広告

コバエが嫌いな匂いとは!?簡単に出来るコバエ対策を伝授します!

いつどこから入って来たのかわからないけど、気が付くと家の中を飛び回っているコバエ。

飛んでいると不衛生な感じがするし、視界の中を行ったり来たりされると、とても不快ですよね。

捕まえようとしても簡単に捕まえられないので、余計にイライラしてしまうことはありませんか?

コバエは生ゴミなどの匂いや不衛生な環境が好きで、放置しているとそこに寄って来てしまいます。

逆に、コバエが嫌いな匂いもあるんです。

コバエが嫌いな匂いは、ペパーミントやローズマリーなど、人間にとってはそれほど嫌な匂いではないんですよ!

コバエが嫌いな匂いを室内に置いておくだけでも、コバエを寄せ付けない対策になります。

この記事では、コバエが嫌いな匂いやコバエの発生を防ぐ方法などを詳しくご紹介するので、是非最後まで読んでみてくださいね。

 

 

コバエが嫌いな匂いってどんな匂い?

 

 

 

実はコバエは、人間と比べてとても鋭い嗅覚を持っているんです。なんと、コバエは犬よりも優れた嗅覚を持つと言う研究者もいるそうです。

そのため、コバエには匂いの好き嫌いもあるんです。

そんなコバエを寄せ付けないために、コバエの嫌いな匂いをご紹介しますね。

  • ペパーミント
  • ハッカ
  • ユーカリ 
  • ローズマリー
  • ラベンダー
  • シトラス
  • クローブ
    など…

  

いかがでしょうか?

もちろん人によって好みはありますが、どれも室内のフレグランスにも使われるような、人間にとってはいい匂いに分類される匂いだと思います。

人間にとってはいい匂いでも、コバエは嫌いな匂いで忌避効果があるんですよ。

 

 

コバエが嫌いな匂いでコバエの発生を防ぐ方法

 

 

 

 

 

コバエが嫌いな匂いを室内で使用すれば、コバエは嫌がって室内に侵入して来なくなるため、気が付くと視界の中をコバエが飛んでいる、なんてことを防ぐことができます。

コバエの嫌いな匂いを使用して、室内に寄せ付けない方法をご説明します。

 

アロマ

いろんな種類の匂いがあるアロマですが、コバエの嫌いな匂いのアロマを焚くことで、コバエの発生を防ぐ対策になります。

なるべく殺虫剤を使用したくないリビングなどの場所にも使えます。

人間にとってはリラックス効果があるアロマなので、室内で焚くだけでコバエの発生を防ぐことができるのは、一石二鳥ですね。

 

お香

お香の匂いもアロマと同じく効果的です。お香も同じくコバエに嫌いな匂いを選んで焚くだけなので、とても簡単にコバエの発生を防ぐ対策ができます。

お香もリラックスしたい時に焚くという人が多いのではないでしょうか。

 

スプレー

コバエの嫌いな匂いのエッセンシャルオイルを使用して、コバエ忌避スプレーを作ることができます。

作り方はとても簡単です。

 

【用意する物】

  • コバエが嫌いな匂いのエッセンシャルオイル 10滴 
  • 水or精製水 45ml
  • 無水エタノール 5ml

【作り方】

①スプレー容器に無水エタノールを入れ、そこにエッセンシャルオイルを垂らして混ぜる

②水or精製水も入れて混ぜる

 

このスプレーを生ゴミや、ゴミ箱、窓枠など、コバエをよく見かける場所や侵入して来そうな場所にスプレーするだけで、コバエの発生を防ぐ対策になるんです。

他にも、市販のハッカ油スプレーも同じ使い方で効果があるようです。

ポイント

このスプレーには、人工的に作られたフレグランスオイルでは効果が得られないことがあるので、自然のものから作られた精油100%のエッセンシャルオイルを使用するのがおすすめです!

 

ハーブを育てる

コバエが嫌いな匂いのハーブを育ててみてはいかがでしょうか。

ペパーミント、ハッカ、レモングラス、ラベンダー、ゼラニウム、ローズマリーなど、コバエが嫌いな匂いのハーブを育てることで、コバエの発生を防ぐ対策になります。

これらのハーブは、天然由来の虫除けスプレーにも使用されるものが多いんです。

ハーブは、コバエだけでなく蚊やノミ、ゴキブリなども嫌いな匂いなので、他の虫対策にも効果的なんですよ。

また、育てたハーブをお料理に使ったり、ハーブティーを楽しむことができるのも嬉しいですよね!

 

鉢植えに水をやりすぎて土が常に湿っていたり、受け皿に水が溜まった状態のままにしてしまうと、そこにコバエが寄ってきて産卵してしまうこともあるので、水はやりすぎないように注意しましょう。

 

 

コバエはどこからやってくる?コバエが好む環境とは

 

 

 

 

コバエは、気が付くとキッチンや水回りを飛び回っていませんか?

一体いつどこから来たのか、不思議に思いますよね。実際にコバエはどこからやって来るのでしょうか?

コバエは鋭い嗅覚を使い、好きな匂いを嗅ぎつけて、窓の隙間や換気口から侵入したり、人間と一緒に室内に入り込んで来ます。

コバエは体長が小さいため、少し目の荒い網戸なら通り抜けることができてしまうんです。

 

コバエの好む匂いや場所

コバエは熟した果物、発酵食品、アルコール、人間の汗などの匂いを好みます。

また、生ゴミ、ペットの排泄物、水回り、腐葉土などの環境を好み、そこに寄ってきます。

食べ物や生ゴミをそのままにしてしまったり、掃除をしていないような不衛生な環境を作ってしまうと、匂いを嗅ぎつけてどこからともなくコバエが寄ってきてしまいます。

そしてコバエが産卵してしまうと、そこからさらにコバエが大量に発生してしまうのです。

 

コバエによる被害

コバエが飛び回っていることで、どんな被害があるのでしょうか。

まず、視界の中をコバエが飛び回っているのはとても煩わしいですよね。捕まえようとしても、動きも素早くなかなか捕まえることができないので、余計に不快です。

そして、コバエは生ゴミや排泄物にも集まるので、そこから病原体などを媒介する可能性があり、やはり衛生上良くありません。

 

 

コバエの種類ごとの対策と駆除方法

 

 

 

 

 

 

私達は一般的に小さなハエをコバエと呼んでいますが、実はコバエという名前のハエはいないんです。

日本で見かけるコバエは主に4種類で、そのハエを総称してコバエと呼んでいるんです。

それらのコバエは、生ゴミやゴミ箱、排水溝など汚い場所を好んで寄ってきます。

そのため、コバエを寄せ付けない1番の対策はこまめに掃除をして清潔に保つことです。

その他に、コバエの種類ごとに有効な対策と駆除方法をご紹介します。

 

ショウジョウバエ

体長 2ミリ
特徴 丸みのある黄赤食、赤い目
発生源 生ゴミ
熟した果物
アルコール など
対策 生ゴミを溜めない
果物や食品を出しっぱなしにしない
アルコールの缶などは洗ってから捨てる など
駆除方法 匂いトラップで駆除する

家庭で1番良く目にするコバエが、このショウジョウバエです。英語ではfruits fly(フルーツフライ)と呼ばれ、その名の通り熟した果物や野菜を好みます。

ショウジョウバエは1日に80個もの卵を産むことができます。

そして、産卵してから1日で孵化し、幼虫、サナギを経て10日程で成虫になります。

成虫になったメスのコバエはその日から産卵することができ、その早いサイクルからショウジョウバエの繁殖力はとても高いんです。

生ゴミやアルコールの匂いを好み、置きっぱなしにしておくと寄ってきてしまいます。

優れた嗅覚を持つので、匂いで誘い込み駆除する方法が有効です。

 

ノミバエ

体長 2ミリ
特徴 丸みがあり後ろ足が長い
動きが俊敏
発生源 生ごみ
ゴミ箱
ペットの排泄物
排水溝 など
対策 生ゴミを溜めない
蓋付きのゴミ箱にする
ペットのトイレを清潔にする など
駆除方法 匂いトラップで駆除する

ノミバエは生ゴミや排水溝、さらにペットの排泄物など寄ってくる場所がとても多いんです。

注意したいことは、生肉やお料理に産卵することもあるので、食品を出しっぱなしにしないようにしましょう。

ノミバエも嗅覚が発達しているので、匂いで誘い込み駆除する方法が有効です。

 

キノコバエ

体長 2ミリ
特徴 黒っぽく細長い
発生源 観葉植物
腐葉土 など
対策 観葉植物を外に出す
土を入れ替える
水をやりすぎない など
駆除方法 光で集めて駆除する
殺虫剤を使用する

観葉植物の土に集まり、土の中に産卵し幼虫は腐葉土の中のキノコの菌糸を食べて育つことから、キノコバエという名前がつきました。

観葉植物の土が湿ったままの状態が長く続くとキノコバエが発生してしまうので、水のやりすぎには注意が必要です。

残念ながらキノコバエは、ご紹介したコバエが嫌いな匂いの対策はあまり効果が無さそうです。

しかし、キノコバエは光に集まる習性があるので、外から明るい室内に侵入してきます。

駆除する際は、その習性を生かして光を使って集めるのも効果的です。

 

チョウバエ

体長 5ミリ
特徴 羽が大きく毛が生えている
ハート型
夜行性
発生源 トイレのタンク内
お風呂の排水溝
汚れた水回り など
対策 水回りを徹底的にきれいに掃除する など
駆除方法 お湯や氷水を流して駆除する
殺虫剤を使用する

きれいな水では生息できないチョウバエは、排水溝のヘドロなどを餌にして成長します。そのため、チョウバエが発生するのは、水回りが汚れている証拠です。

徹底的に掃除して、ぬめりやヘドロを取り除くことでチョウバエが生きられない環境を作ります。

また、成虫だけでなく幼虫や卵も駆除する必要があります。発生源を特定して駆除作業をすることが重要です。

チョウバエはそれほど強くはないので、60度以上のお湯や氷水を流すと駆除することができます。

チョウバエにも前述したコバエが嫌いな匂いでの対策は効果がありません。

 

このように、匂いに集まってくるコバエとそうではないコバエの種類がいることがわかりますよね。

コバエの嫌いな匂いで忌避効果があるのは、キッチンなどによく現れるショウジョウバエとノミバエということです。

 

 

自分で作れるコバエ取りの作り方

 

 

 

 

 

コバエの嫌いな匂いを使って室内に寄せ付けないことはできますが、嫌いな匂いだけでコバエを駆除することはできません。

室内ですでに発生してしまったコバエは、駆除するしかないんです。

そこで、前述したショウジョウバエやノミバエのように、匂いトラップで駆除できるコバエに効果があるコバエ取りが自宅で作れるんです。

 

めんつゆトラップ

めんつゆにはアルコールが含まれているので、その匂いに誘われたコバエを、液体の中に沈めてしまうコバエ取りです。

めんつゆが無けれは、お酒などで代用できます。

めんつゆトラップは、ショウジョウバエの駆除に効果があります。

 

【用意するもの】

  • 容器
  • めんつゆ
  • キッチン洗剤

【作り方】

①容器の1/3くらいまで水を入れます。

②水の半量のめんつゆを入れます。

③最後にキッチン洗剤を数滴垂らします。

 

このめんつゆトラップをキッチンなど、コバエをよく見かける場所に設置してみましょう。

キッチン洗剤に含まれる界面活性剤によって、コバエは体に付いた水を弾くことができなくなり、そのままめんつゆの中に沈んでしまうそうです。

このコバエ取りは1週間を目安に交換してください。

置きっぱなしにしてしまうと、このコバエ取りにまた産卵し、逆にコバエが増えてしまうことがあるんです。

処理する時は、キッチンのシンクなどに流したりせずに、液体をキッチンペーパーなどに吸わせてからそのままゴミに捨ててください。

 

お酢トラップ

お酢で作るコバエ取りは、ノミバエに効果的です。

めんつゆトラップで効果が無い場合は、コバエの種類がノミバエの可能性があります。

お酢トラップの作り方はめんつゆトラップと同じです。めんつゆの代わりに、お酢を使用してみてください。

お酢トラップも設置したまま放置せず、こまめに交換することを忘れないでくださいね。

 

 

コバエが嫌いな匂いとは!?簡単に出来るコバエ対策を伝授します!のまとめ

 

 

 

 

 

  • コバエが嫌いな匂いは人間にとって嫌な匂いではない
  • とても鋭い嗅覚を持つコバエの種類がいる
  • コバエが嫌いな匂いを室内に置くと、コバエを寄せ付けない忌避効果がある
  • コバエは発酵品、アルコール、人間の汗の匂いなどを好む
  • コバエは不衛生な環境を好む
  • コバエという名前のハエはいない
  • 日本で見られるコバエの種類は主に4種類で、匂いに集まるコバエとそうでないコバエがいる
  • コバエが嫌いな匂いを使った対策ができるのは、ショウジョウバエとノミバエ
  • 大量発生させないためには産卵する前に駆除することが大切で、1番の対策はコバエが好む環境を作らないように掃除をして清潔に保つこと
  • コバエ取りは簡単に自作できる

 

一言にコバエと言っても、いろんな種類がいることがわかりましたね。

それぞれのコバエの性質を知ると、より効果的に対策ができるかもしれません。

もし室内でコバエを見かけたら、まずはコバエが集まってきている原因を探してみてくださいね。

気温が高くなってくるとコバエが増える季節到来です。

暑い夏を少しでも快適に過ごすためにも、不快なコバエを室内で見かけることがないように、是非参考にして対策をしてみてくださいね。

© 2022 これちょっと気になる Powered by AFFINGER5