ニュース

全日空61便ハイジャック事件の犯人西沢裕司は今どうしてる?

日本のハイジャック事件で、唯一、死者がでてしまった事件が、全日空61便のハイジャック事件になります。
凶悪な犯行を行った犯人は今どうしているのでしょう?

全日空61便ハイジャック事件の犯人西沢裕司は今どうしてる?

結論から言うと、千葉刑務所に服役中ということになります。

裁判では無期懲役となりましたので、当面釈放されることは無いと考えて良いでしょう。

西沢裕司の裁判以降の記録について

あまり、刑務所に収監された犯罪者の記録というのは表に出てくるものではありませんが、ある程度、即席がわかっている部分があるので、記載しました。

裁判では無期懲役が言い渡されていた西沢裕司ですが、その後ある事に不満を訴えて裁判所に訴える行動を取っていた事が報告されています。

また、西沢裕司は裁判後に外部との交流を取っていた事でも話題を集めていたようです。西沢裕司は現在どのようになっているのか、裁判後にどのような行動を取っていたなど詳しくご紹介していきます。

千葉刑務所長に勝訴する
西沢裕司は現在千葉刑務所に服役しています。実は西沢裕司は服役後に千葉刑務所の所長に手紙でのやり取りを禁止されていたそうで、禁止令を取り下げてもらうべく裁判所に提訴して告訴していたのです。西沢裕司曰く、外部との手紙のやり取りは更正の妨げになると言う事だったそうです。

凶悪犯の告訴など聞き入れられるものではないだろうと感じてしまいますが、なんと西沢裕司はこの訴えで勝訴しており手紙の禁止令は取り下げられたそうです。西沢裕司が手紙を出していた相手が気になりますが、なんと相手は家族や兄ではなく拘禁者支援団体と手紙をやり取りしていたそうです。

刑務所から異常な手紙を書く
西沢裕司の現在について調べていると、刑務所から異常な手紙を書いていた事が判明しました。手紙の送り主については明かされていませんが、異常な手紙内容をリークしたとなると家族や兄ではない人物なのではないかと推測されます。

西沢裕司が刑務所から出した異常な手紙の内容は、「鈴木亜美やモーニング娘。の新曲が流れてくれば生きててよかったと思う」「長期の刑期が予想されるなら、浦島太郎化しない心得がいる」など意味不明な内容ばかりです。

他にも様々な手紙の内容が公表されていますが、そのどれもが「大事件を起こしてしまった犯人が反省している」と感じさせられるような内容ではなく、「むしろ事件をなんとも思っていない凶悪犯」と感じさせられるような内容ばかりです。

2005年獄中で遺族に謝罪
ここまで見ると、西沢裕司は全く事件を反省していないようにも感じてしまいますが、実は無期懲役が決定した2005年に獄中から長島機長の家族である遺族に謝罪の手紙を送っていた事が分かっています。西沢裕司は長島機長の家族に対して謝罪するも、犯行動機については分からないと言った内容を綴っていたようです。

このような内容の手紙を送りつけられ、長島機長の家族は嬉しかったのでしょうか?長島機長の家族はコメントを発表していませんが、西沢裕司に対しての怒りが和らぐ事は無かったのではないかと感じさせられてしまいます。

-ニュース

© 2020 これちょっと気になる Powered by AFFINGER5