広告

バングラデシュで日本人がモテる!?その理由と国民性を見てみよう!

「恋愛がしたい」「結婚願望はあるけど恋人がいない」と出会いの機会がなかったり、今まで恋愛経験が無く一歩踏み出したい人。または、海外に目を向けて海外移住をしたい人、国を超えて海外の人と恋愛したいと思っている方へ。

今回は、日本人がモテる国と言われているバングラデシュをご紹介します。

なぜ、バングラデシュなのか、国民性はどうなのか。実際に見ていきましょう。

 

 

バングラデシュで日本人がモテる!?

なぜ、バングラデシュで日本人がモテるかと疑問に思う方も多くいると思います。

その一番の理由としてバングラデシュ人には親日家が多いということが考えられます。

バングラデシュは、パキスタンから独立をした国です。その時に日本が一番早く独立を承認してくれたということもあり、日本人への感謝へつながっていると言われています。

また、バングラデシュ国内では日本製の車や家電製品などが非常に高く評価をされているため、日本人というだけで親切にしてくれることが多いそうです。

 

 

バングラデシュ人は日本人女性が好み

 

バングラデシュ人は親日家が多いとはいえ、美男美女が多い国でもあります。

なぜ、日本人がモテるのか、また日本人でも女性がモテると言われています。その理由として、バングラデシュの恋愛事情が関係しているようです。

 

バングラディシュの恋愛は「男性に選ぶ権利」がある!?

バングラデシュで日本人女性がモテると言われている理由として、結婚相手を決めるのは男性側であることが考えられます。そのため、女性からアプローチすることはなく、男性に選ぶ権利があるという考えのため日本人でも女性がモテると言われているのではないでしょうか。

バングラデシュの恋愛は、日本人のように結婚前の男女が付き合うことや、同棲するなどという自由な恋愛が禁止されているそうです。その理由は、イスラム教の教えで自由な恋愛が禁止されているためと言われています。

昔の日本のように「お見合い」が主流となり、交際期間などはなく結婚することがバングラデシュでは一般的だそうです。日本人は、「恋愛経験をつみたい」「モテたい」と考える人が大半だと思いますが、バングラデシュでは、「恋愛=結婚」という考えなのです。

バングラデシュ人からみた日本人は自由に恋愛を経験しているため、自由な恋愛を求めて日本人と恋愛したいと思う人が多いのではないでしょうか。

 

 

バングラデシュでは事件が日常的に起こる!?

いざ、バングラデシュに興味をもっても、治安はどうなのか気になる方も多くいると思います。

 

バングラディシュの治安は「レベル2」

  • 外務省の海外安全ホームページでは、バングラデシュの危険レベルは4段階のうちの「危険レベル2」と記載されています。これは、「不要不急の渡航はやめてください」というレベルなので、日本人がモテる国とはいえ、簡単にバングラデシュへ行くことは注意が必要ということです。
  • 主な犯罪としては、スリやひったくりが日常的に起こっていて、凶悪事件なども増加傾向にあるそうです。首都ダッカでも貧困の差があり、エリアによってはホームレスが多く事件も多発しているそうです。

バングラデシュは南アジアにある国であり、人口は約1億7000万人です。政治的な不安定さや高い貧困率など、

常に過酷な状況に直面しています。そのため、治安に関する課題もあります。 一般的に、治安は比較的安定していますが、

犯罪率は比較的高いです。特に、ストリートクライム、強盗、闇市場での有害物質の販売などが問題となっています。

また、テロや政治的な暴動が起こることもあります。過去には2016年のホーリーアートマサクリ問題が起こり、

多数の死者が出ました。 これにより、治安面での課題が増加する可能性があります。 治安上の問題があるとはいえ、

旅行者が十分に用心し、適切な対策をとれば、バングラデシュは歓迎する国です。

しかし、治安面での注意が必要で、公の場での豪華品の使用は控えておくことが望ましいでしょう。

 

バングラディシュでは女性は「服装に注意」しましょう

バングラデシュは、イスラム教の国であるため女性は服装にも注意しなければなりません。日本にいるときのように露出の多い服装では、性犯罪に巻き込まれる可能性もあります。

肌を隠す服装を心掛けると良いでしょう。

 

 

バングラデシュ人の国民性は『フレンドリー』

バングラデシュ人の恋愛事情や治安状況は解説してきましたが、実際に国民性はどうなのか、そもそもバングラディシュとはどこにあるのかを見ていきましょう。

 

バングラデシュ人の性格

  • フレンドリーな性格

バングラデシュ人は、フレンドリーな性格と言われていて、初対面の人や観光客に対しても道に迷ったら案内をしてくれるということもあるそうです。

また、一度お茶をしたら「友達」と認識されるので、家においでよと招待してくれることもあるそうです。日本人からすると「なんで?」と警戒したり、「もしかして自分に好意があるのかな」とモテているという錯覚になるかもしれません。

ただ、フレンドリーで人懐っこい性格のバングラデシュ人にモテた場合、距離感がとても近いので日本人からすると少し、しつこいなと思ってしまうこともあるそうです。

  • 優しい性格

フレンドリーな性格と似ていると思いますが、バングラデシュ人はイスラム教の教えで「持つものが持たざる者に分け与える」とされているため、優しい性格の人が多いと言われています。

  • 断れない性格

バングラデシュ人は「のんびりした国民性」で、そののんびりとした性格が楽観的な思考を生み、行き当たりばったり、できなくても仕方ないとなるそうです。日本人なら引き受けたからにはきちんとやり遂げようと考えますが、バングラデシュ人は、とりあえずやってみると楽観的な性格と言われています。

  • 挨拶をきちんとする礼儀正しさ

日本でも小さい頃から「おはようございます」「こんにちは」と挨拶はしっかりとするように言われていますが、バングラデシュでも挨拶をしっかりするようにと日本人以上に厳しく教えられているそうです。そのため、誰に対しても挨拶をするので、日本人からすると知らない人から挨拶をされると警戒してしまうと思います。見習わないといけない礼儀正しさですね。

 

バングラデシュはどこにある?

そもそも、バングラデシュってどこ?と思う人も多いと思います。

バングラデシュは、南アジアにありインドの東側にある国がバングラデシュです。

面積は、日本の4割ほどで人口は、【約1億6500万人】といわれ日本の【1.3倍】にもなるそうです。

  • 公用語:ベンガル語
  • 首都:ダッカ
  • 宗教:イスラム教

 

バングラデシュで日本人がモテる!?その理由と国民性を見てみよう!のまとめ

回は、バングラデシュで日本人がモテる理由や国民性をご紹介しました。

日本人の旅行先としては身近にバングラデシュを感じることがないと思います。

日本でモテたいと思っても、出会いがなかったり、海外へ興味のあるけど、日本人が馴染める国を知りたいと思っている方のお役に立てたでしょうか。

 

  • 親日家が多い
  • バングラデシュの恋愛は「男性に選ぶ権利」がある
  • 治安は危険レベル2
  • イスラム教の国、女性は服装に注意
  • フレンドリーな人が多い

 

世界文化遺産に登録されている観光地もあるそうです。

バングラデシュは、親日家が多いと言われている国です。

国民性を知り、注意点に気をつけながら

「日本人がモテる」を実際に体感しに訪れてみてはいかがでしょうか。

マルチプル広告

© 2024 これちょっと気になる Powered by AFFINGER5