限り解雇はされないでしょう。

例として、与えられた仕事をサボり納期を遅らせ、その結果取引先や企業に損害が出てしまうなど、会社に具体的な損害賠償が生じてしまった場合は解雇の対象になります。

情報漏洩も同様でしょう。

 

企業側も在宅勤務の若干のサボりは想定内だと思いますが、在宅勤務という慣れない環境の中で、サボらずどう仕事をしてもらえるか?

在宅勤務が増えた場合、今後企業の課題になってくると思います。

 

 サボりながら在宅勤務を楽しもう!メリットをご紹介

何だか厳しそう…な在宅勤務ですがメリットは沢山あります。

在宅勤務のメリットをまとめてみました。

  • 通勤時間が無い(通勤ラッシュのストレスも無い)
  • 新型コロナウイルスなど、緊急時にも自宅で仕事が出来る
  • 自宅に小さな子供や要介護者がいる場合、様子を見ながら仕事が出来る
  • 障害者にも仕事の幅が広がる
  • お気に入りの音楽を聞きながら作業が出来る
  • 空いた時間に自分の用事が出来る

私も子育て中の苦労を思い出し、在宅勤務があったならどれだけ助かっただろうと思います。

自由な環境で、人目を気にせず、精神的ゆとりを持って仕事が出来る、それが在宅勤務の最大のメリットです。

 

企業のメリットもあります。

社員の働く場所がオフィスから自宅に変わると、企業が必要としてきた固定費を削減することが出来ます。また、災害時や家庭の事情により働きに出ることが困難な場合でも、自宅で仕事を継続してもらうことが出来ます。

首都圏から離れても仕事を続けることが出来るので、今後予想される人手不足でも雇用を拡大するチャンスになるのです。

働き方改革によってこの先の雇用形態は変化していきます。

在宅勤務を新しい生活スタイルになるよう進めていかなければなりません。

 

きちんと成果をあげている人が在宅勤務での成功者です。

会社や上司との信頼関係を作り、会社の利益につながるよう働きたいですね。

 

私達は雇用されています。

会社のために成果をあげなければ意味がありません。

サボりがバレないように色々な対策を考える人も居るかもしれませんが、作業時間に見合った仕事量をこなして、余った時間を堂々とサボりましょう。



在宅勤務のサボりがバレた!サボりは会社にバレるのかについてのまとめ

コロナウィルスの感染によって、急速に広まっていった、在宅勤務。会社の中には、もう事務所はいらないので事務所を縮小していく

なんて企業さんもあるみたいです。

会社に出社しないで仕事ができるなんて、少し前であれば、夢のようでしたよね。

せっかく始まった、新しい始まり方。きちんと仕事をして、空いた時間は家族と過ごすとか、趣味につかうとか

有意義に使いたいものですよね。

 

-ビジネス

© 2021 これちょっと気になる Powered by AFFINGER5