広告

ゴルフで300ヤードはすごいのか!初心者がドライバーで飛距離を伸ばすコツ!

最近はゴルフを始める人が多い気がします。コロナ禍でも比較的距離をとってできるスポーツだからでしょうか。

そもそもゴルフは一体どんなスポーツで、どのくらいボールが飛べば凄いのでしょうか?

平均飛距離から考察し、どうしたら遠くに飛ばせるのかを解説していきます。

 

ゴルフで300ヤード飛ぶってすごいことなの?

みなさんはゴルフをしたことがありますか?一体どんなスポーツでどんなルールがあるのか説明します。

また、初心者がドライバーを使ってボールを飛ばした時にどのくらい飛べばすごいのか平均距離からみてみたいと思います。

ゴルフには様々なクラブを使いますが一打目によく使用され、比較的飛距離が出やすいドライバーで説明していこうと思います。

 

ゴルフってどんなスポーツ?

そもそもゴルフとは一体どんなスポーツなのでしょうか。

ゴルフとは、ゴルフコースにてピンポン球くらいの大きさの硬いボールをホールと呼ばれる穴にいかに少ない打数で入れられるかを競う球技の1つです。

一般的にプロの試合や通常のゴルフ場でのプレーで使用されているのは「ストロークプレー」と言われる打った打数を競うものです。

ルールとしてはゴルフコースにはあらかじめ規定の打数が決められており、基本的に1番〜18番までのホールで構成されています。

ゴルフクラブは最大で14本使うことができますが1本だけ使用してコースを回っても大丈夫です。

ゴルフスコアは打数とペナルティーによって数値化され、規定打数をベースにそれぞれのホールで成績を数値化します。

ほとんどのゴルフ場では、全18ホールの規定打数を合わせるとpar72です。その72から各ホールの+−を計算して合計スコアを算出されます。

スポーツとして広く親しまれているゴルフですが一般人によるプレーはレジャーとして位置づけられています。

 

どのくらい飛ばせればすごいの?

300ヤードは距離になおすと273.32mです。

初心者の平均飛距離は150〜200と言われています。なので初心者で300ヤード飛ばせるのはすごいことだと思います。

飛距離はゴルフクラブのヘッドスピードによっても飛距離は変わってきます。男性でも200ヤード以上飛ばせるのは難しいものです。

 

そもそも初心者は平均飛距離どれくらいなの?

ドライバーはゴルフクラブやクラブがボールに当たるヘッドスピードにもよりますが、男性が200ヤード、女性が150ヤードです。(Low)

平均飛距離はLOW_Middle_Highに分けることができます。

初心者は一般的なMiddleを目安に、ちなみに数値に直すとMiddleは男性が230ヤード、175ヤードを目安に練習していけばいいと言えます。

 

 

ゴルフで300ヤード飛ばすコツって?

初心者でも飛距離を伸ばす方法はあります。どんなことに注意して打てば伸びて行くのでしょうか?

初心者はどうして飛距離が伸び悩んでしまうのでしょうか。

ドライバーがスライスしてしまうと空中で飛距離ロスしてしまったり、ドライバーの芯でうまくショットができないとヘッドスピードが出ず、ボールが飛ばない傾向があります。

飛距離を出すコツをスイングするときの姿勢とゴルフクラブから解説していきます。

 

体の後ろの筋肉を使うこと

背中側の筋肉が動く感覚を覚えることです。

スウィングの動きの主体になるのは背中側の筋肉です。なので体の後ろの筋肉をうまく使うことで飛距離を伸ばすことができます。

 

スイングするときは体幹が重要?

ゴルフのスイングが難しいのは、ゴルファー全員に当てはまる絶対に正解という公式がない点です。

ゴルフでは、腕でクラブを振り上げて、振り下ろしてボールに当て飛ばします。

なので初心者は腕の動きが重要だと思いがちですが、実は体の軸である背骨を中心とした体幹を起点に体を回転させることが重要になってきます。

腕からではなく、体幹を意識してスイングすることで、よりスイングがスムースになり自然とクラブを振ることができるようになります。

 

長尺ドライバーは飛ぶが初心者は短めのゴルフクラブを選ぶのがいい?

長尺ドライバーは飛ぶと言われています。ゴルフクラブのヘッドとグリップをつなぐ棒状のものをシャフトと呼び、それが長くなると飛距離が伸びます。

なぜなら、シャフトが長いほうがヘッドスピードが上がると言われているからです。

ただ、ドライバーの長さは長くなるほど振りづらい傾向があります。

クラブの先についているヘッド部分のボールと接する部分のフェード(ボールが当たる部分)に正しく当てることは初心者にとって難しいことです。

初心者にはあまり長くない、45〜45.5 以内がベストです。それ以上長いクラブだと初心者には難易度が上がると言われています。

なので、最初の頃はあまり長くないドライバーを選ぶことが飛距離を出すコツになってくることでしょう。

 

 

300ヤード飛ばすためにはどんなドライバーがいいの?

初心者がドライバーを選ぶときは、スイートスポットで打つのが難しいのでヘッドが大きくロフト角が大きいものを選ぶといいと言われています。

ドライバー選びのコツを3つのポイントを紹介していきたいと思います。

また、選ぶときは自分のくせやドライバーの重さなど合ったものを探してみてくださいね。

 

総重量

ドライバーの総重量は女性が250~280g、男性は300gと最初は軽めのものを選びご自身が振り切れるものを選んでください

ちなみに体力がある人、ヘッドスピードが早い人ほど重いものの方が合います。

片手で簡単に打ててしまうものは軽すぎですので、バランスよく振り切れるドライバーが適度な重量です。

また、ヘッドの体積が大きいものの方が打ちやすいので、ゴルフのルールで決められている最大値460ccギリギリを男女ともに選ぶのがいいでしょう。

ヘッドが大きいと、スイートスポット(クラブの真芯)に当たりやすくなりミスを減らせます。

 

シャフト

参照:https://www.nikigolf.jp/special/contents-right.aspx?id=1911_shaft/index.html

ゴルフクラブのヘッドとグリップをつなぐ棒状のところがシャフトです

シャフトは、柔らかいものからL・A・R・SR・S・Xの順に硬い表記になります。

女性はL、男性はRの硬さを選ぶのがおすすめです。

 

ロフト角

参照:https://pro-golfacademy.com/chishiki/19355/#i-8

ロフト角はゴルフのフェース面の角度のことを言い、軌道に強く影響します

ゴルフクラブのヘッドの打球面、正面のことをクラブフェースといい、ロフトはこの斜面のことです。

ロフト角はシャフトと地面と垂直に持ったときのソール面(クラブヘッドの底の部分)と垂直線とできる角度のことです。

フェースが斜めになっているほど、ロフト角は大きく、垂直に近づくほどロフト角は小さくなります。

そして、ロフト角が大きいクラブほどボールが上がりやすく、ボールを捉えやすくなるので大きいものから試すのがいいと言えます。

初心者は角度が9.5度から11度くらいの間がちょうどいいので、その間で自分に合ったものを選びましょう。

上がりすぎてしまうようなら、小さいものを選んで試してみるなど、自分に合ったものを見つけて行くのがいいでしょう。

 

 

初心者におすすめのドライバーって?

初心者におすすめのドライバーを3つ紹介します。

 

テーラーメイド SIM2 MAX-D

引用:Amazon

ボールの捕まりが強化されて、万人向けのドライバーになってます。

従来のドライバーの構造では難しかった、低スピン、高初速、飛距離、寛容性を共存させたドライバーです。

ミドルバックカップフェースは完成のモーメントの向上とスイートスポットの拡大を実現し、高弾道で飛ばすことが可能なので飛距離をアップもできます。

 

キャロウェイ EPIC MAX FAST

引用:Amazon

 

このドライバーの最大の特徴はJAILBREAK AIスピードフレームテクノロジーです。

ゴルフクラブの先端にあるヘッド部分のボールと接する部分のフェースにインパクト時により力が注がれるので安定してボールにスピードが出ます。

また、ヘッドの後ろ部分には独自のペリメーター・ウェイトが装着されているので、調節することにより好みのボールが空中に描く曲線(弾道)に合わせることが可能です。

このウェイトの効果でインパイト時のフェースの開閉を抑え、安定した弾道をもたらします。特に右に軌道が行ってしまいがちの人にはおすすめです。

高弾道、高慣性モーメントに進化しているので、球が上がりやすく打点がブレても飛距離がさらに落ちにくくなったドライバーです。

 

ブリヂストン ゴルフ B2

引用:Amazon

ミスを軽減したい人に向けだ優しいドライバーです。

重心アングル(ドローバイアス)で集中加重デザインでしっかりとボールを捉えることができ、スライスを減らし、高弾道で優しく飛ばせることができます。

 

 

ゴルフで300ヤード飛ぶのはすごい!初心者が飛距離を伸ばすコツ!のまとめ

  • ゴルフとはコースでボールをいかに少ない打数でホールに入れる球技です
  • 初心者で300ヤード飛ぶのはすごいことです
  • 平均飛距離は男性が200ヤード、女性が150ヤードです
  • 300ヤード飛ばすコツは背中の筋肉を意識する、体幹、シャフトは短めを選ぶのがコツです
  • ドライバーは総重量、シャフト、ロフト角をを総合して自分のくせや合ったものを選ぶことが重要です
  • 初心者におすすめのドライバーはテーラーメイドSIM2 MAX-D、キャロウェイEPIC MAX FAST、ブリヂストンゴルフ B2の3つを紹介しました

いかがでしたでしょうか。

ゴルフで300ヤードってなかなか出せない数字だったんですね。

スポーツとしてルールもわかりやすく多くの人がゴルフを始めるのが分かったような気がします。

ドライバーといってもいろいろなメーカーからたくさん出ており、初めて使うドライバーに迷子になってしまいそうですが上記で紹介した3つは有名だと思うので参考になればと思います。

また、ゴルフクラブを選ぶ方法も総重量、シャフト、ロフト角とご自身の体格や力の強さなどを加味することが重要です。

そうすることで、よりゴルフを初心者の方でも飛距離を伸ばせたり、楽しめるのではないでしょうか。

これからゴルフを始めようと思っている方、初心者で飛距離をもっと出したいなと考えている方の参考になれば幸いです。

© 2022 これちょっと気になる Powered by AFFINGER5