暮らしの知恵

ソフトバンクの48回払いにデメリットは?本当にお得なの?

スマホの機種変更をするとき、一括で機種を購入する派と分割で機種代金を払う派に分かれるかと思いますが、あなたはどちら派ですか?

ちなみに私はソフトバンクユーザーで後者です。

ソフトバンクの分割払いは24回、48回と選択できるのですが、私のまわりでは48回払いを選択している人が多いようにも感じます。

 

特別デメリットを感じたこともないので、機種変更の際はいつも48回の分割払いを選択しています。

 

それにソフトバンクでは機種代金の48回の分割払いを選択すると、25か月目以降の買い替えの時に古い機種の残金が全額免除になる「トクするサポート+」というプログラムが適用されます。

 

色々な条件はありますが、48回すべての支払いが終わらなくても2年ごとに最新のスマホに機種変更できるというのなら、とてもお得なサービスな気がしますよね。

 

しかしこの48回払いの時に適用される「トクするサポート+」には、いくつかのデメリットや注意点があるようです。

ではどんな人にメリット、デメリットがあるのかを詳しくみてみましょう。

 

 

ソフトバンクの48回払いで適用される「トクするサポート+」って?

ソフトバンクで機種変更や他社からの乗り換えなどをおこなう際に機種代金の48回払いを選択することで「トクするサポート+」というプログラムに加入することができます。

 

「トクするサポート+」プログラム

48回払いで購入して、25か月目にソフトバンクにて旧機種を回収し、新機種に買い替えることができる。

最大24回分の旧機種の代金の支払いが不要になる。

ちなみにプログラムの利用料金もタダです。

端末の代金の支払いが半額で済むのはうれしいですね。

 

最新機種を使いたい方にはメリットだらけ!?

「トクするサポート+」が適用されるには、ソフトバンクの指定の機種を購入しなくてはなりません

しかし指定の機種といっても古い機種を買わされるわけではなく、最新のスマートフォンや最新のiPhone、iPadなども対象になっているので、最新の機種を手軽に手に入れたい方にはぴったりですね。

 

さらに25か月目よりも早く機種変更がしたい!という方には、1年買い替えオプションというものもあります。

1年買い替えオプション

購入後13か月目以降であれば残りの24回目までの差額を支払い、旧機種をソフトバンクに回収してもらうことで新機種への買い替えを前倒しにできる。

ただし、旧機種と新機種の分割の代金が重なってくるので、毎月の負担額が増える点に注意。

 

短い期間で最新のものに機種変更したいという方にはおすすめのプログラムだと思います。

 

 

損をするかも!?「トクするサポート+」のデメリットと注意点


最大で機種代金の半額が支払い不要になる「トクするサポート+」ですが、いくつか注意点とデメリットがあるので気を付けてください。

 

端末はソフトバンクに必ず返却しなければならない

「トクするサポート+」を利用するにはそれまで使っていた旧機種をソフトバンクに返却することが絶対です。

おそらく機種変更時にソフトバンクから専用の封筒と端末の初期化法など郵送方法を書いた用紙がもらえるので、それに従って返却すれば大丈夫です。

 

ただし、返却には期限があるので注意してください。

この期限が過ぎてしまうと支払いの免除がされなくなってしまいます

 

返却時に査定条件を満たしていないと支払いが発生する

査定の時に端末の電源が入らない、画面や本体にヒビが入っている、ボタンが正常に作動しないなど端末に何らかの異常がある場合には査定基準を満たしていないとみなされ、最大で22,000円の支払いが発生することがあります。

 

心配な方は購入後すぐ本体にカバーを付けたり、画面に保護フィルムを張ることをおすすめします。

保護フィルムは店舗購入だと有料でスタッフの方がやってくれる場合もあります。

 

ただし、購入時に「あんしん保証パック」に加入していれば査定基準を満たしていない場合でも負担額が少し軽くなるようです

購入する機種によって「あんしん保証パック」の利用料金は変わってくるので加入時に確認してくださいね。

 

機種変更のタイミングが遅れると免除額が減ってしまう

25か月目を過ぎると端末代金の免除額がどんどん減っていきます

支払ってしまった分の端末代金は戻ってこないので、もったいないですよね。

 

なのでせっかくこのプログラムを利用しているなら、機種変更のタイミングは一番お得な25か月目にしましょう。

「トクするサポート+」の特典が受けられる時期が近づいてくるとソフトバンクからDMなどのお知らせが来ると思うので、見逃さないように注意してください。

 

次回の機種変更時もソフトバンクで対象機種を購入しなければならない

「トクするサポート+」の特典を受けるには次の機種変更もソフトバンクの対象機種を購入しなければなりません。

そのため、長くソフトバンクを利用する予定の方にはお得ですが、他社への乗り換えを検討している方にはデメリットかもしれません。

 

途中で譲渡、残高の一括返済を申し込むと「トクするサポート+」が終了してしまう

対象の端末を他人に譲渡(家族割引の名義変更を除く)してしまうと「トクするサポート+」プログラムは終了してしまいます。

 

また端末代金の残高を全て支払い終えてしまった場合や、途中で一括返済の申し込みをしてしまった場合にも終了してしまいます。

一括返済は申し込んだ時点でプログラムが終了してしまうので、特に注意してください。

 

 

10月13日から「トクするサポート+」がリニューアル!

「半額サポート」から始まり、どんどんお得に進化しているプログラムがさらにお得な条件にリニューアルされるようです。

 

トクするサポート+リニューアルのご案内

引用:ソフトバンク

 

2021年9月24日以降に加入した方向けみたいですね。

現在、次回機種変更時に指定の端末を購入しなければならない条件がありますが、リニューアル後はその条件が撤廃されるようです!

 

 

ソフトバンクの48回払いにデメリットは?本当にお得なの?のまとめ

・ソフトバンクで48回払いを選択すると「トクするサポート+」に加入することができる。

・「トクするサポート+」に加入するにはソフトバンクの指定機種を購入しなければならない。

・1年買い替えオプションを利用することで13か月目に新機種への買い替えができる。(免除額は変わらないので、毎月の負担額は増える)

・「トクするサポート+」を利用するなら旧機種をソフトバンクに必ず返却しなければならない。

・返却時に査定条件を満たしていないと最大で22,000円を支払う可能性がある。

・26か月目以降に機種変更すると機種代金の免除額が減ってしまうのでもったいない。

・次回機種変更時にもソフトバンクの指定機種を購入しなければならない。

・他人に譲渡したり、機種代金の残金を全て払い終えてしまうと「トクするサポート+」は終了してしまう。

・2021年10月13日から「トクするサポート+」がリニューアルされさらにお得になる。(2021年9月24日以降に加入した方向け)

 

今までソフトバンクのスタッフに進められるがままに48回払いで購入していましたが、1~2年の短い期間で最新の機種に買い替えたい方にはメリットの多いプログラムだと思います。

 

ただ、このプログラムだとスマホ本体を購入した、というよりも返却しなければならないので、レンタルしているような感覚になりますね。

 

長くソフトバンクを利用する予定がない方や他社への乗り換えを検討している方にはデメリットが多いので、あまりおすすめできません。

 

しかし、10月13日からリニューアルされ、ソフトバンクに縛られる要素が減るので、利用しやすくなるかもしれませんね。

 

いかがでしたでしょうか。

この記事を読んでいただきメリット、デメリットを把握して頂いたうえで、今後のスマホの買い替えや乗り換えの参考にしていただけたら幸いです。

-暮らしの知恵
-

© 2021 これちょっと気になる Powered by AFFINGER5