広告

アクアマリンふくしまにジンベイザメはいる?全国の水族館情報も!

ジンベイザメがいる水族館は、全国でも限られています。

残念ながら、アクアマリンふくしまにジンベイザメはいません。

そこで、全国でジンベイザメがいる水族館を調べてみました。

アクアマリンふくしまの魅力についてもまとめましたので、ぜひ最後までご覧ください。

 

 

アクアマリンふくしまにジンベイザメはいる?

先にお伝えした通り、アクアマリンふくしまにはジンベイザメはいません。

個人的にはちょっと意外でしたが、やはり飼育が大変なんでしょうか。

ただ、ジンベイザメがいなくても、アクアマリンふくしまには子どもから大人まで楽しめる施設がたくさんあります。

 

 

アクアマリンふくしまってどんな水族館?

引用:アクアマリンふくしま公式サイト

アクアマリンふくしまは、東北地方で最大級の水族館です。

さらに、水量1,500トンの黒潮水槽は、アクアマリンふくしまで一番大きな水槽です。

親潮水槽もあり、黒潮の流れに乗ってやってくるカツオやマグロ、サンマなどの魚と、親潮から流れてくる海藻やプランクトンが出会う、潮目も再現しています。

この2つの水槽の水量は2,050トンにもなります。

また、さんまを常時展示しているのは、アクアマリンふくしまだけなんだそうです。

 

営業時間

営業時間は、季節によって若干異なります。

期間 営業時間
3月21日~11月30日 9:00 ~ 17:30 ※入館締め切りは16:30
12月1日~3月20日 9:00 ~ 17:00 ※入館締め切りは16:00
アクアマリンふくしまには、休館日はありません

 

ゴールデンウイークやお盆の時期などは、営業時間を延長しているようです。

2023年では、

5月3日(水・祝)~ 6日(土) 8:30~18:30

8月12日(土)~ 15日(火) 9:00~19:00

8月5日(土)花火大会終了時刻(21:00頃)まで

でした。

※2023年10月時点では、2024年の情報はまだ公開されていません。

 

チケット料金

当日チケットと前売りチケット券があり、前売りチケットの方が少しお得です。

 

当日チケット

 

一般 団体(20名以上)
大人 1,850円 1,550円
小学生 900円 750円
未就学児 無料 無料

支払い方法:クレジットカード可(VISA/Master/JCB/ダイナース/アメリカンエクスプレス/ディスカバーカード)

※高校生は学生証が必要
※アクアマリンふくしまには、無料開放日や割引入館日はありません。

 

前売りチケット

前売りチケットには、電子チケットとコンビニチケットがあります。

 

【アソビュー】

大人(大学・専門学校生以上)1,850円 → 1,750円
小学・中学・高校生 900円 → 850円

チケット購入はこちら↓

 

 

 

【JTB】

大人(大学・専門学校生以上)1,850円 → 1,750円
小学・中学・高校生 900円 → 850円

JTBチケットは、コンビニに置いてある専用端末で発行し、レジで料金を支払います。

販売場所:セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、ミニストップの全国コンビニ内の端末機

アクアマリンふくしまの商品コードは【0260292】です。

セブンイレブンの購入方法をチェック

ローソン・ミニストップでの購入方法をチェック

ファミリーマートでの購入方法をチェック

 

 

年間パスポート

アクアマリンふくしまでは、年間パスポートも販売しています。

通常の入館料の【約2.4回分】の料金で、1年間に何回でも入場できるお得なパスポートです。

 

一般 小~高校生
料金 4,250円 2,100円
有効期限 発行日から1年間

年間パスポートの購入場所は、メインゲート窓口のみです。

アクアマリンふくしまの年間パスポートを持っている人に同伴すると、同伴者5名様まで特別割引料金で入館できます。

一般:1,650円

小~高校生:800円

アクアマリンふくしま以外の施設が割引になる特典もあるので、詳しくはこちらからチェックしてください。

 

アクセス情報

住所 〒971-8101 福島県いわき市小名浜字辰巳町50
連絡先 TEL 0246-73-2525 / FAX 0246-73-2526

東京方面からのアクセス方法はこちら

仙台方面からのアクセス方法はこちら

 

車でのアクセス

常磐自動車道いわき湯本I.Cから約20分
常磐自動車道いわき勿来I.Cから約30分
福島空港から国道49号線で約1時間40分

交通案内のPDFはこちら

 

駐車場情報

アクアマリンふくしまには、専用の駐車場はありません。

周辺にある商業施設との共用駐車場なので、ゴールデンウイークや夏休みなどは混み合います。

駐車場の混雑状況は、アクアマリンふくしまの公式X(旧Twitter)で確認しましょう。

駐車場台数:1,500台

各駐車場の場所はこちらから確認できます。

<利用時間>

PE1 終日開放

PW1 8:00~18:00(冬季8:00~17:30) (開館時間延長時は開放時間延長)

PW3 駐車場台数不足時等に開放

駐車料金はすべて無料です

 

おみやげ

引用:アクアマリンふくしま公式サイト

 

アクアマリンふくしまには、ミュージアムショップが2つあります。

  • アクアマリンショップ「JOHMONじょうもん」
  • ミュージアムショップ「uminosウミノス」

アクアマリンショップ「JOHMONじょうもん」は、館外にあるので入館しなくてもおみやげを購入できますよ。

販売しているアイテムやお菓子は、こちらからチェックしてください。

 

レストラン・カフェ

引用:アクアマリンふくしま公式サイト

 

アクアマリンふくしま内には、レストラン、お寿司屋さん、カフェがあります。

レストランは、小名浜の海を一望できる場所にあり、魚介類中心のメニューを提供しています。

お寿司屋さんは、2階の「潮目の大水槽」前にあり、水槽で魚たちを眺めて食事ができます。

また、アクアマリンふくしまでは、数が多い資源量の安定した魚介類を食べる運動「HAPPY OCEANS(ハッピーオーシャンズ)」を行っています。

アクアマリンふくしまのレストランなどでは、この「HAPPY OCEANS(ハッピーオーシャンズ)」を中心に、料理を提供しているんだそうです。

これも、「海を通して人と地球の未来を考える」という理念があってこそですね。

入館者はここで食事をすることで、「HAPPY OCEANS(ハッピーオーシャンズ)」体験プログラムに参加しているわけです。

交通標識になぞらえて、魚種を資源量の多い順に青・黄・赤と分類して作られたリーフレットは、子どもでも理解しやすい内容になっているので、興味のある方はぜひチェックしてみてください。

 

 

アクアマリンふくしまは水族館だけじゃない!

引用:アクアマリンふくしま公式サイト

 

アクアマリンふくしまは、「海を通して人と地球の未来を考える」という理念をもとに、水族館以外にも楽しみながら学べる施設があります。

 

世界最大級のタッチプール「蛇の目ビーチ」

引用:アクアマリンふくしま公式サイト

 

アクアマリンふくしまの敷地内には、広さ4,500㎡のタッチプールがあります。

磯・干潟・浜という3つの海辺を再現したプールで、ヒトデの観察や潮干狩りができたり、砂浜では砂遊びもできます。

タオルや着替えなどを用意しておけば、濡れても平気ですね。

ビーチに入れる期間はその年によって違いますが、だいたい4月の終わりから11月ぐらいまでのようです。

時間帯によっては、蛇の目ビーチにいる魚のエサやり体験もできるみたいですよ。(1回100円)

 

自分で釣った魚が食べられる釣り体験

引用:アクアマリンふくしま公式サイト

 

自分で釣った魚をその場で食べることで「命をいただく」という意味を実感してもらう体験施設です。

時期ごとに魚の種類が違いますが、全部から揚げにして食べるそうです。

もちろん、釣り初心者の方でも安心して体験できます。

 

料金

竿貸し代 1,000円  ※グループで一竿を利用
魚1尾 200円 ※調理代も含まれます

 

また、アクアマリンふくしまには、水族館の裏側が見れるバックヤードツアーや、海や森にある自然の素材を使ってモノづくりができる工房など、参加体験型のイベントがたくさんあります。

無料で体験できるものもあるので、気になる方はこちらからぜひチェックしてみてください。

 

動物の能力にチャレンジ!「どうぶつごっこ」

引用:アクアマリンふくしま公式サイト

 

アクアマリンふくしまには、水族館の生き物以外にも、森に住む動物の展示をしています。

リスやモモンガなどの動物になりきって、たくさんの遊具にチャレンジしてください。

動物たちの高い身体能力がわかると思います。

引用:アクアマリンふくしま公式サイト

遊具には年齢制限があります。

 

 

全国でジンベイザメがいる水族館は?

ここからは、ジンベイザメがいる全国の水族館をご紹介していきます。

 

<沖縄県>沖縄美ら海水族館

住所 〒905-0206 沖縄県国頭郡本部町石川424番地

 

料金

大人 2,180円
高校生 1,440円
小・中学生 710円
6歳未満 無料

 

日本で一番といってもいい、人気の水族館ですよね。

沖縄美ら海水族館では、1995年3月からジンベイザメを飼育しています。

また、7,500㎥の巨大水槽には、ジンベイザメやナンヨウマンタなど、60種類の生き物が展示されています。

 

引用:沖縄美ら海水族館公式サイト

もともと、沖縄美ら海水族館には2頭のジンベイザメが飼育されていましたが、2021年6月にメスのジンベイザメが1頭亡くなってしまいました。

現在は、1頭のオスのジンベイザメが展示されています。

そして、このオスのジンベイザメは、1995年3月から飼育を始めて「世界最長飼育記録」を更新中なんだそうです。

まだまだ元気に長生きしてほしいですね!

 

<鹿児島県>いおワールドかごしま水族館

住所 〒892-0814 鹿児島県鹿児島市本港新町3−1

 

料金

大人(高校生以上) 1,580円
小・中学生 750円
4歳以上 350円

 

いおワールドかごしま水族館では、定置網に入ったジンベエザメを5.5mになるまで飼育し、その後は海へ帰しています。

現在展示されているのは、8代目のジンベイザメ「ユウユウ」です。

 

 

<石川県>のとじま水族館

住所 〒926-0216 石川県七尾市能登島曲町15−40

 

料金

大人(高校生以上) 1,890円
中学生(3歳以上)  510円
3歳未満 無料

 

のとじま水族館のジンベエザメは、6メートル近くまで成長すると水槽で飼うことができません。

そのため、成長したジンベイザメは海に帰され、新しいジンベイザメと交代しています。

 

 

<大阪府>海遊館

住所 〒552-0022 大阪府大阪市港区海岸通1-1-10

料金

大人(高校生・16歳以上) 2,700円
小・中学生 1,400円
3歳以上 700円

 

海遊館で展示するジンベエザメは、オスは「海くん」、メス「遊ちゃん」という名前を受け継ぐことにしているそうです。

毎日10:30と15:00のが食事タイムなので、迫力あるジンベイザメの立ち泳ぎが見られますよ。

 

 

 

アクアマリンふくしまにジンベイザメはいる?全国の水族館情報も!まとめ

アクアマリンふくしまに、ジンベイザメはいません。

ジンベイザメが見られる水族館は

<沖縄県>沖縄美ら海水族館
<鹿児島県>いおワールドかごしま水族館
<石川県>のとじま水族館
<大阪府>海遊館

 

アクアマリンふくしまの敷地内には、水族館以外でにも楽しめる施設がたくさんあります。

  • 世界最大級のタッチプール「蛇の目ビーチ」
  • 自分で釣った魚が食べられる釣り体験
  • 動物の能力にチャレンジ!「どうぶつごっこ」

 

ジンベイザメに限らず、水族館ってずっと眺めていられる生き物が多いですよね。

個人的には、気持ちよさそうに泳いでいるアザラシの姿がとても好きなんですが、ジンベイザメがいる水族館に行ってみたくなりました。

どの水族館も子どもから大人まで楽しめるところなので、まだ行っていない水族館があったら、ぜひ行ってみてください。

 

マルチプル広告

© 2023 これちょっと気になる Powered by AFFINGER5