広告

メリットは子供も使える?成分は?いつから使える?子供のシャンプーにメリットが良い理由!!

シャンプーは種類がたくさんありますが、子供が使えるものはどれなのか迷いますよね。

我が子に使うシャンプーは子供の肌や髪の毛に良いものを使いたいと思う方も多いのではないでしょうか。

今回は、子供も使えるシャンプーであるメリットについてまとめました。

 

メリットは子供も使える!いつから使えるの?

CMや店頭でよく見かけるメリット。メリットにはキッズシリーズがあるんです!

 

メリットは子供も使える!

メリットは、子供も使えます。

赤ちゃんの頃ってベビーシャンプーを使うことが多いかと思います。

ベビーシャンプーはもう卒業したいけど、大人と同じシャンプーはちょっと心配・・・。

そんな時期でも、メリットにはベビーシャンプーを卒業したあとのキッズシャンプーとして使用できるものがあるんです。

実際、我が家の3歳の次女は1歳児の時に保育園から試供品のメリットをもらって、そこからずっとメリットです。

次女は肌が弱く、刺激の強いものは肌荒れしちゃうのですが、メリットは肌荒れせずに使えています。

 

メリットは子供も使える!いつから使えるの?

メリットは子供も使えますが、いったい何歳くらいから使えるのでしょうか。

ベビーシャンプーからキッズシャンプーに切り替えるタイミングって難しいですよね。

明確にいつからと決まっているわけではないですが、調べてみたら1歳~3歳までの間に切り替える方が多いようです。

切り替える理由も様々です。

 

保育園や幼稚園に入園するとき、1歳になったとき、髪が伸びてきたとき、汗のにおいが気になるようになったときなど、

家庭によって違います。

我が家は、長女も次女も1歳を過ぎてから、ベビーシャンプーが無くなったタイミングで切り替えました。

 

メリットは子供も使える!本当に安全なの?成分はどうなってるの?

メリットが子供も使えることが分かりました。でも本当に安全なのでしょうか。メリットの成分を調べてみました。

メリットの成分

子供が使える、泡で出てくるシャンプー(ポンプタイプ)の成分は以下になります。

  • ラウレス硫酸アンモニウム:シャンプーの界面活性剤
  • ステアレス-6:非イオン界面活性剤
  • ラウレス硫酸Na:シャンプーの界面活性剤
  • エタノール:アルコールの一種
  • ラウリルヒドロキシスルタイン:両性界面活性剤で洗浄作用がある
  • リンゴ酸:果物に含まれる有機酸の一つ
  • イソデシルグリセリルエーテル:非イオン界面活性剤で起泡剤
  • ラウレス-3:酸性石鹸の洗浄剤
  • ユーカリ葉エキス:ユーカリから得られる抽出物
  • カミツレ花エキス:ジャーマンカモミールから得られる抽出物
  • ヒマワリ種子油:ヒマワリから得られる植物油
  • グリチルリチン酸2K:カンゾウの根から得られるグリチルリチン酸にカリウムを結合したもの
  • PPG-3カプリリルエーテル:シリコーン由来の合成ポリマー
  • PPG-9ジグリセリル:保湿剤
  • ラウリン酸:脂肪酸で、抗酸化作用がある 
  • PPG-7:湿潤剤、保湿剤、溶解剤、乳化剤
  • BG:角層水分量増加による保湿作用、防腐補助
  • 水酸化K:酸性機能成分の中和、pH調整・PH緩衝
  • 水酸化Na:pH調整剤
  • 安息香酸Na:防腐剤
  • 香料:香りづけ

引用:花王ホームページ

 

キッズメリットの適正使用量

子供が使える、泡で出てくるシャンプー(ポンプタイプ)の使用量の目安は以下になります。

  • 髪の長さが耳にかかるくらい:約2プッシュ
  • 髪の長さが肩につくくらい:約4プッシュ

引用:花王ホームページ

上記のような目安はありますが、子供の髪の毛次第ではあると思います。

我が家の次女の髪の毛は肩よりもちょっと長いですが、髪の量が凄く少ないし髪の毛自体がとても細いので1プッシュで十分です。

 

メリットは子供も使える!メリットが勧められる理由はなに?

メリットは色々なサイトで子供のシャンプーとして勧められています。その理由はなんでしょうか。

 

メリットが子供も使えるシャンプーとして勧められる理由は以下になります。

メリットが子供のシャンプーとして勧められる理由

  • 植物由来成分配合
  • ノンシリコーン
  • 泡で出てくる
  • ポンプタイプで子供も押せる
  • 泡切れが良い

 

メリットがお勧めされる理由①:植物由来成分配合

キッズメリットは、ユーカリエキス、フルーツ酸、植物由来成分を配合しています。

化粧品やシャンプーなどのパッケージでよく目にする「植物由来成分」ですが、これには基準や定義が定められていません。

一般的に、身近にある草木や野菜、植物などを皮膚科学的に見て優れた効果を持つ植物から生まれた成分であると言われています。

植物由来成分は、石油系の成分が登場する前から使われ、好まれてきた成分です。

 

技術の発達に伴い、植物由来成分より、人の手で改良を加えた石油系合成界面活性剤が注目されるようになりました。

石油系合成界面活性剤は安く大量生産ができることや、植物由来成分よりも洗浄力などで高い効果を発揮するためです。

しかし、石油系合成界面活性剤は、植物由来成分に比べ皮膚への浸透性が高く、高濃度で使用すると人体へ悪影響があると言われはじめ、再び植物由来成分が注目されるようになったのです。

石油系合成界面活性剤は刺激が強く、植物由来成分は低刺激ということですね。

例えば、鉱物油の代わりにオリーブオイルやホホバオイル、タール系色素の代わりにベニバナやクチナシ、保湿成分として大豆イソフラボンや植物性グリセリンが使われたりします。

 

メリットがお勧めされる理由②:ノンシリコーン

メリットにはシリコーンが含まれていません。最近はノンシリコーンが注目されていますが、実はよく分からないという方もいると思います。

シリコーンというのはケイ素を中心とした合成樹脂で、コーティング剤のようなものになります。

ヘアワックスやトリートメント、日焼け止めやファンデーションなど、様々な製品にシリコーンが含まれています。

ノンシリコーンシャンプーはヘアケアに力を注ぐ女性や、より自然なものを使いたいと考える人が増えてきたことで注目されるようになりました。

シリコーンシャンプーは、シリコーンがキューティクルをコーティングするため、しっとりとまとまった仕上がりになります。

一方ノンシリコーンシャンプーは、さらっとした軽い仕上がりになるのが一般的です。

ノンシリコーンのメリットは、髪や頭皮を素の状態に近づけられるため、健やかな髪や頭皮を保つことができます。

また、シリコーンシャンプーではシリコーンの重みで髪がペタッとしてしまったりべたつきが気になるといったことがあります。

 

しかし、ノンシリコーンシャンプーではシリコーンによる重みが無くなるので、髪本来の重さだけでふんわりと軽やかな仕上がりになります。

髪が細くて柔らかい人や薄毛・抜け毛に悩む人、髪のボリュームを出したい人にもおすすめです。

子供の繊細な髪にはやはりノンシリコーンがいいですね。

 

ノンシリコーンのデメリットは、髪質によってはシャンプー中やシャンプー後に髪のきしみ・パサつきが気になったり、指どおりの悪さを感じてしまうことがあります。

 

また、しっかりと泡立てないことで、髪への摩擦が生じ、ダメージを受けやすい状態になってしまいます。

メリットキッズは、泡で出てくるのでごしごし擦る必要はなく、髪への摩擦は少なくて済みます

ノンシリコンシャンプーには髪をコーディングするシリコンがないため、ドライヤーやヘアアイロンの熱が直に伝わり、髪はダメージを受けやすい状態になります。

 

子供の髪をドライヤーで乾かす場合には、洗い流さないトリートメントや保湿剤を塗って、熱から髪を守る工夫をするとダメージの軽減につながります。

 

メリットがお勧めされる理由③:泡で出てくる

キッズメリットの泡で出てくるシャンプーは、その名の通り、ポンプを押すと泡が出てきます。

既に泡立った状態で出てくるので、子供が泡立てなくてもそのまま髪を洗うことができます。

メリットはノンシリコーンなので、しっかり泡立てないと髪や頭皮を痛めてしまう可能性があります。

泡で出てくるシャンプーなら、泡立てがうまくできない小さい子供でも安心して使うことが出来ます。

メリットがお勧めされる理由④:ポンプタイプで子供も押せる

ポンプが軽いので、ギューッと押さなくても泡が出てきます。

我が家の次女が1歳の時も押せていたので、力のない小さい子供でも自分で押すことができます。

子供の成長に伴って「自分でやりたい!」という意欲が出てきますので、軽いポンプだと子供が自分で押せるので自尊心達成感を得ることができます。

ただし、1歳や2歳だとまだ自分で洗うことが難しいので、洗う時は大人が補助してあげてくださいね。

 

メリットがお勧めされる理由⑤:泡切れが良い

シャワーでさらっと流せます。

流し残しは髪や頭皮のトラブルの原因になります。子供の髪や頭皮を守るためにもしっかりすすぎたいですよね。

メリットなら何度も流さなくてもすぐ流れてくれるので、流し残しの心配もいりません。

 

 

メリットで子供も使えるお勧めのシャンプーとコンディショナーを紹介します‼

一言でメリットと言っても種類があります。今回は、子供も使えるものを紹介したいと思います。我が家の次女も使っているお勧めのものです。

 

メリットで子供も使えるお勧め製品①:泡で出てくるシャンプーkid`s

引用:Amazon

洗いあがりがさっぱりするタイプのシャンプーです。ナチュラルフローラルの香りになります。

 

最初に次女が使ったのがこれでした。当時は髪がまだ短かったので、からまりもあまり気になりませんでした。

 

メリットで子供も使えるお勧め製品②:泡で出てくるシャンプーkid`sからまりやすい髪用

引用:Amazon

 

からまりやすい髪用になります。次女も現在はこちらを使っています。

 

次女がピンクが好きなのと、髪の毛が伸びてきたので、よりからまりにくいシャンプーにしたいと思ってこちらにしました。

 

メリットで子供も使えるお勧め製品③:さらさらするん!コンディショナーkid`s

引用:Amazon

子供も使えるコンディショナーです。

 

シャンプーと同じで、押しやすいポンプなので、小さい子でも使いやすいです。我が家の次女は3歳になってからコンディショナーも使い始めました。

 

シャンプーだけよりも洗い上りがサラサラになります。

 

 

メリットは子供も使える?子供のシャンプーにメリットが良い理由!!のまとめ

  • メリットは子供も使える

 

  • ベビーシャンプーとキッズシャンプーの切り替えは、1~3歳の時が多い。

 

  • メリットが子供も使えるシャンプーとして勧められる理由は、植物由来成分配合、ノンシリコーン、泡で出てくる、子供も押せるポンプ、泡切れが良いことである。

 

いかがでしたか?

 

メリットは、小さい子供でも安全に使うことができます。

 

また、ポンプタイプで軽い力でも押せるようになっていますので、1人で髪を洗い始めるときにもお勧めできます。

 

お子さんのキッズシャンプーにメリットも候補に入れてみてはいかがでしょうか。

© 2022 これちょっと気になる Powered by AFFINGER5