広告

犬が寝る歌は本当に効く⁈聴かせると喜ぶ音・嫌がる音を徹底調査‼︎

TikTokで話題になった「犬が寝る歌」の存在をご存知ですか?

聞くだけで犬や猫がウトウトしてしまうという、言わば『動物用の子守唄』ですね。

今回は犬が寝ると噂の歌の真相や犬の好きな音楽・嫌いな音楽、聴かせると良い場面などを徹底調査してみました。

 

 

犬が寝る歌とはどんな歌?100年前の曲って本当⁈

TikTokで話題になったのはイギリス在住の女性2人がハモりながら歌う動画。

歌われていたのは1926年にリリースされアーヴィング・カウフマンの『Tonight You Belong to Me』が原曲です。

数々のアーティストによってカバーされた世界的に有名な歌です。

日本でもナンシー・シナトラによるカバー『イチゴの片想い』が大ヒットしました。

その後も日本のアーティストにカバーされたり日本語に翻訳された歌詞でリリースされるほどの人気となりました。

TikTokでは昔の曲が巡り巡ってまた流行る、いわゆる『バズる』という事がありますが、この曲は約100年も前の曲。

しかも動物の子守唄としてバズるなんて、当時の人達もびっくりでしょうね…!

聴いてみると意外とポップな曲調でしたが、心地の良いハモリは確かにリラックスでき、ペットのみならず人間の眠りも誘いそうです。

 

 

『犬が寝る歌』は本当か⁈検証結果とネットの声

『犬が寝る歌』とTikTokを始め、YouTubeやTwitterなどで多くの人が音源と共に犬が眠りにつく様子の動画をアップしています。

あっという間に話題になったこの動画は、テレビでも特集されていました。

 

テレビで実際に検証⁈その結果は⁈

この話題が特集されたのは2021年2月17日のTBSの番組『動物スクープ100連発』です。

歌手のさくらまやさんが『Tonight You Belong to Me』を歌って聞かせると、愛犬は寝るのかと言う企画がありました。

その結果は噂通り、愛犬は寝て説は立証となりました。

 

結果にネットでは賛否両論⁈

テレビで結果が出たのなら信憑性が高そう!と思いきやネットでは意見が割れました。

その理由は歌を聴いて寝たと言えど、検証時間が30分掛かった為です。「30分も時間掛けたら歌関係無しにみんな寝るでしょ」との声がありました。

確かに即効性が無ければ歌が原因で寝たかどうかは判断が難しいですね…。

その後、テレビを見て実際にやってみたと言う人達の中にも「うちの子に試したら一瞬で寝た!」「効果抜群!」と言う人達がいる反面、「効果が感じられない」と言う人も。

やはり動物達への効果も個体差があるようですね。

 

寝かせるコツは?

犬は鼻が利くイメージですが、耳も人間に比べて4〜8倍の耳の良さで、1㎞先の音も聞こえるほどです。

人間にとっては「少し小さいかな?」と思うくらいの音のボリュームが犬にとってはちょうど良く、大き過ぎるとかえって興奮してしまいます。

歌を聴かせる時は音量を小さくすることを意識しましょう。

 

 

犬が好きな音・嫌いな音を徹底調査!

犬も好きな音を聴くと嬉しくなったりリラックスでき、嫌いな音にはストレスを感じます。

 

好きな音や音楽

犬が好きな歌や音楽は次の4種類です。

 

飼い主から聞こえる音や声

犬を飼っている方は家に帰って来たら愛犬が玄関まで迎えに来てくれたり、声を掛けるとしっぽを振って喜んだりという経験があると思います。

犬にとって大好きな飼い主さんから聞こえる足音や声は、大好きな音です。

 

好きなおもちゃの音

『好きなおもちゃの音=飼い主に遊んでもらえる』と紐付けて覚えている犬はおもちゃの音も大好きです。

また、小動物の鳴き声のような『ピッ』と高い音が鳴るおもちゃが、より動物的な本能が刺激されるため好まれると言われています。

 

ドッグフードの音

ドッグフードを開ける音を聞いて駆け寄ってくるワンちゃんの姿も目に浮かびますよね。

犬は頭が良いので音を覚えてドッグフードの袋などを開ける音を聞けば、ご飯の合図だと寄って来ます。

 

スローペースの音楽

クラシックなどのゆったりした音楽は人間だけでなく犬にとってもリラックス効果や癒し効果があります。

 

嫌いな音や音楽

犬にも嫌いな音や音楽があり、それは次の3種類です。

 

大きな機械音

犬は自然界に無い機械の音が苦手で、特に掃除機やドライヤーなどの大きな音には強く警戒します。

 

花火や雷などの爆発音

ただでさえ聴覚が敏感で大きな音が苦手な犬にとって、人間でもびっくりするような花火や雷などの爆発音はかなり不快に感じます。

 

激しい音楽

ヘビーメタルやハードロックなど、曲調が激しかったり重低音が響くような音楽は人間だけでなく犬も興奮させます。

落ち着きがなくなったりストレスを感じたりする事があるので犬の近くで聴く時は様子を見ながら注意して聴くようにしましょう。

 

 

こんな時に役に立つ⁈犬に音楽を聞かせると良い場面とは?

犬に音楽を聴かせると良い場面とは、どんな時があるでしょうか。

 

散歩の時

人間も好きな音楽を聴きながら歩くと楽しくなって遠くまで行くのも苦ではなくなったりしませんか?

犬にとっても音楽は気持ちを高揚させてくれるものです。

 

留守番の時

飼い主が居なくて留守番をしなくてはいけない時、犬にとっては不安に感じる場合もあります。

ゆったりと落ち着けるクラシックなどを掛けることで犬の気持ちも落ち着きます。

 

何かに怯えている時

先述した通り、人間が音楽を聴きリラックスするように、犬も音楽を聴くことでリラックスして落ち着きます。

雷や花火、大きな機械音で犬が怯えている時は落ち着けるクラシックなどを掛けてあげると効果的です。

 

 

犬が寝る歌は本当に効く⁈聴かせると喜ぶ音・嫌がる音を徹底調査‼︎のまとめ

今回は

  • 犬が寝る歌の原曲はアーヴィング・カウフマンの『Tonight You Belong to Me』
  • 効果があるかはネットで賛否両論
  • 犬にも聴いてリラックスできる音とストレスを感じる音がある
  • 犬にリラックスさせたい時や元気づけたい時に音楽を聴かせると良い

についてまとめました。

人間にもそれぞれ好みの音楽があるように、犬にも好きな音楽が見つかるかもしれません。

愛犬と一緒に音楽を聴いてゆったり過ごしてみるのも良いですね!

 

© 2022 これちょっと気になる Powered by AFFINGER5