暮らしの知恵

かっさはお肌や体に悪いの!?良いところ&悪いところを徹底調査!!

小顔やスタイル美人を目指す女性たちの間で数年前から大人気のかっさ

手軽に使えて持ち運びもしやすいことから人気は衰えません。

そんなかっさですが、お肌や体に悪いという噂もちらほら聞かれ気になるところ・・・

そこで、かっさはお肌や体に悪いのか!?噂の真相に迫ります‼

 

 

かっさはお肌や体に悪いの!?答えはこちら!!

引用 Amazon

かっさはお肌や体に悪いのか!?答えは・・・

良いところも悪いところもある!!

マッサージはじめ色々な美容法に言えることですが、何でも正しいやり方で適度にやるのがいいのです。

せっかくいい効果を持っている美容法も、やりすぎてしまえばその効果を十分に体感できないどころか逆効果になってしまうこともあります。

かっさも同じ。

マッサージはそれなりにお肌や体への刺激となるものですから、やり方を間違えたりポイントを理解せずに我流で使うと後で後悔することにもつながります💦

かっさのお肌や体に良い点・悪い点をしっかり理解し、正しいやり方やポイントをおさえて、かっさの良いところを引き出す使い方をして効果を得ましょう✨

 

 

かっさのお肌や体に良いところはこの点!

まずはかっさのお肌や体に良いところを知りましょう🎶

かっさの良いところ

  • 独特の形によって力を入れずに圧をかけやすい
  • 小さく電源も必要ないため持ち運びしやすい
  • 安価で手に入るものもある
  • 適度な刺激により顔や肌への様々な効果が見込める
  • 使い方や種類によってボディケアも可能

まず、あの何とも言えない独特な形に注目!!

色々な形のものがありますが、どれも狙った部位を手軽に刺激しやすいように考えて作られています。手でマッサージするというのはなかなか疲れますよね。

また、電源がいらないというのもポイント。美顔器など電源や電池が必要なものは電池切れとともについ放置してしまいがち。

かっさはお値段は素材や形によって様々ですが、ドラッグストアや雑貨店で安価で購入できるものもたくさん見かけます。

かっさを使えば力をあまり加えなくても欲しい刺激を十分加えることができますし、いつでもどこでも気軽に使えるので、セルフケアにはもってこいのアイテムと言えますね✨

かっさの良いところは女性にとって魅力的な点ばかりです🎶

そして、かっさの刺激によって得られる効果はこちら↓

かっさで得られる効果

  • リンパの流れを良くして全身の老廃物や毒素を流す⇒デトックス効果
  • 血流改善⇒肌荒れ・肩こり・冷え性の改善効果
  • リンパやつぼの刺激による代謝アップ⇒風邪予防・免疫力アップ
  • 水分の排出を促しむくみを改善⇒小顔効果
  • 表情筋の刺激によるたるみ改善⇒リフトアップ・アンチエイジング効果
  • お肌のターンオーバーの正常化⇒肌荒れ・くすみ改善効果

リンパはリンパ管とその中を流れるリンパ液から成り、体内の老廃物や余分な水分を回収する下水管のような役目を果たしてくれています。

その流れを良くすることによって全身のデトックス効果が得られ、ダイエット効果、便秘や肩こり改善、美肌効果、むくみの改善、アンチエイジング効果など、様々な部位に良い効果をもたらしてくれます。

 

血流が悪く冷え性にお悩みの女性も多いですよね。

かっさの適度な刺激によってその部分がじんわり温かくなるのが感じられるかと思います。これは血の巡りが良くなり、全身に血液がめぐり始めた証拠。

この血流改善によって冷え性や肩こりの改善、疲労回復が見込めます。

 

リンパやつぼを刺激することで風邪予防や免疫力アップも期待できるとのこと!かっさは美容のアイテムと思い込んでいたので、こんな良いところがあることはすっかり見落としていました💦

 

そして、かっさが大流行した一番のポイントではないかと思われるのがこの小顔効果!

お顔のコリや首筋のリンパを刺激することによって体内の毒素と一緒に余分な水分のっ排出を促します。その結果、むくみを取ることができます。

また、顔の表面にある表情筋が刺激されることでたるみ改善リフトアップ効果が見込め、すっきり小顔効果が得られるのです✨

 

表情筋の刺激によるたるみの改善は、実は毛穴の引き締めとも深い関係があります。

毛穴が目立つ原因はいくつか考えられますが、そのうちの一つが加齢によって表情筋が衰えお顔全体がたるんだことによるたるみ毛穴。重力に逆らえずお肌がたるむことによって毛穴が下にビロ~ンと伸びて広がり目立ってしまうのです。

このように、かっさで表情筋を刺激しリフトアップすることで小顔効果だけでなく加齢によってお顔にあらわれた様々な症状を改善するアンチエイジング効果も得ることができるのです。

昨今のマスク生活で、表情筋の衰えが指摘されています。そんな今だからこそ、かっさの良いところである表情筋を刺激するという点は注目ポイントであると言えそうです。

 

かっさの刺激によって代謝が上がり、血流が改善されることによってお肌の生まれ変わりのサイクルであるお肌のターンオーバーを正常に整えることも期待できます。

お肌の生まれ変わりのサイクルが乱れると肌荒れ、シミやシワ、くすみなどの原因となります。

かっさで全身の代謝を上げると同時にお肌の代謝もアップすることで、これらの肌トラブルを解決に導くこともできるのです!

 

かっさのお肌や体に良いところ、たくさんありましたね👍

ただ、後述しますが、この良いところを体感できるのは正しいやり方で正しく使った場合のみ‼

間違った使い方やお肌や体に悪いところをしっかり把握して使わないとせっかく美しくなるために使ったはずがとんでもない逆効果になることも・・・

 

 

かっさのお肌や体に悪いところはこの点!

続いては、かっさのお肌や体に悪いところを見ていきましょう‼

かっさの悪いところ

  • お肌の炎症を悪化させる
  • 摩擦による色素沈着
  • シワやたるみの原因となる
  • 内出血を起こす
  • 消化不良を起こす
  • 体調不良を悪化させる恐れがある

かっさを使ったマッサージは、その刺激を利用して美容効果を得るというものです。

正しいやり方で使わないとこのような悪い点が逆効果として表れてしまいます。

 

元々お肌が荒れ気味だったり吹き出物が出来ている状態の場合、かっさでこすることによって炎症部分が悪化することがあります。ニキビや吹き出物が悪化し、シミとなって痕が残ることも・・・

 

少ない力で効率よく刺激を与えられる構造になっているからこそ、ついついゴリゴリと強く刺激してしまいますが、この摩擦がシワやたるみ、色素沈着の原因となります

いた気持ちよくて癖になり毎日やりたくなるという方もいますが、頻度が多すぎるとそれだけお肌への負担も大きくなり、かえって肌トラブルを引き起こす原因となってしまうこともあります。

 

強い力が加わることで内出血を起こすことも。内出血の跡がそのまま色素沈着で残ることもありますので注意が必要です。

 

かっさと消化不良に関係なんてあるの!?と思われる方もいらっしゃるかもしれません。食後すぐにかっさを使うと血液が刺激が加わった部分に送られ、消化器官へ消化に必要な血液がに十分送られなくなることがあり、そのせいで消化不良を引き起こすのです。

また、飲酒後は血行が良くなっているため、かっさによって血行が良くなりすぎてしまいます。

体調不良時も、体に余計な負担がかかりかえって体調を悪化させてしまうことがあります。

 

かっさの悪いところでお肌や体に悪影響を及ぼさないために、以下のことに気を付けて使いましょう✨

気を付けること

  • 肌荒れや傷、日焼け痕などの炎症を起こしているお肌には使用しない
  • 力を入れすぎないでこするよりなでるイメージで
  • 使う前に乳液やオイル、クリームをたっぷり塗る
  • メイクを落としてから使う
  • 内側→外側・下→上を意識して使う(顔の場合。部位によって異なる場合も)
  • 入浴後などのお肌が柔らかく体が温まって血流やリンパの流れのいいタイミングで行う
  • 使用前後で水分補給をする
  • 毎日使わず週に2~3回の使用にとどめる
  • 食後最低でも30分(理想は2時間)は使用を避ける
  • 体調不良時、飲酒時は使用しない

炎症を起こしているお肌に無理に使用するのはさらに炎症を悪化させるのでNG✖

炎症は刺激しないのが一番です!!

 

かっさと言えばゴリゴリグリグリのイメージですが、内出血や摩擦による色素沈着を引き起こす原因となるので、「痛い」と感じない程度にとどめておくのがいいとのことです。

 

お肌を傷つけないために直接の使用は避け、スキンケアの後やオイルなどで滑りを良くしてから使うようにしましょう。また、メイクの上からかっさを使うと色素沈着や傷になる可能性があります。必ずメイクを落とした状態で使いましょう。

 

かっさは血流やリンパの流れに沿って使うのがより効果的です。

流れに逆らって使ってしまうのは効果が半減してしまう惜しい使い方💦

体全体の流れを意識して基本内→外、下→上に向かって動かすことによりさらに高い効果が得られます。

 

特にお顔などお肌の薄い部分は少ない刺激にも敏感です。

二の腕の内側なども触ると柔らかいのがわかると思います。そういった部分に使う場合は力加減もそうですが、入浴時やお風呂上りなどの血のめぐりが良くお肌が柔らかくなった状態に使ってあげると色素沈着やそれによるシミやシワを防ぐことができます。

体に使う場合はお肌も丈夫なことからつい力を入れてしまいがちです。

その結果ひどい揉み返しがくることも・・・

かっさを使うタイミングを意識することでそういったトラブルも回避しやすくなります。

 

かっさを使うことによってリンパの流れが良くなり、老廃物と一緒に余分な水分を外に出してくれる効果がありますが、水分の排出が促されることによって水分不足が起こることもあります。

使用前後に水分補給をすることで、余分な水分の排出を促しながらより高いかっさの効果を引き出すことができます。

 

気持ちいいし手軽だし毎日の日課に・・・という気持ちもとてもわかりますが、何度も言うように刺激しすぎるのは良くありません

何でも程々が一番なのです✨

かっさの色素沈着などの悪いところを引き出さないためにも、使用頻度は週に2~3回にとどめるようにしましょう。

肩や脚などの比較的お肌の厚い部分であればもう少し頻度を上げてもいいかもしれません。

その際も力の入れすぎにはご注意ください💨

 

食後や体調不良時の使用は絶対にやめましょう。

体にいいとされることもタイミングを間違うと後で苦しむのはあなた!!

小顔やスタイル美人になりたいという気持ちはわかりますが、まずは体の健康を最優先にしましょう。

きれいはそれから💕

 

かっさの悪いところは言い換えれば「かっさを使う際の注意点!」

かっさを使うことがお肌や体に悪いのではなく、上記の気を付けることを念頭に置いて正しいやり方で正しく使うことが大切です。

かっさの悪いところ、気を付けることをおさえて、良いところを効果として実感できるよう是非参考にしてみてください👍

 

 

かっさを正しいやり方で使おう!マッサージで効果を引き出すポイントとは?

 

かっさの良いところや得られる効果、悪いところと気を付けることは整理できましたか?

次にかっさの効果を引き出す正しいやり方とはどんなものなのか、部位別に見ていきたいと思います‼

色々なやり方が見られますが、難しいことは考えず簡単にできる方法を今回はご紹介いたします🎶

 

顔・首筋

小顔効果やリフトアップ、たるみやむくみの改善など、かっさに求める効果として一番大きいのはお顔への効果ではないでしょうか?

リンパの流れを良くすることで、肌色や肌ツヤも良くなり、すっきりとした小顔や若々しいピンと張ったお肌を手に入れることができます✨

ポイントはコリを少しづつほぐすように細かく丁寧にゆっくり行う事。

もちろん力の入れすぎは禁物です

気を付けることの中にもあった内→外、下→上を意識し、「小鼻からこめかみ」、「口角の横やあごの真ん中から耳の前」「額から生え際」「頬骨からこめかみ」など、必ず一方向にかっさを動かしてください。

かっさを使わないマッサージでも同じことが言えます。

「下から上に重力に逆らうように!」なんて言いますよね。

顔や首筋は皮膚が薄く、特に年齢の出やすい場所だと言われています。

丁寧に優しく、細かく細かく動かしてあげることによって、刺激を与えすぎずにかっさの良いところであるリンパを流す効果を引き出してあげましょう。

 

目の周りにあるツボをかっさの尖った部分で優しく刺激することで、疲れ目や眼精疲労の解消にも効果があります。

パソコンやスマートフォンに向かう時間が長い方は、目の下や横のツボを刺激して視力の低下や疲れ目による頭痛を防ぎましょう。

ただ、目の周りのお肌はとても薄くて刺激に弱いです‼

やりすぎはたるみや炎症の元となりますのでお気を付けください。

 

耳周辺

 

耳のすぐ下にある耳下腺リンパ節顔の「ゴミポケット」とも言われ、ここにリンパを流すことによって老廃物をろ過してくれ、余分な水分の排出も促されます。

エステなどでも顔のマッサージをした後この耳下腺リンパ節に向かって老廃物を流していきます。

そうすることでむくみが取れ、顔色も明るくなる効果があります。

かっさのとがった部分を使って上から下へ(この耳下腺リンパ節の場合は顔と逆になります)首筋に沿うようにリンパを流しましょう。

柔らかい部分ですので、優しくなでるようにするのがポイント✨

耳の上をかっさでマッサージすることによって、顔だけでなく頭のコリを取る効果も期待できます。

 

デコルテ

鎖骨の上のくぼんだ部分にも太いリンパ節があります。

耳下腺リンパ節と同じく老廃物をろ過してくれますので、かっさを使う際はまずは耳下腺リンパ節や鎖骨リンパ節を刺激して老廃物の流れを良くすることから始めると良いでしょう。

ゴミ箱の口を開けてあげるイメージです✨

ちなみに、ワキの下にも太いリンパ節がありますので、ここも一緒に刺激してあげるといいですね。

デコルテの鎖骨の上下部分を内から外へ、ここは老廃物が溜まりやすく痛みがあるかもしれませんが、痛気持ちいくらいに刺激すると、むくみが取れすっきりとしたフェイスラインが現れます。

骨ばっている部分ですので、傷にならないよう、力を入れすぎないように気を付けてくださいね‼

 

頭部

頭にはツボがたくさんあります。かっさをクルクル・ジグザグ色々な動かし方をすることで頭にある経絡のつまりを解消できます。

後頭部やツボが集中する生えぎわ付近、えり足の部分を下から上に持ち上げるようになでることで、頭のすっきり感を得ることができます。

パソコンやスマホの見過ぎで頭皮が凝り固まると抜け毛や薄毛の原因となります。かっさで頭皮を程よく刺激することによってこうした髪の毛のトラブルの解消にもつながります。

顔や体同様、何もつけずにこするのは刺激が強すぎて良くありません。

アロマオイルなどべたつかない程度に頭皮を保護できるものをつけてからかっさを使うようにしましょう。

 

腕・二の腕

二の腕や肘の内側をつまんでみてください。痛みを感じませんか?

私は普段肩こりがひどくてマッサージにも行くのですが、サロンの方から「実は腕はすごくむくみやすい場所なんですよ」と教えていただいたことがあります。

肩こりばかりに気を取られて・・・盲点でした💦

二の腕もぷにぷにして柔らかい部分ですが、実は老廃物が溜まりやすい場所でもあります。

リンパの流れに沿うように、腕の外側は肘から肩に向かって下から上へ、肘の内側は逆向きに、二の腕はワキの下のリンパ節に向かって流すことで、むくみが取れすらっとした二の腕を目指しましょう。

 

脚・足裏

むくみが気になる部分と言えば顔と脚💦

体の外側から中心に向かって流していきましょう。

膝部分の骨ばっているところは触れないようにして、まず足裏のつま先からかかとに向かってさすり、その後脚の外側を上から下に、内側は逆向きにマッサージしていきます。

太もものセルライトを刺激することによってすらっとした脚も目指せるかも⁉

そのままおしりもマッサージしてればヒップアップ効果も見込めるそうです✨

 

お腹周り

お腹周りにかっさを使うことによって血行を促進し、ぽっこりお腹の解消やお腹痩せが期待できます。

また、腸のマッサージ効果も同時に得られますので、便秘にお悩みの方にもぜひ試していただきたいです!

かっさの広い面を使っておへそ周りをグルグルと2,3回ほぐし、お腹の上から下へと流します。

かっさをあらかじめお湯に浸すなどして温めてから使うとさらに効果的👍

 

 

かっさってそもそもどんなもの?

かっさのお話をたくさんさせていただきましたが、そもそもかっさって何?日本語でないのは何となくわかるけれど・・・と思われる方も多いと思います。

かっさは元々2500年前から中国で行われている伝統的な民間療法「刮痧(かっさ)療法」からきており、「刮(かつ)」は削る、「痧(さ)」は停滞している血液を意味します。

かっさプレートという独特な形の板を使って肌の上からリンパなどを刺激し、体内の毒素を肌表面に押し出す療法なのだそう。

台湾では夏バテした時や調子が悪いと感じた時に家族同士で刮痧をすることもあるほど、国民に根付いた健康法なのだそうです。

今日本の女性の間で使われているかっさは「美容法」としての意味合いが強いので、使われ方としてはルーツとは少し違っているようです。

本場中国や台湾では結構激しくかっさ治療が行われるようで、ネット上にも痛々しい写真がちらほら💦(見た目ほど痛くないようですが・・・)

真似しておうちでゴリゴリしすぎないよう、くれぐれもご注意ください

 

 

かっさの素材や形はさまざま!使い方に合わせてチョイスしよう♪

中国から日本に渡り、用途も女性の美の為へと変化を遂げたかっさ。

ドラックストアやネット通販で簡単に手に入るかっさにはさまざまな種類があります。

素材や形、色々あって迷ってしまいますよね?

選ぶ時の参考にしていただけるよう、特徴や用途とともにまとめていきたいと思います💕

 

素材で選ぼう

引用 Amazon

まずは販売されているかっさの素材にはどんなものがあるのかまとめて見ていきましょう‼

素材 特徴
天然石(ヒスイ・水晶など) ひんやり気持ちいい肌触り 消毒に高い耐久性がある 割れやすい
牛角 柔らかでぬくもりがある プロも愛用 湿気や高温、乾燥に弱め 値段が高い
陶磁器 肌馴染みが良くなめらかで優しい肌触り お肌が荒れやすい方におすすめ 割れやすい
木製 使うほどに手になじむ 水分に弱く湿気で変形することも
ステンレス 熱や湿気に強くさびにくい 気軽に洗えて衛生的 お風呂場でも使用可能
プラスチック お手頃価格 お試しに最適

お手頃で試しに購入しやすいプラスチック製のものからエステティシャンなどのプロも愛用する牛角まで、さまざまな素材のものが揃っています。

お肌や体に触れるものなので、感触も大事ですが、衛生的に使えるというポイントも重視したいですね。

 

形で選ぼう

引用 Amazon

続いてはかっさの形の違いと用途についてまとめて見ていきましょう‼

用途
羽型・魚型 全身 ギザギザ部分は頭皮、細かいカーブは目の周りなど 最もメジャーなタイプ
長方形型 顔や体 長い部分は脚や腕、短い部分は顔など細かい部分に
棒型 ツボ押し へら状の部分は顔など
眉型 顔に向いている 広い面でおでこや頬、小さな面で目頭など
くし形 くし部分は頭皮、反対側は体、カーブは顔に向いている

こんなにも形の種類があるんです‼

迷ってしまいますが、かっさ初心者の方は最もメジャーな羽型・魚型を選ぶといいでしょう。

2つ目以降の購入やピンポイントでここに使いたい!!というのがある方は、上の表を参考に自分の用途にピッタリの形を選んでみてください✨

 

 

かっさはお肌や体に悪いの!?良いところ&悪いところを徹底調査!!のまとめ

かっさはお肌や体に悪いのか⁉調査結果はこのようになりました。

まとめ

  • かっさにはお肌や体に良い効果がたくさん得られる
  • 手軽に使えて力を加えやすい分、間違った使い方で悪い影響が出やすい
  • 良いところと悪いところ両方を知って正しく使うべし
  • 素材や形も様々。特徴や用途、肌触りの好みに合わせて選ぼう

高い美顔器などを使わずにお手頃な価格で気軽に持ち運び出来て使いやすいかっさは、女性にとってとても助かるアイテムです。

ですが、悪い使い方をしてしまえばせっかく良い効果を得られるはずのかっさも逆効果に💦

正しい使い方や頻度でかっさの良いところを存分に引き出し、効果的に小顔やすらり脚を目指しましょう🎶

 

-暮らしの知恵
-

© 2021 これちょっと気になる Powered by AFFINGER5