暮らしの知恵

ミューザ川崎シンフォニーホールでは安い座席でも十分演奏を楽しめます

川崎駅前にあるミューザ川崎にコンサートを聴きに行ってきました。ここのホールは、音楽専用ホールとなっており、すり鉢型と呼ばれる座席配置を取っています。サントリーホールと客席形状は同じで、チケット代金は2割引きくらいの感覚ですのでお得な気分で視聴することができます。

こんな席を選んでも何の問題もない。

今日は、初めてステージの後ろ側の席を購入。あんまり高額なチケットを年中購入するわけにもいかないので、一番安いC席を購入しましたが、残っていたのがステージの後方ということになってしまいました。。通常価格は3000円(税込)ですが、一応、友の会会員なので2700円(税込)でチケットを購入。まあ、高いチケットを購入してステージの正面で聴けるに越したことはないのですが、それでも、テレビで聴くのより全く違った経験ができます。

今日の曲目

J.S.バッハ(L.カリエ編):小フーガト短調(オーケストラバージョン)

この曲は、確か中学2年の音楽の教科書にも出てくる、オルガンの超有名な曲。個人的には、中学の時に吹奏楽バージョンをそれこそ、中学3年間、ずーと吹き続けた曲なので、大変よく知っている曲です。

オーケストラバージョンというのは初めて聴きましたが、ステージが近かったため、どの楽器が吹き出して、次にどの楽器というのが、大変よくわかり、関心しながら聴いてしまいました。

出だしは、多分、クラリネットのソロ。そこに、クラリネットが重なり、次にヴァイオリン等その他の曲が重なっていく感じでした。オルガン曲なので、整然と曲が進んだ感じがしましたが、終盤は結構激しい演奏になり、指揮者の方が髪を振り乱し指揮をしているのが印象的でした。丁度、ステージ後方の席にいると、指揮者の指示が良く見えるのですが、この指示では、私は、どう合わせればいいのかわからない。。プロの世界はこれで揃うんだと変なことに関心してしまいました。

ジョンゲン:オルガンと管弦楽のための協奏的交響曲

クラシックの演奏会で、知らない曲を聴くことほど、大変なことはないです。大体、どの演奏会でも、全部の曲を知っているということは、あんまりなく、今回の演奏曲のなかでは、この曲が耳になじみのない曲となりました。事前にユーチューブで予習しようと思ったのですが、残念ながら動画がなく。いきなり聞いたので、満足度はちょっと低めかな?と思ってしまいました。今度はちゃんと予習しようと思います。

とはいえ、ミューザ川崎の売りはパイプオルガンにあったりして、ステージ後方の席をとったため、おー、演奏者が近い、近い。楽譜をめくる音が聞こえるほどでした。全体感としては、オルガンが大変目立つかっこいい曲だったと思います。

 

ムソルグスキー/ラヴェル:組曲「展覧会の絵」

個人的には、今回もっとも楽しみにしていた曲目です。冒頭のトランペットのソロはあまりにも有名で、その主題が曲全体で何回も出てきます。席が近かったので、いろいろ観察すると、最近はトランペットは、楽器立てのようなものがあって、演奏しない間は楽器立てを使っていました。それ以外にも音色を変えるためのミュートが3つか、4つおいてあり、音色に合わせて使い分けているようでした。

今回の座席がどれだけ近かったかと言うと、休符の間に指揮者が楽譜をめくる音が聴こえたのにはびっくりしました。展覧会の絵は、終盤、金管楽器とか、打楽器(特にドラ)がものすごい音を出すのですがものすごい迫力でした。唯一、物足りなかったのは、えーと、アンコールやって欲しいなあと言ったところです。

 

 

 

 

 

 

 

 

-暮らしの知恵

© 2020 これちょっと気になる Powered by AFFINGER5