テレビ

林周雅さんヴァイオリニストの経歴・プロフィール

林周雅さんは葉加瀬太郎さんが講師となり開催したプロのヴァイオリニストとして生きていくためのオーディション「題名プロ塾」の合格者です。当然、ヴァイオリニストの卵、葉加瀬太郎さんのバックアップもあり先日プロデビューを果たされました。いったいどんなヴァイオリニストさんなのでしょう?



林周雅さんヴァイオリニストの経歴・プロフィール

https://twitter.com/RioSyu20070323/status/1259675710119010304?s=20

出身地:大阪府東大阪市

ヴァイオリンを始めた時期:3歳から!やっぱりヴァイオリンは小さい頃から習っている場合が多いですよね。母親の嘉代さんが厳しかったのかもしれませんね。

3歳から毎日練習を続けていて、気持ちのこもった音を出さなければ練習を終わらせないといった日々を過ごされたそうです。

小学校4年生から9年間に渡って、「佐渡裕とスーパーキッズ・オーケストラ」に在籍。初の男子コンサートマスターを務める。

 

  • 東大阪市出身。小学4年生より9年間に渡り「佐渡裕とスーパーキッズ・オーケストラ」に在籍。初の男子コンサートマスターを務める。
  • 2007年より、ポップス、jazzユニットRio&Syugaを結成。これまでにCD3枚、DVDをリリース。京都堀川音楽高等学校弦楽専攻を経て現在東京藝術大学器楽科卒業。
  • 2009年全日本学生音楽コンクール大阪大会小学校の部第2位、全国大会横浜市民賞授賞、
  • 2009年日本クラシック音楽コンクール全国大会第2位(1位なし)。
  • 2011年全日本学生音楽コンクール大阪大会中学校の部奨励賞。楽天イーグルス対日本ハムファイターズの試合前での国歌演奏始球式を単独で務める。
  • 2014年全日本学生音楽コンクール大阪大会高校生の部第2位全国大会入選。
  • 2014年日本クラシック音楽コンクール、全国大会高校生の部第3位(1位なし)。
  • 2015年日本センチュリー交響楽団と共演。摂津音楽祭リトルカメリアコンクール金賞(第1位) 聴衆賞大阪府知事賞授賞。
  • 2017年よりスーパーストリングスコーベに在籍。東京藝大メンバーによるユニット「カルテットTOKYO」や、ヴァイオリンとヴィオラによるデュオ「OMUSIBI!」としても活動している。その他、各種アーティストのサポートやレコーディングにも精力的に参加している。

林周雅くんの母・嘉代さんは練習室に連れて行くと、ヴァイオリンの始動を始めた。嘉代さんは周雅くんと3歳から11年間毎日練習を続けていて、気持ちの篭った音を出さなければ練習は終わらせない。厳しい母とのんびりとした父・恭司さんのバランスが持続力を生んでいた。

林周雅くんを6歳の頃から指導している曽我部千恵子先生は、注意されたことを守るだけではなくてもっといい音楽として出来上がっていると話した。




ヴァイオリンの上達は難しいのか?簡単なのか?

プロにまでなろうという方は、やはりかなり小さい頃からヴァイオリンの練習に取り組んでいる場合が多いようです。

では、一般の人はどうしたらいいのだろうとか思うわけですが、結構、最近はDVDが販売されていたり、音楽教室があったりするので、覗いてみるのもおすすめです。




林周雅さんヴァイオリニストの経歴・プロフィールについてのまとめ

もう、東京芸大を卒業され、今後より一層の活躍が期待される感じですよね。

題名のない音楽会だけでなく、いろいろな音楽番組にも出演されることでしょうね。

 

-テレビ

© 2021 これちょっと気になる Powered by AFFINGER5