広告

電気バリブラシのデメリット5選!値段が高いだけじゃないんです!

電気バリブラシを知っていますか?

私は好きな芸能人がインスタグラムで紹介していることから

電気バリブラシの存在を知りました!

 

気になって調べてみたところ...

なんとびっくり【20万円!】とても手が出せない...

値段が下がってきた場合でも16万円以上はかかること...

セールでも安く手に入れることができないこと!

このような事実が分かり愕然としました...

さらに値段以外にもデメリットがあることが分かりました!

 

調べた結果、電気バリブラシの購入を

泣く泣くあきらめた方も多いのではないでしょうか?

 

でもでも、デメリットがあると分かっていても欲しくなっちゃいますよね...

 

「デメリットをきちんと理解したうえで、電気バリブラシを買いたい!」

 

今回はそのような方にオススメの記事となっていますので、参考にしてください!

 

 

電気バリブラシのデメリット5選とは!?値段以外にもあるんです!

芸能人も愛用している人が多い電気バリブラシ!

効果もありますが、デメリットをきちんと把握しておく必要があります!

 

ココがポイント

①水洗いができない!

②光を直視できない!

③水をかけないと痛い!

④無料交換・修理が公式のみ!

⑤類似品が出回っていること!

 

デメリット①水洗いができない(防水機能なし)

 

少し水で濡れてしまっても使用可能ですが、水洗いができません!

つまり、お風呂で使うことができません!

 

衛生管理をしないと肌荒れに繋がるため

使用後はブラシの部分を布巾やガーゼでエタノール

アルコール消毒をする必要があります

 

毎回消毒するのはちょっと面倒だとは思いますが、

衛生面を保つためにもとても重要になります。

 

消毒する際の注意点として、ブラシ部分は非常にデリケートなので、力強く拭いてしまうと先端が取れてしまい、

     故障の原因になりますので、優しく拭いていきましょう。

 

 

デメリット②光を直視できない!

 

電気バリブラシのスイッチを入れると、ライトが光るのですが、

このライトは目には良くなく、注意書きでも「光を見てはいけない」と記載がされています。

そのため、スイッチを入れたら光を見ないように気をつけてくださいね!

 

デメリット③水をかけないと痛い!

 

率直に言うと、直接当てたら痛いです!

使用する箇所を専用のローションか水で濡らせば、まったく痛みはありません!

 

ポイント

保湿をすれば痛みがないので、公式サイトからローションと合わせて購入するのがオススメです!

 

 

デメリット④無料交換・修理が公式のみ!

 

無料で修理と交換が可能ですが、

公式ショップ以外での購入は保証の対象外です!

 

Amazonで購入したら実は正規店じゃなかったというトラブルもあるようなので、

     必ず公式サイトから購入して領収書は失くさないように取っておきましょう。

 

 

デメリット⑤類似品が出回っていること!

 

類似品が出回っていること】を公式が注意喚起をしています!

電気バリブラシに比べて、類似品の値段は1万円から3万円です。

安さに惹かれて中古品を買ってしまうと効果も変わってきてしまいます...。

故障しても保障の対象外になります!

 

公式以外からの購入は、メーカーの保証対象外になりますので、

     必ず公式サイトから購入するように注意しましょう。

 

 

補足:ペースメーカーを使っている方には注意が必要!

 

心臓ペースメーカーなどの電子機器を使用している方は、

電気バリブラシを使用するときは注意が必要です!

電気バリブラシは整形外科で行う電気治療と似ています。

【ペースメーカーを使用していて電気バリブラシを使いたい方】は、

心配であれば、病院で確認をしてみることをおすすめします!

全身に使えるので、気になるところに使ってみて下さいね!

 

 

 

電気バリブラシの効果はむくみ解消や肩こり緩和に繋がります!

 

電気バリブラシのデメリットを紹介してきましたが、

むくみ解消等、嬉しい効果がたくさんあります!

性別問わず使えるアイテムとなっています!

 

  • 顔や頭のむくみが解消される!メイク前に使える!
  • 法令線が改善される!
  • 使った翌日に肌がもっちりする!
  • 首や肩こりが緩和される!
  • 頭部をほぐすことで睡眠の質が上がる!
  • 髪の毛がボリュームアップされる!

 

 

電気バリブラシの機能について紹介します!

 

電気バリブラシとは、ブラシの形をした美容器具になります。

画像引用:ELECTRON

 

【EMS低周波】
EMS 低周波(500〜1000hz)で頭皮内部の立毛筋を

1秒間に1000回振動させます!

【2色のLEDライト】
2色のLEDライトには効果があります!

赤→コラーゲンの生成
青→出すぎる皮脂の抑制・肌の殺菌

【背面のボタンで周期と刺激的を変える】
右は『刺激』のボタン
高音になればなるほどは強い刺激

左は『周期』のボタン
高音になればなるほど早い周期

オススメは、左(周期)が3右(刺激)が2です。
最初から刺激をMAXの4でやると痛いそうです!

 

電気バリブラシの寿命は?半永久的に使えます!

 

電気バリブラシの寿命はほぼないと言われており、充電池の交換すれば半永久的に使えます!

また針が折れてしまうなど、故障した場合も、交換等の対応をしてもらえます!

 

電池パックや針は交換可能です!メーカーに問い合わせて交換してください。

  • 電池パック・・・11000円
  • 針・・・1本550円、全部交換なら5500円

(現在の原価によるものなので、今後変動する可能性もあります。)

 

電気バリブラシはレンタルもできちゃうんです!

 

デメリットを理解した上で、

それでも購入に踏み切れない方はレンタルしてみるのは

いかがでしょうか!?

2週間のレンタルで12000円となっています!

 

一度レンタルで使用してみて、痛みの具合、

自分の頭皮や肌にあっているか、効果はあるかどうか確かめてみて下さい!

場所によっては美容院でもお試しができるので気になる方はチェック

してみてくださいね!

 

 

電気バリブラシのデメリット5選!値段が高いだけじゃないんです!ーまとめー

 

 

電気バリブラシのデメリットは5選あります!

デメリットを把握したうえで、お買い物をしたいですね!

 

注意ポイント

①水洗いができない!

②光を直視できない!

③水をかけないと痛い!

④無料交換・修理が公式のみ!

⑤値段が高く類似品が出回っていること!

 

私はデメリットや効果を把握したうえで、お金を貯めてでも購入をしたいと思いました!

 

効果を実感している人が多いのも事実なので、

迷っている人は買ってみることをお勧めします!

 

 

© 2022 これちょっと気になる Powered by AFFINGER5