暮らしの知恵

常緑の低木で鮮やかに!洋風なおうちにぴったりな植物とは?

お庭の色どりを決めるのに必要な「低木」。
低木の種類によってお庭の雰囲気ががらりと変わってしまうことがあります。

特に現代は洋風な建物が多いため洋風なにお庭にして
1年中楽しみたいという人も多いかと思います。

そこで今回は洋風なお庭に合う常緑の低木をご紹介したいと思います!
この記事で貴方のお庭ががらりと変わるかもしれませんよ。

 

 

常緑の低木でお洒落な洋風に!

低木はたくさんありますが主に
花が咲く低木葉っぱのみの低木に分かれます。

洋風にするとなるとやはり花が咲く低木のほうが
華やかでより一層綺麗に見えます。

おすすめの低木をまとめてみましたので
参考にしてみてください。

 

常緑の低木:クチナシ

クチナシは梅雨どきに花を咲かせまます。
光沢のある濃いグリーンの葉を持ち、花色は白です。

主に初夏の夜に甘い香りを漂わせ、香水にも使われるそうです!

クチナシは秋に橙色の実をつけますが
ヤエクチナシに関しては花は豪華ですが実はつけませんので
実も含めて楽しみたいという人は
クチナシの種類を見て選んでみてください!

 

常緑の低木:シャリンバイ

シャリンバイは5月~6月に枝先に花を咲かせます。
光沢があり厚みのある葉が美しく
多くの白い花をつけ、秋には黒紫色の果実をつけます。

品種によっては紅色だったりするので
お気に入りの色を見つけてみてくださいね。

潮風や台風などの気候にも耐える力を持っているので
極寒地域や海辺などのお庭に最適な低木です。

 

常緑の低木:カルミア

カルミアは5月~6月に花を咲かせます。
金平糖のような形をした蕾を持っています。

花が開くと皿形になり、色は薄く模様が入っているので
蕾のときとは違う印象を受けること間違いなしです!
香りが高いので一気に洋風のお洒落な印象になるでしょう。

栽培は夏の暑さと乾燥に注意が必要です。

 

常緑の低木:ジンチョウゲ

ジンチョウゲは2月~4月に花を咲かせます。
春先に小さな花が毬のような塊になって枝先に咲きます。

花が白い品種を「シロバナジンチョウゲ」
花の外側が淡紅色になっているものを「ウスイロジンチョウゲ」
と2種類にわかれています。

金木犀やクチナシと同じくいい香りを漂わせるので
春先に良い匂いを楽しむことができます!

 

常緑の低木:アベリア

アベリアは春~秋まで花を咲かせる優れものです。
花色は白色やピンク色などの可愛らしい花を咲かせます。

葉の色も豊富で光沢のあるグリーンや
白斑や黄斑が入るもの赤く紅葉するものなど
色々な種類があります!

アベリアは他と比べ控えめな香りがするので
近づいて嗅いでみてはいかがでしょうか?

 

常緑の低木:アブチロン

アブチロンは4月~11月と長期間咲く花が魅力の低木です。
うつむきに咲く比較的珍しい花を咲かせ
とても可愛らしい姿を見せてくれます。

花の色は「白」「赤」「ピンク」「オレンジ」「黄」
とたくさんあり好みの色を選ぶことができます!

ただし寒さには弱いので寒い地域での栽培は少し難しいかもしれません。

 

 

常緑の低木はハーブもある!

低木の種類の中に「ハーブ」があるのは知っていますか?
ハーブは香りがよく料理や入浴剤にも使われているのは
皆さんも知っているかと思います。

そんなハーブは家で育てることができるんです!

お庭のインテリアにしても良し
育てて摘んで使用しても良し
是非お好みのハーブを育ててみてください!

 

ローズマリー

ローズマリーは枝葉の爽やかな香りが特徴のハーブです。
春~秋にかけて青から青紫、またはピンクの小さな花を咲かせます。

乾燥した痩せ地でも育つほど非常に強い植物で
強風にもよく耐える性質なので、非常に育てやすい植物です。

真っ直ぐ上に伸びる木立性と地面を這うように伸びるほふく性があり
お庭に合わせて選んでみてもいいかもしれませんね。

 

ラベンダー

ラベンダーは5月~7月に花を咲かせるハーブです。
花の色は薄紫や紫が有名ですが実は白色もあります。

強い香りを出しているのは葉のほうで
葉は香料に、花は染料にと使い道が多様なのも特徴です!

色どりがきれいなのでお庭のアクセントとして
取り入れてみてもいいかもしれませんね。

 

ギンバイカ

ギンバイカは別名マートルとも呼ばれます。
5月~6月頃に花びらが5枚の梅に似た花を咲かせます。

冬にはオリーブに似た黒い果実を付け
葉にはセージやユーカリのような香りがあります。

暑さにも寒さにも強く育てやすいので
初心者にも育てやすいハーブになります。

 

 

手軽に!常緑の低木は鉢植えでも

ここまでお庭に直接植えるタイプの低木をご紹介してきましたが
庭がないけど植物で庭のような雰囲気を楽しみたい!
という人もいるかもしれません。

実は庭木のほとんどが鉢植えで育てることができます
お好みの庭木を鉢植えで育ててみるのもいいかもしれません。

ここでは日本で育てやすい植物をピックアップしてみました。
これも鉢植えで育てられるのでぜひ育ててみてください!

 

ツツジ

お馴染みのツツジですが小ぶりなツツジであれば
鉢植えで育てることができます。

ツツジは4月~5月に花を咲かせます。
花は「赤」「ピンク」「白」の色が有名ですが
「紫」「オレンジ」などの色もあるそうです!

日本に自生している植物なので容易く育てることができます。

 

オタフクナンテン

オタフクナンテンは街中でよく見る低木ではないでしょうか?
秋になると、みごとな紅葉をみせてくれるにも関わらず
冬になっても落葉しない植物になっています。

直射日光に弱いので室内で育てるのが丁度いいかもしれませんね。

程よく日光を浴びさせていると綺麗に色づきますので
うまく育ててみてください!

 

 

お好みの低木は見つかりましたか?

いかがでしたでしょうか。
今回は

  • お洒落で洋風な低木
  • 低木のハーブ
  • 鉢植えでも育てられる低木

と色々な種類の低木をご紹介してきました。
すべて常緑で葉が落ちませんので景観を損ねることはないと思います。

おうち時間が増えて少しでも華やかな気持ちになれるよう
お庭やお部屋で植物を育ててみてはいかがでしょうか?

それでは貴方の生活を応援しています。

-暮らしの知恵
-, ,

© 2021 これちょっと気になる Powered by AFFINGER5