広告

涙袋がある人の特徴は?目が大きく見える涙袋の作り方をご紹介!

目の下にぷくっと膨らんだ涙袋があると、女性らしい印象になります。涙袋に憧れる方も多いですよね。

涙袋がある人と無い人では顔の印象が違いますが、どちらにもメリットや特徴があります。

涙袋が無い人でも、涙袋はトレーニングやメイクで作れるんですよ!

 

 

涙袋がある人の特徴と美点とは

人の顔はそれぞれですが【約7割】の人は相手の第一印象を顔で判断するそうです。

その中でも1番注目する顔のパーツは目元という調査結果があるんです。

ところで、涙袋とクマの違いをご存知ですか?涙袋とは目の下と下眼瞼溝と呼ばれる間を指します。クマはもっと下の部分なんですね。

引用:銀座みゆき通り美容外科 大阪院

このように人に与える印象に大きく関係する目元ですが、涙袋がある人はどんな特徴があるのでしょうか。

 

目が大きく見える

涙袋がある人は、目が大きくぱっちりして見えるという特徴があります。涙袋がある分、目の縦幅が広く見えます。さらに涙袋によって目元に凹凸ができるため、目を立体的に見せてくれます。

 

若く可愛らしく見える

目の下にぷくっと涙袋があることで、若く可愛らしい印象に見えるという特徴があります。涙袋は笑った時に特に強調されるので、笑顔が印象的な女性らしい優しいイメージを与えます。

 

メイク映えする

涙袋によって目が立体的になるため、メイクが映える目元になる特徴があります。メイクを濃くしなくても、しっかりとメイク映えしやすいんです。

 

 

涙袋がない人の特徴と印象とは

 

 

 

 

 

涙袋がある人とは反対に、涙袋がない人はどんな特徴があるのでしょうか。

 

クールな印象に見える

涙袋が無い人は、キリッとした目に見えがちで、クールでよく言う「アジアンビューティー」といった印象を与える特徴があります。

 

クマが目立ちにくい

目の下に涙袋が無いと、クマが目立ちにくくなるという特徴があります。

涙袋があるとその膨らみから影ができて、余計にクマが目立ちやすくなりますが、涙袋が無いと陰影ができにくいため、クマも目立ちにくくなるんです。

 

老け顔になりにくい

涙袋は、年と共に小さくなっていき、その膨らみがたるみになってしまうことがあります。

その点、涙袋が無ければその分の皮膚がたるむこともありません。

年を重ねた後を考えると、老け顔になりにくいという特徴があります。

 

 

涙袋ができる理由は?涙袋の作り方もご紹介!

 

 

 

 

 

涙袋がある人と無い人の違いは、どこにあるのでしょうか。

涙袋が生まれつきある人は、全体の【約3割程度】という調査結果もあります。

これから詳しくご説明しますが、じつは涙袋は筋肉でできているんです!

筋肉でできているということは、その筋肉を鍛えると涙袋を作ることができます。

生まれつき涙袋が無い人でも、手に入れることができる自然な涙袋の作り方をご紹介します。

 

涙袋は何でできている?

前述した通り、涙袋は筋肉でできています。

目の周りにある、「眼輪筋」という筋肉の発達具合で、涙袋の有無や、大きさが変わります。

生まれつき眼輪筋が発達している人は、生まれた時から涙袋があります。

涙袋によって、魅力的な目に見えることから「ホルモンタンク」と呼ばれることもありますが、実際にホルモンが入っていることはないそうですよ。

 

涙袋の作り方

涙袋の作り方は簡単です。涙袋の元となる眼輪筋は、トレーニングで発達させることができます。要は目元の筋トレをするわけです。

自分の筋肉を発達させるため、自然な涙袋を作ることができます。

涙袋が無い人や涙袋が小さい人は、トレーニングを日課にして少しの間継続してみてはいかがでしょうか。

ここでは3つの簡単なトレーニングをご紹介します。

 

ウインクトレーニング

ウインクは眼輪筋を鍛えるのに効果的です。

  1. 下まぶたを上に持ち上げるように片方の目をウインクして10秒キープ
  2. 反対の目もウインクして10秒キープ

左右5回を1セットとして、1日に2〜3回行うようにしましょう。

ポイント

ほっぺたや口元の筋肉を動かさずに、下まぶたの筋肉を意識するとより効果的!

 

目を細めるトレーニング

ウインクが苦手な方は、こちらにチャレンジしてみてください。

  1. 下まぶたに力を入れて上に持ち上げるようにして目を細める
  2. 目を細めたまま20秒キープ

これを1日5回行いましょう。

ポイント

ウインクと同じく、下まぶたに力を入れることを意識してみましょう!

 

ピーストレーニング

下まぶたに力の入れ方がわからない人は、このやり方がおすすめです。

  1. 手でピースサインを作って、中指を目頭に、人差し指を目尻に軽くあてる
  2. 目線を上にする
  3. ピースの指で下まぶたを軽く持ち上げて、目を細める
  4. 目が細くなった状態で3秒キープ
  5. 下まぶたを下げる

下まぶたを上げて3秒キープして下げるを1セットとして、1日10回ほど行いましょう。

ポイント

トレーニングでの涙袋の作り方は、個人差が大きく出る方法です。

少し疲れるくらいを目安に、毎日コツコツと継続することが大切です。

 

 

涙袋を作れるメイク道具をご紹介

 

 

 

 

 

涙袋メイク」を普段のメイクに取り入れる方が増えています。

メイクだと、自分の好きな大きさで涙袋を作れますね。これなら涙袋が無い人でも、簡単に涙袋を手に入れることができます。

いつものメイクに少しプラスするだけなので、時短で涙袋を作れるところもいいですね。

お手持ちのコスメでも涙袋は作ることができるので、参考にしてみてください。

 

基本の涙袋メイクのやり方

お手持ちのアイシャドウやアイライナーなどを使って、3ステップでできる涙袋メイクに挑戦してみましょう。

メモ

涙袋メイクをする前に、、、

  • もし目元が疲れていたら、コンシーラーを使ってクマやくすみを消しておきましょう
  • 乾燥小じわやメイク崩れが気になる方は、アイシャドウベースを使って目元を整えておきましょう

 

1,影を作る

涙袋の影を作るために、黒目の下の部分にのみラインを入れます。

薄めのブラウンやベージュのアイシャドウ、アイブロウ、涙袋専用ライナーを使います。

アイシャドウの場合は、細いチップやブラシを使って、ラインが太くなり過ぎないように注意しましょう。

 

2,影のラインをぼかす

そのままだと濃すぎたり、ラインがくっきりしてしまうので、綿棒や指を使ってラインをぼかします。そうすることで、より自然な影に見えます。

目元の皮膚は薄いので、強く擦らないように注意しましょう!

 

3,涙袋にアイシャドウをのせる

自然な涙袋を作るためには、肌なじみの良いベージュ、ゴールド、ピンク系のアイシャドウがおすすめです。

ラメやパールが細かいアイシャドウを使うと、自然な涙袋に仕上がります。

下まぶたの目頭から目尻まで、影のラインを入れた涙袋の幅に合わせて細いチップを使ってアイシャドウを塗ります。

自然な感じになるように、アイシャドウをふんわりのせましょう。

ポイント

自然な涙袋に見せるためには、全てのステップで濃くなりすぎないようにメイクすることが大切!

 

涙袋専用コスメ

涙袋メイクには、涙袋専用コスメを使うのもおすすめです。

涙袋メイクに慣れない方や、よりリアルな涙袋を求める方は、専用コスメの方が使いやすいかもしれません。

涙袋専用コスメには、涙袋の影を書くための専用ライナー、涙袋にのせる専用グリッター、その2つが1本になっているものがあります。

おすすめの涙袋専用コスメをご紹介します。

 

涙袋影用ライナー【KATE アイライナー ダブルラインエキスパート LB-1 極薄ブラウン】

筆先が細く、書きやすいのが特徴です。濃すぎないカラーなので、自然な影が作れます。

引用:amazon

 

涙袋用グリッター 【ラブドロップス 涙袋ウルミライナー】

涙袋に直接書きやすいペンシルアイシャドウで、ひと描きできれいに発色するのが特徴です。

引用:amazon

 

涙袋用ライナー&グリッター2in1 【K-パレット ラスティング3Dシャドウライナー】

1本の両端にライナーとグリッターが付いた便利な商品です。これさえあれば簡単に涙袋メイクができますね。

引用:amazon

 

 

涙袋がある人の特徴は?目が大きく見える涙袋の作り方をご紹介!まとめ

 

 

 

 

 

  • 涙袋がある人の特徴は、「目が大きく見える」「若く可愛らしく見える」「メイク映えする」
  • 涙袋がない人の特徴は、「クールな印象に見える」「クマが目立ちにくい」「老け顔になりにくい」
  • 涙袋は目の周りにある「眼輪筋」でできている
  • 眼輪筋を鍛えるトレーニングで自然な涙袋が作れる
  • メイクでも涙袋は作れる
  • 涙袋専用コスメも活用してみよう

 

涙袋がある人と無いで良い悪いということではなく、人の顔はそれぞれに特徴があり、それが個性になりますよね。

涙袋が最初からある人も無い人も、それぞれ個性を活かすメイクを楽しんでみたり、涙袋のトレーニングをしてみたりして、新しい自分の発見があるかもしれませんよ!

 

 

 

© 2022 これちょっと気になる Powered by AFFINGER5