広告

お茶っ葉の出がらし活用術5選!食べても大丈夫?栄養なども徹底解説

丁寧に淹れた緑茶で、ホッと一息…心が安らぎますよね。
寒い時期だけでなく、日常的に緑茶を飲んでいる方も多いことと思います。

ところで、おいしくいただいたお茶っ葉の出がらし、あなたはどうしていますか?

捨てちゃってる

何かに活用できるって話を聞いたけど、具体的にどう使えばいいのか分からない

実は、私もその内のひとりでした。お茶っ葉の出がらし、捨てちゃっていたんです…。

でもそれ、実はすごくもったいないことだったのです!
日本の心・緑茶には、出がらしになっても、素敵な活用方法がたくさんありました!

この記事を読むと…

  • お茶っ葉の出がらしの活用術が分かる
  • 生活の知恵で、主婦としての腕があがる
  • 毎日がちょっぴり豊かになる

私が調べたお茶っ葉の出がらし活用術を、この記事でお伝えしています。

ぜひ、最後までご覧ください^^

 

 

お茶っ葉の出がらし活用術5選!【節約/生活の知恵】

お茶っ葉の出がらし(=茶殻)の活用術は、主に次の5つです。

 

お茶っぱの出がらし活用術5選
  • お料理に使う
  • お掃除に使う
  • 肥料にする
  • 消臭・脱臭に使う
  • 美容に使う

 

結構たくさんありますよね。

ここでひとつ知っておくと便利なのが、「乾燥茶殻」

お茶っ葉の出がらしを活用したいとき、用途によっては湿ったままでもいいのですが、すぐに使わないと腐ってしまいます。

しっかりと乾燥させておけば、腐らず日持ちするので、いざというとき使いやすいですよ。

 

乾燥茶殻の作り方は簡単です。先にパパっとご紹介いたします。

乾燥茶殻の作り方

<作り方パターン①>

水気を切る→フライパンで乾煎りする。できあがり

<作り方パターン②>

水気を切る→ザルや新聞紙に広げて天日干しにする。できあがり

簡単ですね。

ちなみに時間を短縮したいときは、電子レンジで30秒ほどチンしてから作るといいですよ^^

 

さて、それでは本題に参りましょう。お茶っ葉の出がらし活用術を5つ、順番に見ていきます。

 

活用術①お料理に使う

お茶っ葉の出がらし活用術の1つ目は、【お料理に使う】です。

お料理にお茶っ葉の出がらしを使うときは、レシピによって「湿ったままの出がらし」と「乾燥茶殻」を使い分けましょう。

お茶っ葉の出がらしを使ったレシピは世にたくさんありますが、ここでは導入編として、簡単なものを3つご紹介いたします。

 

ふりかけ

「乾燥茶殻」を使いましょう。

すりつぶした乾燥茶殻に、塩、ごまを混ぜます。

お好みで、鰹節やじゃこなどを入れてもおいしいですよ。

 

天ぷら

「湿ったままの出がらし」を使いましょう。

細かく刻んだ出がらしを天ぷらの生地に混ぜて、そのまま揚げます。

もしくは、すりつぶした「乾燥茶殻」を生地に混ぜ、衣として使ってもいいですね。

 

炊き込みご飯

「乾燥茶殻」を使いましょう。すりつぶした乾燥茶殻を、お米・分量通りのお水と一緒に炊飯器に入れ、通常通りに炊きます。

いつもよりも蒸らす時間を長めにとるのがポイントです。

 

他にも、クッキーの生地に混ぜて和風スイーツにしたり、おひたしにしたりするのもオススメです。

あとにも詳しく述べますが、お茶の栄養は、出がらしにこそたくさん詰まっています。

お茶としていただいたあとは食材として使い、栄養を余すことなく摂取しましょう。

 

お茶っ葉の出がらし活用術の1つ目は、【お料理に使う】でした。

 

活用術②お掃除に使う

お茶っ葉の出がらし活用術の2つ目は、【お掃除に使う】です。

お茶っ葉の出がらしがお掃除に使うことに向いている理由は、次の通りです。

  • お茶に含まれるカテキンが、除菌効果を発揮する
  • 抗菌作用で、カビ対策になる
  • もとは食材なので、手荒れの心配がなく赤ちゃんのいるお家でも安心して使える
  • お掃除が終われば、そのままゴミとして捨てられるため、手軽

では、具体的にどこでどう使えばいいのでしょう。お伝えします。

 

台所での水回りのお掃除

「湿ったままの出がらし」を使いましょう。

お茶パックやガーゼ、古いストッキングなどでお茶っ葉の出がらしを包み、シンクや蛇口を磨きます。すると、結構きれいになるんですよ。

食材を扱う台所で天然の抗菌剤としての役割も果たしてくれるので、一石二鳥です。

他にも抗菌の効果を利用して、まな板・油汚れのついた食器、人の手の触れるところなど、どこを拭いても大丈夫です。

 

注意ポイント

ただし、お茶の色は染みつきやすいので、色が移って困るところはやめておくか、濡れているうちに拭き取るようにしてくださいね。

 

掃き掃除のときに使う

掃き掃除にも「湿ったままの出がらし」を使いましょう。

これを玄関、畳、フローリングの床に撒き、ほうきなどで掃き出します

まんべんなくパラパラと撒くより、一か所に置いた出がらしを転がしていくように掃き出すと、よりいいですね。

お茶っ葉の出がらしがほこりや砂を吸着するので、細かいところのゴミまできれいになりますよ。

除菌効果はもちろん、消臭効果もうれしい作用です。

 

注意ポイント

ただし、畳は湿り続けたままだと傷んでしまうので、お掃除のあとは乾拭きをお忘れなく。

お掃除の後に、ほのかに香るお茶の香り…。素敵です♪

 

お茶っ葉の出がらし活用術、2つ目は【お掃除に使う】でした。

 

活用術③肥料にする

お茶殻は、家庭菜園の肥料】としても使えちゃいます。

肥料にするときは、必ず「乾燥茶殻」を使いましょう。というのも、水分が残っていると腐敗して、失敗してしまうことがあるからです。

パラパラとした状態まで乾燥させてから、土に混ぜてくださいね。

 

お茶っ葉の出がらし活用術の3つ目は、【肥料に使う】でした。

 

活用術④消臭・脱臭に使う

お茶っ葉の出がらし活用術の4つ目は、【消臭・脱臭に使う】です。

お茶が消臭の効果を持つことは、広く知られていますね。おいしくお茶をいただいたあとの出がらしでも、その消臭効果は健在です。

消臭効果を期待してお茶っ葉の出がらしを使うときは、湿ったまま使ったり、乾燥させたりと、場合によって使い分けるのがいいですよ。

 

「湿ったままのお茶っ葉の出がらし」を使うのがいい場合

  • 電子レンジ内の消臭:湿ったままの出がらしを、レンジでチンする。
  • 魚焼きグリルの消臭:湿ったままの出がらしを、グリルの上に撒いておく。

 

「乾燥茶殻」を使うのがいい場合

  • 玄関や靴箱、タンス、冷蔵庫内、トイレなど:乾燥茶殻を置いておく。
  • ブーツや靴の消臭:お茶パックなどで乾燥茶殻を包み、ブーツや靴の中に入れておく。
  • 灰皿や、ペット用トイレなど:乾燥茶殻をそのまま撒く。

 

乾燥茶殻を作るときに、時間短縮のためにレンジでチンする方法があることをお伝えしていました。

湿ったままのお茶っ葉の出がらしをレンジでチンすると、乾燥茶殻を早く作れると同時に、電子レンジ庫内の消臭もできるわけですね。これまた一石二鳥です!

 

お茶っ葉の出がらし活用術の4つ目は、【消臭・脱臭に使う】でした。

 

活用術⑤美容に使う

お茶っ葉の出がらし活用術の最後。5つ目は、【美容に使う】です。

緑茶の成分が、お肌をすべすべにしてくれますよ。その気になる方法は、こんな感じ。

美容に使う方法

  1. お茶っ葉の出がらしをお茶パックや木綿ガーゼで包んで、お風呂のお湯に入れる
  2. 入浴中、お茶っ葉を包んだ袋でやさしくお肌をマッサージする

お風呂に入れる場合は「湿ったままの出がらし」でも、「乾燥茶殻」でも、どちらを使ってもいいでしょう。

 

また、お茶っ葉の出がらしをお風呂に入れるメリットとして、美容以外にも次のことが挙げられます。

アトピーや湿疹、水虫などの皮膚病にも、効果が高い

ニキビへの効果も期待できるので、思春期のお子さんやお孫さんにも喜ばれるかもしれませんね。

 

注意ポイント

このとき大事なのは、効果を期待するあまり、新しい茶葉を使わないこと

緑茶の殺菌効果はアルコールよりも強いため、新しい茶葉では、乾燥しすぎてかえって肌を痛めてしまいます。

お茶は、まず飲んで楽しんでから、お風呂に入れてくださいね。

お茶っ葉の出がらし活用術5つ目は、【美容に使う】でした。

 

以上、お茶っ葉の出がらし活用術を5つ、ご紹介いたしました。

おさらいしておくと、

お茶っぱの出がらし活用術5選
  • お料理に使う
  • お掃除に使う
  • 肥料にする
  • 消臭・脱臭に使う
  • 美容に使う

でした。

次の項では、お茶っ葉の出がらしを活用するにあたって、私自身が疑問に思ったことをまとめています。

ぜひ最後まで読んでみてください。

 

 

お茶っ葉の出がらしを活用するときの疑問その①【お茶っ葉って食べても大丈夫?栄養は?】

おばあさん
出がらしって今まで捨てていたから、残り物ってイメージがあるわ。お料理に使うのは、ちょっと抵抗を感じちゃう…
おかあさん
そもそも、出がらしって食べても大丈夫なのかな?栄養はなさそうな感じがするけど…

と、思っちゃう方もいらっしゃるでしょう。

結論、お茶っ葉は食べても大丈夫です。

 

しかもお茶の栄養素は、なんと7割が、出がらしに残ったままだといわれています。

お茶っ葉の出がらしに含まれる栄養は、次の通りです。

  • 炭水化物
  • タンパク質
  • 脂質
  • ビタミン
  • ミネラル
  • 茶カテキン(タンニン)
  • カフェイン  など

特に、お茶には溶け出さないビタミンAやビタミンEは、出がらしの方にまるまる残っているのです。

 

お茶の聖地・静岡の世界緑茶協会でも、お茶っ葉の出がらし(=茶殻)を活用することを推奨していますよ。

この茶ガラ、皆さんは捨ててしまっているのではないでしょうか。しかし、茶ガラの中に皆さんご存知のカテキンをはじめ、カロチン、タンパク質、食物繊維といった有効成分が豊富に含まれているのです。捨てるなんて勿体ないですよ。

(中略)

以上のように、料理に使ったり、生活の中で利用したりと、その用途は非常に幅広く、きっとあなたの脇役として茶ガラはおおいにその機能を発揮するものと思います。皆さんも、もっともっとお茶を有効利用してお茶と住んでみて下さい。

引用 公益財団法人 世界緑茶協会

 

食べ物を粗末にしないことは、古来より日本の美徳。

お茶っ葉の出がらしをお料理に活用することは、お茶の栄養を余すことなくいただくと同時に、節約・エコにもつながります。

お茶っ葉の出がらしを上手に活用できたら、主婦としての腕がワンランクアップしますよ!

 

 

お茶っ葉の出がらしを活用するときの疑問その②【緑茶だけじゃなくて、紅茶とかでもいいのかな?】

結論、OKです!紅茶だけでなく、麦茶、コーヒーの出がらしも、さまざまな場面で活用できます。

それぞれ活用方法がちょっとずつ異なりますので、ひとつずつ簡単にご紹介いたしますね。

 

紅茶の場合

  • 消臭・脱臭に使う
  • スイーツのアクセントとして使う
  • 紅茶染めに使う

 

麦茶の場合

  • 消臭・脱臭に使う
  • 炊き込みご飯に入れる
  • 入浴剤として使う
  • シンクや蛇口のお掃除に使う
  • 排水溝のぬめり取りに使う

 

コーヒーの場合

  • 消臭・脱臭に使う
  • コーヒー染めに使う

特にコーヒーは、アンモニア臭の脱臭に優れています。トイレや、おむつゴミの消臭・脱臭に使うといいですよ!

 

ハーブティの場合

  • 入浴剤として使う
  • 消臭・脱臭に使う
  • 虫よけに使う(ペパーミント、タイムなど)
  • シンクや蛇口のお掃除、食器の油汚れ落としに使う
  • 肥料にする

私は最近ルイボスティーを愛飲しているので、ルイボスティーの出がらしパックでシンクなどをササっとこすったりしています。食器の油汚れも、よく取れますよ。

 

 

お茶っ葉の出がらし活用術5選!食べても大丈夫?栄養なども徹底解説のまとめ

お茶っ葉の出がらし活用術5選

  • お料理に使う
  • お掃除に使う
  • 肥料にする
  • 消臭・脱臭に使う
  • 美容に使う

活用術以外のまとめ

  • お茶っ葉の出がらしは、食べても大丈夫
  • お茶っ葉の出がらしには、全体の7割ほどの栄養が残されたまま
  • 緑茶以外に、紅茶・麦茶・コーヒーなどの出がらしも活用できる

いかがでしたか?お茶は飲むだけじゃなく、出がらしになってもさまざまな場面で活用できることが分かりましたね。

お茶っ葉の出がらしを上手に活用できれば、エコや節約につながります。

あなたの主婦としての腕もあがり、あなたや、あなたのご家族の生活を、ちょっぴり豊かにしてくれることでしょう。

最後までご覧くださり、ありがとうございました。

 

© 2022 これちょっと気になる Powered by AFFINGER5