暮らしの知恵 食事

オートファジーダイエットのデメリットは?!正しく知って効果を出そう!

8時間以内に1日のすべての食事とり、16時間の空腹時間をつくるオートファジーダイエット。

よく聞くファスティングよりも、もっと気軽にできてダイエット効果もあるならやってみたい!と思う人もいるのではないでしょうか。

そんなオートファジーダイエットのデメリットってあるの?と気になりますよね。そこでメリット・デメリットを詳しくご紹介していきます。

正しい方法を知って、しっかり効果を出していきましょう!

オートファジーダイエットのデメリットは?

まず、オートファジーダイエットのデメリットからですが、気をつけてダイエットをしないと、健康を害するようなこともあるので、

十分注意してみてください。

オートファジーダイエットのデメリット①空腹時間が長い

オートファジーダイエットのデメリットは、空腹時間が長いというものがあります。

16時間の空腹時間は長いという人もいますが、この時間の中には睡眠時間も含まれています。

例えば、

断食時間4時間+睡眠時間8時間+断食時間4時間+食事時間8時間24時間

このように、睡眠の前後に断食時間を作ることで、生活リズムも決めやすくなりますよ。

オートファジーダイエットのデメリット②食事時間に食いだめしてしまう

胃が空の状態が長く続くため、反動で食事をとれる8時間で食べすぎてしまう人が多いです。

食べ過ぎによる血糖値の上昇により、肝臓からインスリンが分泌されます。血糖値の高低が乱れると、さらに空腹感が増してしまい、悪循環が続いてしまいます。

食べ過ぎを防ぐために、食事の前に温かい飲み物を飲む習慣をつけてみましょう。コップ1杯の白湯を飲むと、胃にかかる負担も少なくなりますよ。

血糖値の急上昇を防ぐ食べる順番

野菜や果物(食物繊維)→タンパク質→炭水化物  ※糖質の多い野菜は最後に食べましょう

オートファジーダイエットのデメリット③筋肉が落ちることがある

人間の身体は、10時間以上食べ物が胃に入らない状態でいると、肝臓に蓄積した糖を使い果たしてしまいます。

身体の機能を維持するためにエネルギーは必要なので、体内に蓄積された脂肪を分解して使用するのが痩せるメカニズムなのですが、運動を伴わないオートファジーダイエットを実践すると、筋肉が落ちてしまい、代謝が悪くなってしまう原因にもなります。

筋肉を落とさないようにするには、適度な運動を取り入れていきましょう。

激しい運動をする必要はなく、ウォーキングやヨガ、ストレッチなどを取り入れるだけで効果はあります。

オートファジーダイエットのデメリット④体調が悪い場合は危険

持病があったり、体調が優れない人が行うことは持病が悪化したり、回復が遅れたりするリスクがあります。

1日に3度、食後に薬を服用するよう処方されているのにも関わらず、1日2食にしてしまうと、胃が空の状態で服用し副作用が出たりするリスクもあります。

身体の回復には十分な栄養の摂取が必要なので、体調が回復してから始めましょう。

オートファジーダイエットのデメリット⑤妊娠中は胎児に影響がでる

妊娠中の女性は妊婦検診において、医師に体重を増やしすぎないように指導されると思います。

体重を増やさない方法としてオートファジーダイエットをすることは、おすすめできません。食事回数を減らすことで、栄養不足に陥る可能性があるからです。

妊娠中の女性が栄養不足になると、体調を崩しやすいだけでなく、お腹の赤ちゃんに十分な栄養を届けられない可能性もあります。

妊娠中の女性は、オートファジーダイエットではなく、1日の摂取カロリーを抑えることでダイエットしましょう。

 

オートファジーダイエットのメリットは?

もちろん、オートファジーダイエット、メリットもたくさんあります。こちらはご存知の方も多いと思いますが、あらためてまとめておきたいと思います。

オートファジーダイエットのメリット①胃腸の機能回復

暴飲暴食で疲れてしまっている胃腸を休ませる効果があります。

食べない時間を与えることで、胃腸の機能回復へつながっていきます。

オートファジーダイエットのメリット②腸内環境の改善

1日の中で16時間、食べない時間を作ることで内臓も休まります。

内臓の消化、吸収、解毒、排泄機能が高まり腸内環境の改善になります。

オートファジーダイエットのメリット③身体の余分な脂肪を分解する

空腹時間が長ければ長いほど、血液中の糖質や脂質が減少し、血液や血管の状態が改善されていきます。

身体の中の、余分な脂肪も分解されて、肥満の解消効果も期待できますよ。

オートファジーダイエットのメリット④身体の不調、老化を改善

オートファジーが発動することで、古い細胞や余分な細胞がお掃除されて、細胞が生まれ変わります。

肌ツヤも良くなり、身体が若返る効果もあります。

オートファジーダイエットのメリット⑤食費が少し減った

慣れてくると、1日の食事が1食や2食になってくると思います。

食事回数が減れば、その分食費の節約に繋がりますよね。ですが、無理しない範囲で、ゆっくりと身体を慣らしていくことを忘れずに。

こちらの本も詳しく知りたい方にはおすすめです。メンタリストのDaiGoさんも実践しているみたいですよ♪

引用 Amazon.co.jp

 

そもそもオートファジーってなに?

オートファジーは、ギリシャ語のオート(自分)、ファジー(食べる)という意味で、意識的に身体を飢餓状態にすることで古い細胞が新しく生まれ変わる仕組みのことです。

オートファジーは人間などの哺乳類だけでなく、すべての真核生物にみられる仕組みです。

2016年に東京工業大学栄誉教授である大隈良典さんが、その仕組みを解明し、ノーベル生理学・医学賞を受賞されました。

オートファジーの機能は、加齢とともに減弱するといわれ、さまざまな疾患の原因となったり、寿命にも影響を与えることがわかってきています。

オートファジーダイエットのデメリットは?!正しく知って効果を出そう!まとめ

ここまで、オートファジーダイエットのメリット、デメリットをご紹介してきましたが、いかがでしたか?

古くなってしまった細胞が生まれ変わることで、少しずつ身体の不調が改善されていきます。

どのダイエット方法も、やりすぎは禁物です。

16時間の空腹時間が難しいようであれば、まずは無理なくできる範囲の時間から始めてみてはいかがでしょうか。

 

-暮らしの知恵, 食事

© 2021 これちょっと気になる Powered by AFFINGER5