暮らしの知恵 食事

レモネードは太る?!気になるダイエットとの関係もチェック

レモネードは太るという噂、聞いたことがありますか?

今、ちまたで人気で、コンビニやショップでもいろんなレモネードが売られていてますよね。

実は、私も大好きでよく飲んでいます。一息入れたい時や、食事の時、お風呂の後など、気がつけば1日に5~6杯飲んでる日もあります。

そんな私がレモネードが実は太る?という噂を聞いて、かなりの衝撃を受けました。

太るわけないと思って飲んでいたのに、悲しすぎますよね。このままでは太る可能性が大なのでしょうか?!

実際のところはどうなのか、詳しく見ていきましょう。これを見たらレモネードの見方が変わるかもしれませんよ。

 

レモネードは太る?答えはNO

 

結論から言えば、レモネードで太るとはかぎりません。

レモネードのカロリーの目安は、100gあたり40キロカロリー程です。さすがに1杯で太るようなカロリーではないですね。

それなのに、太るという話があるのはレモネードに含まれる甘味成分のせいかもしれません。

レモネードを作るには、はちみつや砂糖などの甘味料がかかせません。体の中に入れば糖として吸収されます。

糖をたくさん摂取すれば、その分太る可能性が高くなるというわけです。

果汁飲料でも炭酸飲料でも甘い飲み物を飲めば、その分だけ摂取カロリーも増加。そして体重も増加…ということに。

レモネードは酸味があってすっきりしているので、よけいに甘さを感じにくいてです。

ついつい飲みすぎて、結果太るという悲劇が起こりやすいのかもしれません。

これは飲みすぎたら…という話で、大切なのは量です。どんな清涼飲料水でもたくさん飲めば太る可能性大なので、ご注意!

ジュース飲み放題などの乱れがあれば、それは太る方向にまっすぐ進んでしまいます。適度な量を味わって飲みましょう。

 

レモネードは太るんじゃない、やせる効果あり?レモネードダイエット

 

 

 

レモネードで太るどころかダイエットになるという話もあります。ここ数年話題になっていますね。

レモネードで太る心配がないことがわかった今、ダイエットも気になりますね。

実践したいけど、実際どうなのでしょうか?りんごや豆腐やきゅうりなど、単品のダイエットは時々ブームになりますよね。

実際、私も数々の単品ダイエットにチャレンジしてきた経験があります。ただ、正直、味に飽きてしまうんですよね。

毎食同じ食べ物は、手軽な分だけ単調で、「違う味が欲しい!」そんな気持ちがわきおこり、ダイエットは断念…。

そんなことを繰り返してきた私にもできるのでしょうか?

レモネードダイエットの特徴は、はじめに腸をキレイにするという、今までのダイエットとは違うステップがあることです。

レモネードダイエット、別名マスタークレンズダイエットと呼ばれるこのダイエット法を見てみましょう。

まず、ミネラルウォーター1000ml、レモン果汁大さじ2、天然塩小さじ2を混ぜたものをダイエット初日の朝に飲みます。

これが腸洗浄とかソルトウォーターフラッシュ(バッシング)とか呼ばれるステップです。

飲むと1時間後位に水のような便がでて、胃腸にあった毒素が排出されるのです。

この後は、3日間おなかがすいたらレモネードを一日に6~12杯程度飲む、といういたってシンプルなもの。

このレモネードのレシピはこちら。

材料は、

  • ミネラルウォーター300ml
  • レモン果汁大さじ2
  • メイプルシロップ大さじ2
  • できれば唐辛子少々

これを混ぜて完成です。

とてもハードな内容なので、心と体の負担はなかなかのようです。レモネードはたくさん飲んでもOKだし、飲みすぎで太ることもなさそうです。

でも、3日間実行した後、体重とともに体力も落ちていることが予想されます。日常に戻るのは、野菜スープやおかゆなどの回復食を食べて、ゆっくり日数をかけたほうがよさそうですね。

リバウンドで太るなんて絶対に避けたいです。

レモネードダイエットはあくまでも短期的に実行するもので、効果も人それぞれ。

ダイエットの基本はバランスの良い食事と適度な運動であることを忘れないでくださいね。

 

レモネードは疲労回復に効果あり?!

 

 

 

レモネードで太る心配はなくなり、一安心です。そして、調べるうちに追加でよい情報がありました!

レモネードの主な材料となるレモンには、とても体にいい成分がありました。

特に注目すべきは疲労回復に効果的なクエン酸です。ときどき、無性に食べたくなるあのレモンの酸っぱさ。

あの酸っぱさを欲しているのは体が疲れているからかもしれません。

仕事や勉強、家事など、私たちの日常は忙しくて、てんてこまいですよね。そんな時は、レモンに含まれる酸っぱさの源、クエン酸が味方になってくれます。

レモンのクエン酸含有量は果物の中でもトップクラス。みかんの6倍、なんとりんごの300倍もあるんです。

そんなレモンが入ったレモネード、疲れた体にぴったりですよね。「太るのが心配だけどたくさん飲みたい」そんなときは甘さ控えめにして飲みましょう。

 

レモネードは太る?!気になるダイエットとの関係もチェックのまとめ

 

1.レモネードで太るとは限りません。カロリーは100gでおよそ40キロカロリー。

2.レモネードには砂糖もはちみつも入っているので、ほどほどの量を飲みましょう。

3.レモネードダイエットは短期集中で負荷が高いダイエット。自分の体調と相談して無理はしないようにして。

4.レモネードにはレモンのクエン酸の力で疲労回復の力があり。疲れた時は甘さ控えめレモネードで太る心配をなくして飲みましょう。

いかがでしたか?レモネードはおいしく疲労回復できて、優れモノですよね。

夏は冷たくして、冬は温かくして、年間通して楽しめるのもレモネードの魅力の一つ。適度な量をおいしく飲みましょう。

-暮らしの知恵, 食事
-

© 2021 これちょっと気になる Powered by AFFINGER5