広告

AppleIDは変更した方がいい?デメリットと設定のやり方を紹介

初めてApple製品を購入してから、IDを変更してない人は多いと思います。

IDには、メールアドレスを使っていますが、AppleIDに使っていたメールアドレスが使えなくなったりするなどデメリットがあります。

その他にも、アプリの引き継ぎができない可能性がありますし、キャッシュレス決済の再設定が必要になるなど、デメリットがあります。

AppleIDを変更すると、デメリットがあったり、設定が大変ですが、AppleIDが乗っ取られたり、パスワードを忘れてしまったので、変更する必要がある人もいます。

この記事では、AppleIDを変更するデメリット6選・AppleIDを変更する前に準備すること・設定のやり方を紹介します。

 

Apple IDを変更するデメリット6選!

AppleIDは、Apple製品を使用するのに大切なIDです。

様々な機能やサービスを紐づけできるので、簡単に設定することができます。

そんなApple IDを変更すると起こるデメリットを6つ紹介します。

 

アプリの引き継ぎや課金ができなくなる可能性がある

アプリの中には、アカウント登録の為に、AppleIDが必要なアプリがあります。

課金も、コンビニでiTunesカードを購入してチャージしたり、クレジットカードで支払ったり、キャリア決済しますがその為には、AppleIDが必要になります。

AppleIDを変更したら、アプリを削除して、もう一度インストール行う必要があります。

アプリのデータの引き継ぎもできない場合があるので、もう一度やり直す必要があります。

課金も、アプリによっては、できなくなる可能性があるので、もう一度インストールして、やり直す必要があるというデメリットがあります。

 

モバイルSuicaやWalletアプリの再設定が必要になる

AppleIDを変更すると、モバイルSuicaや、Walletアプリの再設定が必要になります。

買い物や、電車に乗る時に必要になるので、再設定しないと、使えなくなります。

再設定しなくてはならないというデメリットがあります。

 

データが消される可能性がある

Apple製品は、AppleIDで紐付いているので、iTunesやiCloudにバックアップする必要があります。

しかし、バックアップしないまま、AppleIDを変更すると、写真などのデータが消えてしまいます。

一度消されたデータは、復旧することはできません。

AppleIDを変更する前にしっかりとバックアップする必要があります。

 

Apple製品のサービスにログインできなくなる可能性がある

AppleIDをサインアウトしないと、Appleのサービスにログインできなくなる可能性があります。

AppleIDに紐付いている状態で変更してしまうと、前のIDでログインを求められる可能性があります。

AppleIDを変更する前にサインアウトをしっかりとする必要があります。

 

「探す」機能が使えなくなることがある

もし、iPhoneやiPadを無くした時に便利な機能が「探す」機能です。

AppleWatchや、他の人のiPhoneで自分のiPhoneやiPadを見つけることができる便利な機能です。

この機能は、AppleIDが使われています。

「探す」機能をオンにしたままAppleIDを変更すると、オフできなくなる場合があります。

AppleIDを変更する前に、オフにする必要があります。

 

 

AppleIDを変更する前に準備すること5選!

デメリットを6つ紹介しましたが、IDを乗っ取られたり、パスワードを忘れたりして、IDを変更する必要がある人もいます。

課金できなくなったり、バックアップできなくなったりするので、そうならないために事前に準備が必要です。

AppleIDを変更する前に準備することを5つ紹介します。

 

アプリの引き継ぎ作業

デメリットで紹介した通り、アプリの引き継ぎをしないと、ゲームなどもう一度やり直す必要があります。

旧IDでダウンロードしたアプリをそのままにしておくと、旧IDでログインを求める場合があります。

AppleIDでログインしているアプリがある場合、アプリを一度消してから、AppleIDを変更して、改めてダウンロードしましょう。

AppleIDが使われているかわからない場合一度、アプリを見直す必要があります。

もし、使ってないアプリがあったら、この際アプリの断捨離して整理できます。

 

端末を最新のOSにアップデートする

AppleIDを変更する前に大切なことが、最新OSにアップデートすることです。

理由は、OSが古いままIDを変更すると、エラーが起こる可能性があるからです。

IDを変更する前に、「設定」アプリから、最新のOSにアップデートをしましょう。

動画に最新のOSに変更するやり方があります。

 

データをバックアップする

デメリットで紹介した通り、データをバックアップしないと、データが消える可能性があります。

AppleIDを変更することは、今使っているAppleIDを消すことになります。

バックアップをとってないデータを誤って消してしまったり、新しいIDを設定した時に、データが重複してしまう可能性もあります。

そうなってしまうと、整理が大変になるので、事前にバックアップする必要があります。

 

サインアウトする

各サービスをサインアウトする必要があります。

サインアウトしないと、IDが変わった時、旧IDでのログインを求められることがあります。

事前にサインアウトすべき機能は以下の通りです。

  • iTunesStore
  • AppStore
  • FaceTime
  • iMessege
  • iCloud

サインアウトのやり方を紹介します。

iTunesStore・AppStoreからサインアウトするやり方

  1. 「設定」アプリをタップします。
  2. ユーザー名(一番上)をタップします。
  3. 真ん中にある「メディアと購入」をタップします。
  4. サインアウトをタップして終了です。

 

FaceTimeからサインアウトするやり方

  1. 「設定」アプリをタップします。
  2. 「FaceTime」をタップします。
  3. 自分のAppleIDをタップします。(発信者番号の下に青文字で小さくあります。)
  4. サインアウトをタップして終了です。

 

iMessageからサインアウトするやり方

  1. 「設定」アプリをタップします。
  2. 「メッセージ」をタップします。
  3. 「送受信」をタップします。
  4. AppleIDをタップします。(一番下に青い文字です。)
  5. 「サインアウト」をタップして終了です。

 

 

「探す」をオフにする

デメリットで紹介した通り、「探す」の設定をオフにしないと、使えない可能性があります。

オフにせずに、IDを変更すると、古いIDの情報を紐付いたままの状態になるため、後でオフにできなくなります。

IDを変更する前に「設定」アプリから、「探す」機能をオフにしましょう。

「探す」機能をオフにするやり方

  1. 「設定」アプリをタップします。
  2. ユーザー名をタップします。(一番上)
  3. 「探す」をタップします。
  4. 「iPhoneを探す」をタップします。
  5. 「iPhoneを探す」の横のボタンをオフにします。
  6. パスワードを入力する必要があるので、パスワードを入力します。
  7. 右上の「オフにする」をタップして終了です。

 

 

AppleIDを変更するやり方

IDを変更する前に準備が終了したら、いよいよIDを変更できます。

AppleIDを別のメールアドレスに変更したり、AppleIDが電話番号の場合やり方が変わりますので注意しましょう。

 

AppleIDをメールアドレスに変更する方法

  1. Appleにアクセスします。
  2. IDとパスワードを入力してサインインします。
  3. 「サインインとセキュリティ」が表示されたら、「AppleID」をタップします。
  4. 新しいメールアドレスを入力して、「AppleIDを変更」をタップします。
  5. AppleIDが他社のメールアドレスの場合、メールを確認して、届いたコードを入力して終了です。

 

AppleIDを電話番号に変更する方法(Webサイトの場合)

  1. Appleにアクセスします。
  2. IDとパスワードを入力してサインインします。
  3. 「サインインとセキュリティ」が表示されたら、「AppleID」をタップします。
  4. 使いたい電話番号を入力して、「AppleIDを変更」をタップします。
  5. 確認コードが届くので、テキストで届いた確認コードを入力して終了です。

AppleIDを電話番号に変更する方法(設定アプリの場合)

  1. 「設定」アプリをタップします。
  2. 一番上のユーザー名をタップします。
  3. 「名前、電話番号、メール」をタップします。
  4. 「連絡先」の横にある「編集」をタップします。
  5. 電話番号の横の削除ボタンをタップして、画面の指示に従ってください。
  6. 確認コードが届くので、テキストで届いた確認コードを入力して終了です。

 

AppleIDが変更できない場合

もし、使おうとしているメールアドレスが利用できないまたは、「すでに使われています。」というメッセージが表示される場合があります。

その場合、自分自身や家族などそのIDを使っているか、確認してみてください。

もし、使っていた場合、そのアカウントからアドレスを削除してください。

使えるようになったら、もう一度試してみてください。

違う場合不正利用が疑われるので、メールアドレスのプロバイダに問い合わせるなどしてみてください。

詳しくはコチラ(Apple)

 

 

AppleIDは変更した方がいい?デメリットと設定のやり方を紹介のまとめ

  • AppleIDはApple製品を使う上で大切なIDです。
  • 変更する前にきちんと準備しないと、いろいろなサービスが使えなくなる可能性があります。
  • アプリの引き継ぎができなくなったり、課金ができなくなる可能性があります。
  • モバイルSuicaやWalletアプリの再設定する必要があります。
  • 最新のOSにアップデートができなくなる可能性があります。
  • データが消される可能性があります。
  • Apple製品やサービスにログインできなくなる可能性があります。
  • 「探す」機能をオフにしないと、使えなくなる可能性があります。
  • 6つのデメリットがありますが、IDを変更する前に「設定」アプリからサインアウトする必要があります。
  • データが消される前にバックアップする必要があります。
  • 最新のOSにしないと、変更できないので最新のOSにしましょう。
  • 「設定」アプリから変更できますし、WebサイトからIDを変更できます。
  • もし、IDが不正利用が疑われる場合は、プロバイダに問い合わせる必要があります。
  • AppleIDを変更するデメリットを理解してから変更しましょう。

© 2022 これちょっと気になる Powered by AFFINGER5