暮らしの知恵 食事

ココアには沢山の効能が!睡眠効果や胃腸を整える・集中力を上げる効果も!

肌寒くなってくると飲みたくなってくるココア。

ココアにはたくさんの効能があるのをご存じですか?

夜のホットココアで心も体もポカポカ、質の良い睡眠や整腸効果、ダイエットだけでなく勉強にも集中できます。

美味しいココアを健康のために上手に取り入れていきましょう。

 

 

Contents

ココアの効能には睡眠効果が!眠れない夜にはココアを飲もう!

ココアを飲むとよく眠れると言われています。

それはココアには睡眠に対して良い影響を与える成分がたくさん含まれているからです。

 

ココアの効能:リラックス効果・ストレス解消による安眠

ココアに入っている「テオブロミン」はカフェインに似た成分ですが、睡眠の妨げにならず、自律神経を整えてリラックス効果を高めてくれます。

また、「幸せホルモン」と呼ばれるセロトニンに作用する働きがあるため、リラックス効果やストレス解消にも役立つと考えられます。

 

ココアの効能:寝つきをよくして睡眠自体の質を高めてくれる

睡眠ホルモンである「メラトニン」を分泌するために必要な「トリプトファン」を豊富に摂ることができるため、質の良い睡眠を摂ることができるのです。

また、ポリフェノールの一種の「クロロゲン酸類」も寝付きを良くするとも言われています。

 

 

寝る前と言っても、ココアは就寝直前ではなく、就寝の1-2時間前に飲むことをおすすめします。

ココアは、睡眠ホルモンと言われる「メラトニン」を生成することで、安眠効果をもたらします。

しかし、この「メラトニン」は、摂取後すぐに生成されるわけではありません

 

ココアを飲んでから、1-2時間程度の時間を必要とします。

ですので、その時間に合わせて飲むようにすることがおすすめです。

夜飲むと虫歯になりやすくなるのではと心配になりますが、「カカオポリフェノール」には虫歯菌を抑制する効果があります。

もちろん甘さを加えて飲んだ場合はきちんと歯磨きをしたほうがいいでしょう。

 

 

ココアの効能は睡眠効果だけじゃない!胃腸や肌・体を整えたいときココアを飲もう

ココアには胃腸を整えてくれる作用があります。

 

 

ココアの効能:ピロリ菌を除去して胃を整え守ってくれる

「オレイン酸」と「リノール酸」は胃痛や胃もたれに対して非常に効果があるとされています。

一緒に飲む牛乳にも胃の保護作用が期待できます。

「カカオポリフェノール」がインフルエンザやピロリ菌などの感染予防や免疫細胞の働きを高める効果も分かってきています。

癌細胞の元となる変異物質を抑制する働きも期待できます。

 

 

ココアの効能:腸内環境を整える働きがあり便秘解消になる

「カカオポリフェノール」は腸内環境を整える働きもあるため、便秘解消が期待できます。

「リグニン」という食物繊維は不溶性のため、水分に溶けずに便のかさを増やすことで腸壁を刺激し、便通を促進します。

便の臭いを吸収する働きもあるため、体臭や便臭を軽減する効果が期待できます。

 

 

ココアの効能:ダイエットにも効果的!血糖値の上がり過ぎを防ぐ

ココアにはダイエット効果もあります。

「カカオポリフェノール」は、血糖値を抑えたり、血の流れをスムーズにする働きを持っています。

血糖値をコントロールすることで、食べ過ぎを防ぎダイエットを促進してくれるのです。

また牛乳などと一緒にとることで満腹感も得ることができます。

 

 

ココアの効能:皮膚の再生機能を高めるため肌がきれいになる

カカオに含まれている「亜鉛」は皮膚の再生に必要な成分です。

また、「ポロフェノール」は過剰な炎症を抑制し、「ナイアシン」はビタミン成分で、皮膚や粘膜の健康維持をしてくれる働きがあります。

 

 

ココアの効能:コレステロールが血管にたまるのを防いでくれる

腸を整えてくれる「カカオポリフェノール」は、酸化を抑制し、コレステロールが血管に留まるのを防ぎ、動脈硬化を抑制する効果が期待できます

 

 

ココアの効能は睡眠効果だけじゃない!勉強するときもココアを飲もう!

ココアの効能:脳を活性化させ集中力や思考力がアップする

「カカオポリフェノール」には血管拡張の効果があり、脳血流の改善につながる、集中力がアップするという論文もあり、勉強のおともに最適です

また、ストレスの影響で増えるホルモンの分泌を抑える働きがあり、抵抗力を強める働きがあります。

「テオブロミン」も集中力や思考力を高め、脳を活性化させます。

「フェニルエチルアミン」は気分を高揚させ、前向きな気持ちにさせてくれるそのため、脳を活性化させ、頭をスッキリさせる効果があり、勉強中の気分転換にぴったりなんです。

「セロトニン」の分泌によって自律神経も上手にコントロールされるため、コーヒーや紅茶、エナジードリンクを飲んだ時のような「過覚醒による不眠」も起こりにくい利点があるのです。

また、ココアはコーヒーと違い「カフェイン」を含まないので、夜に学習する場合でも大丈夫なのがうれしいポイント♪

 

 

ココアの効能を最大限に引き出す!ココアを知って効果的な飲み方をしよう!

ココアは沢山の効能がありますが、どうせなら効果的に飲みたいですよね。

どんなココアを選ぶのか?何と一緒に飲むのかも重要になってきます。

 

ココアの効果的な飲み方:自分で砂糖の量を選べるピュアココアを選ぶ

まず、選ぶのはピュアココアにしてください。

ピュアココアとは、砂糖や牛乳が含まれていないココアのことです。

調整ココアには、砂糖が多く入っているので飲み過ぎると健康によくありません。

寝る前に砂糖をたくさん摂ってしまうと、血糖値が上昇し、睡眠の質が下がるだけでなく、太りやすくなってしまうため効果が下がります。

ピュアココアだと自分で調整できるので、砂糖の取り過ぎを防ぐことができます。

 

森永製菓 純ココア

引用 Amazon

比較的価格が安く毎日飲むのに適しています。

紙の箱とチャック付きの内袋なので飲んだ後も捨てるが楽で便利です。

 

バンホーテン ピュアココア

引用 Amazon

ココアパウダーを最初に発明した老舗。

安定の高品質です。

 

Hershey(ハーシー) ピュアココア

引用 Amazon

チョコレートでも有名なハーシーのココア。

パッケージはおいているだけでもかわいい。

 

ピュアココアはとっても濃いので最初は量を少なめにしましょう。

はじめに使ったときは、調整ココアと同じくらいの量を使ってしまって、砂糖を入れても濃すぎて苦い飲み物ができてしまいました・・・

 

 

ココアの効果的な飲み方:牛乳と一緒に飲んで満腹感とリラックスを得る

ピュアココアの方が健康に良いですが、やはりそのまま飲むのは美味しくありません。

牛乳に溶かして飲むことをお勧めします。

ココアにもリラックスする効果はありますか、牛乳にも神経を落ち着かせる作用を持った「トリプトファン」というアミノ酸が含まれています。

寝る前にココアと一緒に飲めば、体と心のリラックスは質の高い睡眠をもたらしてくれます

 

ココアの効果的な飲み方:豆乳と一緒に飲んでタンパク質をとる

牛乳を飲むとおなかを壊してしまうという人におすすめは豆乳を混ぜて飲むことです。

豆乳は、まろやかさを加えてくれるので、ピュアココアの苦みを打ち消して飲みやすくしてくれます。

また、豆乳の豆臭さをココアが抑えてくれます。

そして、豆乳は牛乳に比べてカロリーや脂質も低いので、ダイエット効果を期待している方にも、非常におすすめです。

豆乳にはタンパク質も含まれているので、筋肉の生成を促進して、代謝を上げてくれる効果もあります。

 

ココアの効果的な飲み方:甘さが欲しい時ははちみつを入れる

牛乳や豆乳を混ぜても、ピュアココアが飲みづらいという方には、はちみつがおすすめです。

はちみつに含まれている糖類は、単糖類という消化のいらない糖類のため、内臓に負担をかけたり睡眠に悪影響を及ぼしたりすることなく、ココアに甘さを加えることができます。

また、はちみつには、抗酸化作用があり、老化につながる活性酸素の増加を抑制してくれるので、アンチエイジングにも効果的です。

 

 

ココアの効果的な飲み方:スパイスの効能も取り入れる!スパイスココアに挑戦!

特に寒くなる冬には体を温めるスパイスココアはいかがでしょうか?

ココアの効果に+スパイスの効用が加わって冷え性の人にもおすすめです。

本格的なレシピでなくても作ったココアに好きなスパイスを一振り入れるだけで大丈夫!

 

ココアにおすすめのスパイス

シナモン

 

甘い独特の風味。他のスパイスとも相性バツグン。

カップにパウダー2~4振り

引用 S&B

ジンジャー

爽やかな香り、辛みをプラス。

カップにパウダー2~5振りまたはすりおろし小さじ1/4~1

引用 S&B

 

カルダモン

すっきり刺激的な香りを。

カップにパウダー2~3振り

引用 S&B

 

山椒

しびれるようなスパイシーさを隠し味に

カップにパウダー1~2振り

引用 S&B

 

スパイスココアは複雑な香りがまるでデザートを食べている気分になれます。

特におすすめはシナモンとカルダモンです。

山椒は海外の有名チョコレートブランドが、トリュフに入れていたのを食べたことがあっておいしかったので試してみたいです。

最初は好きな香りのスパイスを単品で使ってみて、徐々に量を増やしたり複数使ってみたり自分なりのアレンジをして、マイベストの配合を探っていきましょう。

あまりスパイスを入れ過ぎてしまうと香りが強すぎるだけでなく、舌触りもざらっとしてしまうので注意が必要です。

 

 

ココアの効果的な飲み方:ココアについて知る!ココアってそもそも何だろう?

ココアっていろいろな効果があるのは分かったけれど、味の似ているチョコレートを食べても同じ効果があるんでしょうか?

それならチョコレートを食べれば良さそうに思えますが、実はココアとチョコレートは原材料は同じでも製造過程はが違うのです。

似たような効用を得られる場合もありますが、同じように考えていると大変なことに。

そもそもココアって何ものなのか、見ていきましょう。

 

ココアの原料はチョコレートと同じく、カカオ豆です。

カカオ豆を粉砕し、分離したカカオマスからカカオバター(脂肪分)を除いたものがココアとして扱われています。

つまりチョコレートとココアの違いは、カカオバターの含有量。

そのため、チョコレートは、どうしても高カロリーになってきます。

チョコレートは他のお菓子よりも太りにくいとは言われていますが、寝る前などは脂肪分の少ないココアの方が適しているでしょう。

 

 

ココアには沢山の効能が!睡眠効果や胃腸を整える・集中力を上げる効果も!まとめ

  • ココアにはリラックス効果やストレス解消・安眠効果があるため、寝る1~2時間前に飲むのがおすすめ
  • ココアには体を整えてくれる効果がたくさん!胃腸を整える・ダイエット・肌や血管がきれいになる!
  • ココアは脳を活性化し集中力を高めます。勉強の合間に飲みましょう
  • ココアは砂糖がすでに含まれている調整ココアより、ピュアココアがおすすめ。牛乳やはちみつなど砂糖が少なくてもおいしく飲める自分好みの方法をみつけましょう

ちなみにココアと区別のつきにくい「ホットチョコレート」ですが、米国でのココアの呼び名です。

レシピによっては本当にチョコレートを溶かして温かい牛乳に入れているものもあるそうです。

時々見る「ショコラ ショー」はフランスでのココアの呼び名です。

ココアは世界で愛されているんですね。

 

-暮らしの知恵, 食事
-, ,

© 2021 これちょっと気になる Powered by AFFINGER5