お買い物 暮らしの知恵

ブーツが脱げない!あなたのそのイライラを解決いたします!

雨どきの雨が続く日や寒い時期にブーツを履く機会が多くなります。

履いてる時は、雨や寒さを凌げるのでブーツのありがたさがわかるのですが、

1日歩いた足は帰宅時にはむくんでパンパン

しかも雨に濡れたレインブーツはすべりが悪く脱ぎにくいですね。

やっと家に着いても、荷物を置き玄関に座って、両手を使ってブーツを引っ張って、と脱ぐだけでもひと苦労

ブーツが脱げないで困ったこと、ブーツが脱げない原因、ブーツが脱げない時の対処方法をじっくりお伝えします。

 

 

ブーツが脱げないことで困ったことあるある

 

ブーツが脱ぎにくくて困ったことがある方も多いと思います。

 

 

 

 

帰宅して玄関でブーツが脱げずに転びそうになった

ブーツを脱ぐときに雨で手が汚れた

おかあさん
玄関でブ-ツを脱ぐのに時間がかかってイライラ

いろいろな声が聞こえてきます。なかなかブーツが脱げない状態が何回も続くと、だんだんブーツを使わなくなるなんてことにもなってしまいます。

 

ブーツが脱げない原因

ブーツが脱げない原因は何でしょう。いくつかの原因がありますが、これら3つが重なるとなかなか手ごわいですね。

 ブーツが脱げない原因:その1→素材

ブーツの素材の特性です。素材の革の伸縮性が乏しいためにどうしてもブーツは脱ぎにくくなります。

ブーツが脱げない原因:その2→脚のむくみ

ブーツや靴を長時間履くと身体の血流が滞り水分や老廃物が溜まっていきます。そうして水分や老廃物は下半身に溜まり脚がむくんでしまうのです。

夕方以降、むくみを感じることが多い脚ですが、ブーツがさらに脱ぎにくい原因となります。

ブーツが脱げない原因:その3→雨

雨に濡れたレインブーツは水分を含んで脱ぎにくいです

 

 

ブーツが脱げない時の方法ベスト3

ではいよいよブーツが脱げない時の方法ベスト3をお伝えします。

→3位かかとを意識してチカラをいれて引っ張る

うまくブーツを脱ぐ方法としてはかかとがポイントです。足を引き抜くときに、かかとが突っかかってしまうので、

片方の手でブーツを手で持って、もう一方の手で結構チカラを入れてひっぱって足を出します。

→2位靴べらを使う

男性が革靴を使う時の必須アイテム、靴べらです。ブーツでも使えます。ただ短い靴ベラでブーツには使えないことがあります。

→1位ブーツジャック

堂々1位のブーツジャック!詳しくは次にしっかりお伝えします

 

ブーツが脱げない時のNO1.アイテム!ブーツジャックとは

脱ぎにくいブーツがカンタンに脱げるアイテム。立ったまま簡単にブーツが脱げます。

もともとは乗馬のジョッキーがブーツを脱ぐときに使うアイテムでした。

これでジッパーがないブーツもストレスなく脱げますよ。

色も素材もデザインも、プラ製やカラフルな物など、さまざまなデザインのブーツジャックがあります。

なんと、100均でも購入できます!ツイッターでも紹介されていましたよ。

 

 

ブーツが脱げないときのNO1.アイテムの使い方

ブーツが脱げないときの簡単アイテム、ブーツジャックの使い方をご紹介します。

1.ブーツを脱ぐ方の足をU字のところに入れる

2.足を上にあげる

3.はい、おわり。

オンラインショップでも取り扱っていますのでチェックしてみてください。

ブーツジャックのオンラインショップ↓

ORANGE HEAL

サンコー通販オンラインショップ

 

ブーツが脱げない!あなたのそのイライラを解決いたします!のまとめ

ブーツが脱げない時の対処方法をいくつか紹介していきました。これでブーツが脱げない時のイライラを解消できると思います。

ではまとめていきますね。

・片方の手でブーツを手で持って、かかとを意識してもう一方の手で結構チカラを入れてひっぱって足を出す

・長めの靴べらを使う

ブーツジャックを使う

 

あなたに合った方法をお試しされて、快適なブーツ生活をお送りください。

 

 

-お買い物, 暮らしの知恵

© 2021 これちょっと気になる Powered by AFFINGER5